最終候補チームが炭素のイメージを塗り替え、実際条件でCO2変換技術を実証

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 人類の重要課題の解決に向けた賞金付きコンテストの考案・管理の世界的リーダーであるXプライズは本日、賞金2000万ドルのNRG COSIAカーボンXプライズの決勝戦に進む10チームを発表しました。この4年半に及ぶ世界的コンテストは、世界が二酸化炭素(CO2)排出に対応するための方法を変革するために、工場から排出される二酸化炭素を価値ある製品に変換する画期的な循環型炭素技術を複数チームに競い合ってもらいます。

ニューヨークで開催されたブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスの未来エネルギーサミットで本日、最終候補10チームを発表しました。これらのチームは、マイルストーン賞の500万ドルを均等に分割して授与されます。

最終候補は、炭素捕捉に取り組む起業家や新興企業から、この課題に10年以上にわたり取り組んでいる学術機関や企業まで、5カ国のチームが選ばれました。これらの最終候補はすでに、強化コンクリート、液体燃料、プラスチック、カーボンファイバーなど、CO2をさまざまな製品に変換できることを実証済みです。CO2ベースの製品候補の分野は、多様なエネルギー分野、産業プロセス、消費者向け製品に及びます。最終候補チームはそれぞれ、製品に変換されるCO2の量に加え、経済価値、市場規模、製品によるCO2吸収の潜在力に基づいた第1ラウンドの評価を通過しました。

Xプライズのエネルギー・資源担当シニアディレクターでプライズリードのマーシアス・エクスタボー博士は、次のように述べています。「これらのチームは炭素変換の驚くべき例を提示しており、炭素についてのイメージを文字通り塗り替えています。提示された多様な技術は、新しい炭素経済の素晴らしいビジョンを示してくれます。私たちは、CO2を経済的に持続可能な方法で役立つ材料に変換することで、CO2排出量の削減に努力しています。」

NRG COSIAカーボンXプライズの最終候補は、エネルギー、持続可能性、CO2に精通した8人の国際的専門家から成る独立審査員団によって、準決勝に勝ち残った27チームから選ばれました。本コンテストは並行して行われる2つのトラックがあり、それぞれ5チームが競います。

ワイオミング・トラックに参加する5チームは、ワイオミング州ジレットにある石炭火力発電所で排出されたCO2の変換を実証していきます。

  • Breathe(インド・バンガロール):セバスチャン・ピーター博士が率いるチームは、斬新な触媒を用いて、一般的な燃料・石油化学原料のメタノールを生産します。
  • C4X(中国・蘇州):Wayne Song博士とYuehui Li博士が率いるチームは、化学製品とバイオ複合材発砲プラスチックを生産します。
  • カーボン・キャプチャー・マシン(スコットランド・アバディーン):Mohammed Imbabi博士が率いるチームは、固形炭酸塩を生産し、建築資材として応用します。
  • カーボンキュア(カナダ・ダートマス):ジェニファー・ワグナー氏が率いるチームは、より強固で環境に配慮したコンクリートを生産します。
  • カーボン・アップサイクリングUCLA(米国カリフォルニア州ロサンゼルス):グラフ・サント博士が率いるチームは、生産工程でCO2を吸収してコンクリートの代替となる建築資材を生産します。

アルバータ・トラックに参加する5チームは、カナダのアルバータ州にある天然ガス火力発電所で排出されたCO2の変換を実証していきます。

  • C2CNT(米国バージニア州アッシュバーン):スチュアート・リヒト博士が率いるチームは、カーボンナノチューブを生産します。
  • カービクリート(カナダ・モントリオール):メフルダード・マフーティアン博士が率いるチームは、鉄鋼生産の廃棄物を使い、従来のセメントに代わるカーボンネガティブのセメントフリーコンクリートを生産します。
  • カーボン・アップサイクリング・テクノロジーズ(カナダ・カルガリー):Apoorv Sinha氏が率いるチームは、強化黒鉛ナノ粒子とグラフェン誘導体を生産し、ポリマー、コンクリート、エポキシ、電池、医薬品に応用します。
  • CERT(カナダ・トロント):トロント大学サージェント・グループのAlex Ip博士が率いるチームは、工業用化学製品の構成要素を生産します。
  • ニューライト(米国カリフォルニア州ハンティントンビーチ):マーク・ヘレマ氏が率いるチームは、生物系を利用してバイオプラスチックを生産します。

準決勝チームが決勝に進むには、各自が選択した施設で、それぞれの技術をパイロット規模で実証する必要がありました。準決勝チームは10カ月の間に、最小限の技術的要件を満たすことが求められ、最初に独立検証パートナーのサザン・リサーチによる監査を受けました。その後、審査員団が製品に変換されたCO2の量、経済価値、市場規模、製品によるCO2吸収の潜在力、生産工程における全体的なCO2排出量、さらにエネルギー効率、材料使用量、土地使用面積、水使用量を基に審査しました。

