パリ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- CNIMグループの電動式浮動橋(PFM)は河川や同種の横断地点で専用に使用されるソリューションであり、フランス、イタリア、スイス、マレーシアという数カ国の軍隊で使用されています。当社のPFMはブリッジおよびフェリーという2つの設定が可能であり、戦術上の確かな利点があります。すなわち、短時間に最小の人員で用意に展開でき、補助ボートが不要で、地上での信頼性が認められています。当社のPFMの配備/運用性能は今日において匹敵するものがありません。



このスマートニュースリリースにはマルチメディアが含まれています。リリース全文は下記でご覧ください。

CNIMグループは最近、フランス防衛調達庁からPFM向け装備の開発・建造を受注しました。この目的は、2019年以降の同軍の現在および今後のニーズにうまく応え、下記3つの主要な特徴を備えたブリッジを開発することです。

  • 特にネプチューン計画*の枠組みでフランス本土で作戦レベルの機能を維持する
  • 国外作戦における軍隊のサポートニーズに応える。空輸可能となったPFMは海外の戦場に迅速配備できるようになる。本モジュールに搭載された新ショートランプにより、2個のモジュールからフェリーの建造が可能となり、40トン(標準的なMLC40車両)以上の運搬能力を実現。最終的に原動機搭乗要員は装甲防護を受ける。
  • PFMに新たなロジスティクス運搬機能を持たせる。PFMトレーラーから操作する落下トレイシステムにより、使いやすさと展開しやすさを促進。

2個のモジュールから成る出入り口は独自の制御システムを備え、無線制御装置を装備した1人の操作員によって制御可能です。配備・運用に必要な要員の削減に加え、こうした革新によってPFMは特に夜間において迅速な架橋・横断というさらなる利点が得られます。

CNIMはこの新バージョンのPFMをもって、世界における架橋・横断のニーズ、すなわち信頼性、頑強性、配備・運用のしやすさに最もかなった装備を提供します。この初の改良装備は同軍に2019年中盤に納入することになります。

 
* ネプチューン計画はセーヌ川の今後100年間における洪水を予期しての計画活動の一環です。その目的は、洪水が起こることを見越し、1万人の統合部隊を確立して、洪水が起きてから最初の影響に対処できるようにすることです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Gootenberg PR
Laurence Colin, +33 (0)1 43 59 00 46
laurence.colin@gootenberg.fr

情報提供元:
記事名:「フランス軍向け電動式浮動橋の最新化バージョン