内田雅也




 株式会社スポーツニッポン新聞社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:河野俊史、以下スポニチ)は、2月8日(月)正午より、無料会員サイト「スポニチスクエア」で有料記事「内田雅也が行く 猛虎の地」、無料会員限定記事「オリムピック 金色の記憶」を新たに公開いたします。
 また現在公開中の各界のレジェンドの半生を一気読みできる半生記「我が道」は元横浜DeNAベイスターズ監督で読売巨人軍OB会長の中畑清氏を追加公開中。
 この機会にスポニチスクエアにご登録いただき、スポニチスクエアでしか読めない限定記事を是非ご覧下さい!!


有料記事は登録月は無料でお読みいただけます!


内田雅也が行く 猛虎の地


画像 : https://newscast.jp/attachments/o211wRwLvIwl7SC9Lyo0.jpg


【内容紹介】
 その地に行けば、ある日の光景が目に浮かび、声が聞こえてくる。そんな場所があります。1935(昭和10)年12月に創設された阪神タイガースは歴史も伝統もある球団です。そんな、ゆかりの場所を『猛虎の地』と呼ぶことにしました。
 文献を読み込み、証言に耳を傾けました。歴史の森に分け入る思いで、スポニチ大阪本社発行紙面で連載を始めたのが2010年オフ。『内田雅也が行く 猛虎の地』と題されました。その後18、19、20年と4シーズンに渡り、訪ねた「地」は100カ所に上りました。意外な新発見もありました。
 この度、スポニチスクエアで総集され、再掲されるのを見返しますと、歴代の猛虎たちの姿が目に浮かび、声が聞こえてくるようです。お楽しみ下さい。


「内田雅也が行く 猛虎の地」は月額330円で読み放題!


◆内田 雅也(うちた・まさや)
 1963(昭和38)年2月、和歌山市生まれ。桐蔭高―慶大文学部卒。85年入社。アマ野球、近鉄担当の後、88年阪神担当。97年デスク。2001年ニューヨーク支局(大リーグ担当)。03年編集委員(現職)。07年から主に阪神を追うコラム『内田雅也の追球』を執筆。


画像 : https://newscast.jp/attachments/x8kOukJWx8zYULQCQI8k.jpg
内田雅也


内田雅也が行く 猛虎の地 : https://square.sponichi.co.jp/column/mouko


オリムピック 金色の記憶


画像 : https://newscast.jp/attachments/sEgAn7cuJVFbXECP8ID6.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/OtZqFgdI1rNRWLHWOGT5.jpg


【内容紹介】
 東京五輪開催まであと165日。1912年のストックホルム大会出場以来、日本選手たちは夏季大会で142個の金メダルを獲得。国民に感動を届けてきました。
 「オリムピック 金色の記憶」では地元開催の1964年東京五輪からスポーツニッポンが伝えてきた五輪各大会の選手の活躍、事件などを「総集編」としてお届け。「深読みシリーズ」では当事者らの証言を元に、五輪ドラマの深層に迫ります。


「オリムピック 金色の記憶」はスポニチスクエアに無料会員登録するだけで読み放題!


