米コネティカット州スタンフォード--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 和解額は30億ドル:2018年1月に、ペトロブラスは、Lava Jato(洗車作戦)贈収賄スキャンダルによって投資家が被った損失に関連して、米国でペトロブラスの普通または優先米国預託証券(ADS)および特定の債券を購入した投資家との30億ドルの和解に同意したと発表しました。裁判所は、この和解案に仮承認を与えています。この米国での事件で請求を提出する締め切り日は、2018年6月9日となっています。

オランダでの国際訴訟および和解イニシアチブ:これとは別に、スティフティング・ペトロブラス賠償財団によるペトロブラスに対する訴訟に向けての活動がオランダで継続しています。これは、BM&Fボベスパに上場されているペトロブラス普通株式(PETR3)およびペトロブラス優先株式(PETR4)、ならびに米国外で販売されたペトロブラス債券で数十億ドルの損失を被った投資家のための活動です。この訴訟の次回の審理は、ロッテルダム地方裁判所で2018年6月28日に予定されています。

投資家による請求書の提出および参加:ペトロブラスに対する世界的な訴訟とそれに関係する和解および損失回復機会についての投資家にとっての状況は、通常よりも複雑になっています。これには、ペトロブラスの株式が米国とブラジルの取引所に上場されていることや世界各地にリンク市場が存在していることによってペトロブラスの資本構造が複雑なものになっていること、損失回復の対象となる証券が多数存在すること、米国内外で発行・売却されたペトロブラスの債券が複数の通貨で表示されていることが関係しています。米国での和解案には、いくつかの資格条件があり、株式関係の損失を計算する方法が20種類以上存在します。和解案や未確定の和解案件のそれぞれにおいて適切な証券を特定して権利を主張することは、投資家が権利を持つ資金を確実に受け取る上で必須のこととなります。

Batteaは、証券、為替、デリバティブ、独占禁止法違反訴訟および和解に関係する集団訴訟および集団和解のあらゆる段階における世界有数のエキスパートであり、世界最大の銀行、ヘッジファンド、バイサイド投資家を含む世界700社以上の機関投資家のために活動しています。Batteaは、世界各地の顧客のために訴訟リサーチを提供し、ペトロブラスの大量の取引データの分析を行いました。そして、米国内外のペトロブラス証券を取引したことのある機関投資家を支援できる独自の立場にあります。ペトロブラス問題に関する当社の専門的能力を示すものとして、当社はオランダで国際的訴訟活動を実施している国際的連合組織から投資家取引の適格性の処理と分析を行う業務を任されました。

米国での和解における賠償請求資格者:

米国での和解では、ペトロブラス(または、その完全所有金融子会社であるペトロブラス・インターナショナル・ファイナンス・カンパニーS.A.および/またはペトロブラス・グローバル・ファイナンスB.V.)の株式または債券をNYSEで購入またはその他の形で取得したかDTCの応募システムを通じて清算または決済したか、2010年1月22日と2015年7月28日間における特定のその他の対象取引に従った個人または組織が対象となっています。さらに、2013年5月13日の公募の場合は2014年8月11日より前、2014年3月10日の公募の場合は2015年5月15日より前にペトロブラスもしくはその金融子会社が発行した債務証券を米国で登録された2013年5月13日の公募、および/または米国で登録された2014年3月10日の公募で直接、および/またはそれに従って、および/またはそれに遡ることができる形で購入またはその他の形で取得した場合も対象となります。

オランダでの国際回復行動への参加資格者:

オランダで進行中の国際回復行動の対象者は、2015年7月28日より前に米国での和解の対象とならないペトロブラス証券を購入または取得した人すべてです。これには、ボベスパまたは米国外のリンク市場システムで取引されたペトロブラスの普通株式と優先株式の両方が含まれ、米国外で売り出されたすべての債券も対象となっています。ペトロブラスを国際資本市場に宣伝したペトロブラス・グローバル・ファイナンスB.V.は、本社がブラジルではなくオランダのロッテルダムにあり、ロッテルダムは、Lava Jato贈収賄スキャンダルに関係したペトロブラスのその他の子会社の所在地でもあります。さらに、EU内では、ペトロブラスは、ボベスパで上場されている株式をマドリード証券取引所との取り決めによるリンク市場システムを通じて投資可能にしたことで、スペインの金融市場規制当局であるCNMVの規制対象にもなっています。

Batteaは、米国の訴訟でもオランダでの国際訴訟でも投資家による資格の判断と確保を支援することができます。詳細情報については、info@battea.comまたは電話(+1 (203) 987-4949)ですぐにBatteaにご連絡ください。

Battea - Class Action Services, LLCについて:Battea – Class Action Servicesは、テクノロジー・プラットフォームとThe Claims Engine®にホスティングされた包括的な安全なデータセンターを介して集団訴訟和解金回収を自動化しています。20年近くにわたり、ヘッジファンド、資産運用会社、政府系ファンド、年金基金、信託基金、ファミリー・オフィスなど、700以上の機関投資家のために活動してきました。Batteaは世界的リーダー企業として信頼を受け、独占禁止法違反や証券訴訟との関連で和解金請求の主張と処理のあらゆる段階でエキスパートとして相談を受けています。Batteaは、コネティカット州スタンフォードとカリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、ロンドン、マドリード、スカンジナビア、ルクセンブルクなど、世界数カ所にサポート代理店を置いています。

Battea Global Litigation Research, Inc.について:Battea Global Litigation Research, Inc.は、Battea Class Action Services, LLCの子会社で、世界各地の和解および訴訟の追跡を担当し、クライアント、株主団体、財団のために詳細な分析、エキスパート・イベント、損害調査を実施しています。法律および金融市場のエキスパートの国際的チームによって構成されるBattea Global Litigation Researchは、コネティカット州スタンフォードとデンマークのコペンハーゲンにオフィスを置いています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For Media and Investor Inquires:
Battea – Class Action Services, LLC
Kevin Doyle, +44 207 099 8798
doyle@battea.com

情報提供元:
記事名:「Battea Class Action Services, LLCがペトロブラス投資家に今行動を起こす必要性を呼びかけ