チームは決勝戦で、2つある専用の工業試験施設の1つにおいて、準決勝で求められていた条件の少なくとも10倍の規模で実証しなければなりません。ワイオミング・トラックで競うチームは、ワイオミング統合試験センター(ITC)で各自の技術の試験を行います。同センターは、米国ワイオミング州ジレットにある最先端の炭素研究施設で、ドライフォーク石炭火力発電所と同じ敷地にあります。アルバータ・トラックで競うチームは、炭素変換研究の新拠点であるアルバータ炭素変換技術センターで、各自の技術の試験を行います。このセンターは、カナダのアルバータ州カルガリーにある天然ガス火力発電所のシェパード・エナジー・センターと同じ敷地にあります。

エクスタボー博士は次のように語っています。「これらのチームは工業試験センターで規模を拡大して、実際条件での実証に取り組みますが、私たちはこれらのチームを支援できることを非常にうれしく思います。この賞金付きコンテストは、皆さんが最も意欲を示す最終段階を迎えました。」

NRG COSIAカーボンXプライズは、Xプライズの拡大するエネルギー・資源賞ポートフォリオに属し、革新的なエネルギー技術を促進してクリーンなエネルギーを豊富に利用できる未来に向けて世界を動かすのに貢献するというその長期的ビジョンを反映しています。

コンテストの構成、重要な日程、最終候補チームの最新情報については、carbon.xprize.orgをご覧ください。

Xプライズについて

Xプライズは、第501(c)3条非営利団体であり、世界の最重要課題の解決に向けた革新的コンテストモデルの考案・実施における世界的リーダーです。Xプライズはゲームやクラウドソーシング、報奨的賞理論、指数関数的に発展する技術を独自に組み合わせて定式化し、私たちの世界が直面する大問題の分野に(10%ではなく)10倍のインパクトを与えようとしています。Xプライズの理念では、適切な状況下で行う限り、大問題に対する指数関数的なインパクトとソリューションの推進には、多種多様な観点からの迅速な試行を促すことが、最も効率的で効果的な方法です。現在実施中のコンテストには、ルーナーXプライズ、賞金2000万ドルのNRG COSIAカーボンXプライズ、賞金1500万ドルのグローバル・ラーニングXプライズ、賞金1000万ドルのANAアバターXプライズ、賞金700万ドルのシェル・オーシャン・ディスカバリーXプライズ、賞金700万ドルのバーバラ・ブッシュ財団アダルト・リテラシーXプライズ、賞金500万ドルのIBMワトソンAI Xプライズ、賞金175万ドルのウオーター・アバンダンスXプライズ、賞金100万ドルのアヌ&ナヴィーン・ジャイン・ウィメンズ・セーフティーXプライズがあります。詳細情報については、www.xprize.orgをご覧ください。

NRGについて

NRGは、多様な競争力のある電力ポートフォリオの強みと、優れた小売り電力プラットフォームを基盤とする米国有数の総合電力会社です。フォーチュン500社に入るNRGは、クラス最高の事業運営、信頼性が高く効率的な発電、住宅および営利企業にサービスを提供する小売りプラットフォームを通じて、価値を生み出しています。電力関係の小規模・大規模の顧客と協力して、当社の小売り電力供給会社が全国300万近くの世帯・事業者の顧客にサービスを提供している中、エネルギーの生産と管理、よりスマートなエネルギーの選択肢の開発、卓越したサービスの提供のための持続可能なソリューションを導入しています。詳細情報はwww.nrg.comで入手いただけます。NRGエナジーとフェイスブックでつながり、ツイッター(@nrgenergy)でフォローしてください。

COSIAについて

カナダ・オイルサンド技術革新同盟(COSIA)は、オイルサンド生産企業のための特別な同盟で、カナダのオイルサンドの環境実績を向上させることに傾注しています。COSIAは業界、政府、学界、そして広く一般市民のビッグシンカーによる協業と革新を実現し、COSIAが優先している温室効果ガス、土地、水、尾鉱の環境分野において、オイルサンド関係の評価、説明責任、実績を改善しています。COSIAの加盟企業は、私たちが直面する最も困難な課題に対する解決策を世界中で探し求めています。そして世界で最も優秀な人材を一定程度確保して、責任を果たし得て持続可能な開発を実現するための技術に取り組んでいます。COSIAはこれまで981件の個別の環境技術と革新成果を共有しており、これらの開発には14億ドル以上を費やしています。www.cosia.caをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

XPRIZE
Jackie Wei, 310-741-4918
jackie.wei@xprize.org

情報提供元:
記事名:「賞金2000万ドルのNRG COSIAカーボンXプライズの決勝に5カ国の10チームが進出