MWC19上海は110を超える国と地域から6万人以上が参加する見込みで、有力企業550社が最新の革新成果を展示


香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、MWC19上海(旧称:モバイル・ワールド・コングレス上海)について、参加企業のほか、この年次モバイル業界イベントで催されるさまざまなプログラムや活動の初回詳細を発表しました。MWC19上海は、2019年6月26~28日に上海新国際博覧中心(SNIEC)で開催します。GSMAは、2019年イベントにモバイルエコシステムと隣接業界の専門家6万人以上が参集すると見込んでいます。

GSMAのマイケル・オハラ最高マーケティング責任者(CMO)は、次のように述べています。「MWC19上海は『インテリジェント・コネクティビティー』というテーマの下で、5Gおよびモノのインターネット(IoT)によって実現される『ハイパー・コネクティビティー』と、人工知能(AI)およびビッグデータによって実現される『インテリジェンス』という素晴らしい組み合わせに光を当てます。MWC19上海はイベントのあらゆる面において、インテリジェント・コネクティビティーがアジア太平洋地域で個人・企業・経済にプラスの影響を与える様子について紹介します。」

有力企業550社以上がMWC19上海に出展

MWC19上海はSNIECの7ホールを使用し、携帯電話やデバイスからネットワークインフラ、ソフトウエア、サービスなどまで、モバイルの未来を形作る有力な製品・サービス・技術を紹介します。展示には再びスーパー・ホールが使用され、エリクソン、ファーウェイ、上海諾基亜貝爾、ZTEなどの業界最大手企業が5G、AI、IoTなどの分野の最先端ソリューションを展示します。MWC上海への出展が確定した企業は、この他にも中国交通通信信息中心、CICT、H3C、亨通光電、イントラコム、レノボ、PwC、クアルコム、サムスン、サンシー、ホエール・クラウド・テクノロジーなどがあります。

GSMAイノベーション・シティーは、今回もMWC19上海の注目イベントとなります。来場者はこのユニークなスペースで、技術を駆使した体験に浸りながら、インテリジェントに接続された製品やサービスが市民の日常生活や企業の日常業務を向上させる様子について具体的に理解していただきます。MWC上海展示会の詳細については、www.mwcshanghai.com/#exhibitをご覧ください。

4YFN:ビジネスチャンスを促進

アジアで4年目を迎えるMWCのイノベーション・プラットフォーム「フォー・イヤーズ・フロム・ナウ(4YFN)」は、革新エコシステムにおける新興企業、投資家、企業のビジネスチャンスを促進させるための包括的な国際プログラムです。2019年の4YFN展示会は規模を倍増して、5G、AI、ブロックチェーン、フィンテック、IoTなどの革新技術を紹介します。

例年通り、4YFNは4YFNステージとフューチャー・テック・ステージにおいて刺激的なプレゼンテーションとディスカッションを行います。新しいデイスカバリー・エリアではビジネスマッチングやメンタリングセッションなどの独自交流イニシアチブに加え、特別宣伝活動を実施します。さらに、2019年アジア・モバイル賞に含まれる「4YFNスタートアップ賞」では、新興企業界の事業開発と新技術への投資の推進に傾注している組織を表彰します。MWC19上海での4YFNの詳細については、www.mwcshanghai.com/experiences/4yfn/をご覧ください。

4YFNは、世界中のMWCイベントの会場で実施するほかにも、4YFNコミュニティー・クラブと4YFNインベスター・クラブという2つの新しいオンラインビジネスプラットフォームを設立しました。起業家精神と革新を促進するという最終目標を掲げ、投資家、プロジェクト、機関、企業を結び付けるためのものです。4YFNコミュニティー・クラブの詳細については、www.4yfn.com/community-club/をご覧ください。4YFNインベスター・クラブの詳細については、www.4yfn.com/investors-club/をご覧ください。

モバイルの最新動向とテーマを探るカンファレンス

3日間にわたるMWC19上海のカンファレンスプログラムでは、3回の基調セッションのほか、一連のサミットを実施します。サミットでは、5G、AI、バンキングと通信の融合、ブロックチェーン、コンテンツとメディア、データの信頼性とセキュリティー、モビリティーの未来、グローバルデバイス、スマートシティー、スマートインダストリーなどの幅広いテーマを取り上げます。今回のリーダーズ・ステージのセッションにおいても、人道的イノベーション、観光と旅行、技術分野の女性、ビジネスリーダーなど、モバイルの未来を形作り、市民の日常生活に影響を与える幅広いトレンドに着眼します。

現在、MWC19上海では演題募集中です。演者候補の方は、2019年1月31日の木曜までに提案書を提出できます。演者提案書の提出に関する詳細を含むカンファレンスプログラムの詳細については、www.mwcshanghai.com/#speakをご覧ください。

Women4Techプログラムが上海で拡大

Women4Techプログラムを再び上海で開催し、モバイル業界の男女格差に取り組み、それを解消するための一連の活動を拡大します。プログラムの中心的要素がWomen4Techサミットとなり、基調講演とパネルディスカッションでは男女平等とキャリア開発、メンタリングと若者教育、通信と各分野における女性、起業家やイノベーターとしての女性などのトピックを検討します。Women4Techプログラムにはサミット以外にも、Women4Techのスピードコーチングとネットワーキングのセッション、「モバイル業界のリーダーシップにおける傑出した業績」を表彰するWomen4Tech AMO賞、4YFNでのWomen4Tech追加活動があります。

MWC上海:アジア最大のカーボンニュートラルな展示会およびカンファレンス

MWC上海2018は、国際PAS 2060規格に基づき、英国規格協会からカーボンニュートラルとして正式に認定され、アジア最大のカーボンニュートラルな展示会・カンファレンスとしての地位を強固なものにしました。GSMAは2018年のイベントにおいて、カーペットのリサイクル、廃棄物管理、紙の消費量削減など、さまざまな排出削減対策を実施し、二酸化炭素換算で97トン以上の温室効果ガスを削減しました。GSMAは残りのカーボンフットプリントを相殺するために、遼陽のN2O分解プロジェクトや甘粛省と広西チワン族自治区の水力発電所プロジェクトを含め、中国における国連認定のプロジェクトを支援しています。

2019年も引き続き、環境への影響を低減することに傾注するとともに、来場者に環境への配慮を喚起します。詳細については、www.mwcshanghai.com/about-the-gsma/environmental-programme/をご覧ください。

MWC19上海の今後の展開に注目

MWC19上海の参加・出展・提携・後援の方法などの詳細については、www.mwcshanghai.comをご覧ください。MWC19上海の進捗状況と最新情報は、GSMAのソーシャルメディアのツイッター(@GSMA、#MWC19)やリンクトインのショーケースページ(www.linkedin.com/showcase/mwcshanghai/)、フェイスブック(www.facebook.com/mwcshanghai)でフォローできます。中国では新浪微博(http://weibo.com/mwcshanghai)でフォローまたは微信(ウィーチャット)で“GSMA_MWCS”を検索してください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、750社を超えるモバイル事業者を結集しています。そのうち350社以上は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAは、バルセロナ、ロサンゼルス、上海で毎年開催する業界有数のMWCイベントのほか、地域カンファレンスのモバイル360シリーズを実施しています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contacts:
For the GSMA
April Tsui
+852 2533 9956
atsui@webershandwick.com

情報提供元:
記事名:「GSMA、MWC19上海の初回詳細を発表