オリムピック 金色の記憶 : https://square.sponichi.co.jp/column/olympic


半生記「我が道」


画像 : https://newscast.jp/attachments/LNIfo6QJoBOia5MMfjKi.png


画像 : https://newscast.jp/attachments/xP7RAaUVD55NGut0Gr40.png


画像 : https://newscast.jp/attachments/M50WHPPqrrwiKYr7bU5t.png


画像 : https://newscast.jp/attachments/TJKNmAtWDlMTOoH1j8Fp.png


 スポーツニッポン新聞紙上で連載、好評を博してきたスポーツ界、芸能界ビッグネームの半生記「我が道」。懐かしい記事や写真も満載、現役当時は語られることのなかった逸話も…。
 スポニチスクエアでは現在、張本勲さん・小林稔侍さん・具志堅用高さんに加え、2/1から中畑清さんを公開しました!
【内容紹介】
 中畑清氏はキャッチフレーズは「絶好調!」。現役時代は巨人、近年は横浜DeNAベイスターズの監督としてプロ野球を盛り上げてきました。
 福島の9人兄弟の一家で、貧しくても愛情たっぷりに育った少年時代。安積商でのプレーがスカウトの目に留まり、駒大進学からプロへの道が開けていきました。
苦しいレギュラー争い、巨人ならではの重圧、指揮官としての未知なる挑戦…。逆風にさらされたときも持ち前の明るさとエネルギーで突き進む姿は、昔も今も見る人のハートを熱くさせます。
そんな中畑氏ならではの“絶好調”な物語をどうぞお楽しみください。


【中畑清氏コメント】


 2019年7月にスポニチ紙面で連載した「我が道 中畑清」が、デジタルでも読めるようになりました。牛の乳しぼりをしていた福島での子ども時代から始まる連載は、恩師・太田誠監督と出会った駒大時代、3年間の2軍暮らしからはい上がって「絶好調男」になった巨人時代、長嶋茂雄監督の代わりに指揮を執ったアテネ五輪、DeNA初代監督…と続きます。東日本大震災から10年のタイミングでの再登場。波乱万丈の我が道をお楽しみください。


◆中畑 清(なかはた・きよし)
 1954年(昭29)1月6日生まれ、福島県出身の65歳。駒大から75年ドラフト3位で巨人入団。「絶好調男」として人気者に。2004年アテネ五輪日本代表ヘッド兼打撃コーチとして指揮を執り、銅メダルに導く。12年DeNA初代監督。現在は本紙評論家。


「半生記 我が道」は月額110円で読み放題!


半生記「我が道」 : https://square.sponichi.co.jp/column/wagamichi


芸能界ウラ話


画像 : https://newscast.jp/attachments/OHfV3aMpyBnS8ETXq9we.png


 スポニチ記者が芸能界を取材する中で知った芸能界ウラ話を大公開!
今話題の芸能人の騒動について、事務所の裏側などはスポニチスクエアでしか読めない独自コラムです!


「芸能界ウラ話」は月額220円で読み放題!


芸能界ウラ話 : https://square.sponichi.co.jp/column/urabanashi


有料記事は登録月は無料で購読いただけます!


スポニチスクエアのご紹介


 「スポニチスクエア」は、会員の方々が、スポニチ記者も交えて“スポーツやエンタメについて語り合う広場”という意味を持つサイトです。このサイト名称の通り、ニュースサイト「スポニチアネックス」( https://www.sponichi.co.jp/ )での情報発信に加え、「スポニチスクエア」では会員が楽しめるようなサイト機能・コンテンツを複数、用意しています。サイトの会員登録は、メールアドレスを入力いただくだけで無料で登録可能です。
 無料会員になると、毎日午前と午後にログインするだけで100ポイントずつ、記事にコメントをすると1回50ポイント、ゲームやクイズに挑戦することでさらに結果に応じたポイントを獲得でき、貯めたポイントを使ってプレゼントに応募できます。
 現在サイトオープン1年を記念して感謝キャンペーンを開催中です!Amazonギフト券1万円分、アサヒスーパードライ缶350ml24本がそれぞれ10名様に当たります。ぜひご応募ください。
さらに、業界初の自分の知りたいハッシュタグが選べ、カスタマイズ機能多数であなた専用サイトに生まれ変わりました。買い物がお得にできるクーポンや、大人気のナンプレやクロスワードなども!
この機会に是非スポニチスクエアにご登録下さい!


無料会員登録はこちら : https://square.sponichi.co.jp/about


画像 : https://newscast.jp/attachments/154nP5YJ8V9A4GC7uaKK.jpg


スポニチスクエア : https://square.sponichi.co.jp/


情報提供元:@Press
記事名:「【虎党必見】「内田雅也が行く 猛虎の地」が読める!五輪大型企画も!新コンテンツ公開中