台湾・新竹--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 先進の ASIC設計サービスとIPプロバイダーであるファラデー・テクノロジー社(TWSE: 3035)は本日、日本・米国・台湾の大手プロジェクターメーカー向けに、ハイエンド4K/8Kプロジェクター、ヘッドアップディスプレー(HUD)、AR、3D検知ピコプロジェクターのアプリケーションに対応するプロジェクター用ASICで好業績を上げていると発表しました。ファラデー社はその設計手法とIPカスタマイズ能力を活用することで、DLP、LBS、LCD、LCoSをベースとするあるゆる種類のプロジェクター表示機器向けの充実したASICソリューションの提供で業界をリードしています。


ファラデー社のソリューションはMIPI、V-by-One、LVDS、LPDDR 2/3、DDR 3/4など自社開発の高速インターフェースIPを豊富に取りそろえており、これらIPは高解像度および高帯域幅のプロジェクター用SoC(システムオンチップ)の具体的ニーズに基づいてカスタマイズすることも可能です。さらに、ファラデー社のプロジェクター用ASICはDRAMレスのシステムデザインを活用して、DRAM不足で引き起こされる将来の生産上の問題を防ぐことができます。その洗練されたSRAMマクロによってSRAMサイズを最大30%縮小してコストを削減できるとともに、SRAM冗長性&リペア設計を適用することでチップ歩留まりを最大10%改善することが可能です。

ファラデー社の最高執行責任者(COO)フラッシュ・リンは、次のように述べています。「ファラデー社は最先端のディスプレーコントローラーASIC導入のパイオニアであり、高速伝送インターフェースをカスタマイズして顧客ニーズに基づいて数百ものレーンを搭載することができます。数百万台ものプロジェクター用SoCの出荷を達成し、革新の続く成長するイメージング分野においてお客さまと連携して仕事ができる自信を持っています。」

ファラデー社の御紹介

ファラデーテクノロジー(TWSE: 3035)は先進のファブレスASICおよびシリコンIPのプロバイダーです。なお、ファラデー社は、ISO 9001及びISO 26262の認証を取得済です。当社の幅広いIPポートフォリオにはI/O、セル・ライブラリ、メモリ・コンパイラ、ARM互換CPU、DDR2/3/4、LPDDR1/2/3(ローパワー)、MIPI、V-by-One、USB 2.0/3.1 Gen 1、10/100/1000イーサネット、シリアルATA、PCI Express及びプログラマブルSerDesなどが含まれます。台湾に本社を置くファラデー社は、米国、日本、ヨーロッパと中国を含む世界にサービスおよび技術サポートの事務所を持っています。詳細は下記にアクセスしてご覧ください。www.faraday-tech.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press:
Faraday Tech
Evan Ke, +886 3 578 7888 ext. 88689
evan@faraday-tech.com

情報提供元:
記事名:「ファラデー社が主要なプロジェクター技術でASIC業界をリード