北海道士別市・イトイグループホールディングス新社屋


北海道産木材のCLTを活用し開放感あふれる社内


表彰式 浦本北海道副知事(前列右から2番目)と弊社菅原代表取締役(前列中央)


ヨガ教室など地元の方々の憩いの場としても活用

株式会社イトイグループホールディングス(本社:北海道士別市朝日町、代表取締役:菅原 大介、以下「イトイGHD」)は2020年に竣工の新社屋が、北海道赤レンガ建築奨励賞事務局(所在地:札幌市)主催の「令和2年度(第33回)北海道赤レンガ建築賞」において、奨励賞を受賞致しましたことをご報告させて頂きます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/247293/LL_img_247293_1.jpg
北海道士別市・イトイグループホールディングス新社屋

北海道赤レンガ建築奨励賞は、地域社会の発展に貢献する創造性豊かな建築物等を表彰することを目的としています。過去には「札幌ドーム」や「箱館奉行所」「モエレ沼公園ガラスのピラミッド」など北海道を代表する建築物が受賞しています。

イトイGHD CLT(※)新社屋の受賞につきましては、「地域への貢献をコンセプトとした建築計画や、道産木材のCLTの活用による技術的な貢献など」を評価いただきました。

※CLTとはCross Laminated Timberの略。木材の中でも端材とされていたものを重ねることで、コンクリートに匹敵する強度を得た構造材。高い耐震性、遮音性、また優れた断熱性が特徴で、高い省エネルギー効果が期待されている。


■イトイGHD 菅原 大介 代表取締役
「弊社新本社建設にあたり“地方創生企業”としての事業方針を体現する施設にしたいと考え、地元の北海道産木材を活用したCLT構造の社屋を全て自社施工で建設しました。小さな町にある小さな会社の社員一丸となり地域に根を下ろして取り組んだ“挑戦”が、北海道赤レンガ建築奨励賞という栄誉に輝いた事に感激すると共に、弊社社員並びに関係各位の皆様、地元の皆様に心より感謝申し上げます。この度は誠にありがとうございました。」


■株式会社イトイグループホールディングス CLT新社屋
所在地 :士別市朝日町中央4527番地89
用途 :事務所
構造 :木造(CLT造)2階建
竣工年月日:令和2年(2020年)2月25日
建築主 :イトイGHD
施工者 :株式会社イトイ産業(本社:士別市/代表取締役 菅原 大介)
設計者 :株式会社遠藤建築アトリエ(本社:札幌市/代表取締役 遠藤 謙一良)


■イトイGHDホームページ
https://www.itoi-good.co.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「北海道士別市イトイGHDの新社屋が北海道赤レンガ建築賞奨励賞 地域への貢献をコンセプトとした建築計画や道産木材のCLTの活用による技術的な貢献などが評価