画像 : https://newscast.jp/attachments/jjB8UAZvUe4FNVd9X1uX.png


~コロナ禍のお部屋案内の新スタイル~ 


✔家に帰ってからも ✔何度でも内覧が出来る 


VR技術を使った最強セールステク誕生!


 AR(拡張現実)、VR(バーチャルリアリティ)などのIT技術による成約率アップを目指し、不動産コンサルティングを展開するAR株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役:西村剛)は、家を買う、借りる立場により寄り添った物件案内が可能になる「案内革命~ミカエル~」を2020年11月よりスタートさせました。
 2021年1月現在150社230営業所が導入、平均20%の売上増(AR㈱実績)に貢献、不動産業界における新たな“売り方指南”=サービスの発明となっています。ちょっとした手間を惜しまないことがカギという、当たり前のことをするだけで成約率が上がるキッカケとなっています。


案内革命「ミカエル」とは・・・


気に入った物件のVR資料を何度でも見返す・・・みかえす・・・みかえ・・・ミカエル!
 不動産会社の情報サイトを判断する際の大きなポイントは、売買・賃貸ともに約7割の方が写真点数の豊富さを重視するという調査結果(**)があります。高い買い物をする上で情報量は非常に大切です。最近は写真に加えVRによる物件案内も主流となって来ていますが、それは不動産会社が「これだけ撮っていればいいだろう」という売る側の都合視点なのが現状です。
(**)不動産情報サイト事業者連絡協議会調べ
 案内革命「ミカエル」は、お客さまとご一緒する内覧時に細かなご要望や気になる点を聞き取りながら物件撮影を実施、つい見忘れてしまうコンセントの位置や天井の高さ、収納の広さなど、決定に必要な検討材料を網羅した、物件を360度まるごと確認出来るVR撮影データを個別に提供、入居後の家具・インテリア選びにも役に立つと好評です。
お客さまはご帰宅後に好きなタイミングに、気になった物件を何度でも納得いくまで見返す(ミカエル)ことができ、安心してお住まい選びをしていただけるサービスなのです。


従来の案内【お客さま撮影】


画像 : https://newscast.jp/attachments/O7CMBLAb7r3IB5NuMAft.png


・見学に集中しづらい
・撮影漏れが発生してしまう


画像 : https://newscast.jp/attachments/MOvvQOqr8UNaQlhnRAzc.png


写真では細部が確認しずらく、見学した物件のイメージを思い出しずらい


「ミカエル」案内【不動産会社撮影】


画像 : https://newscast.jp/attachments/pGIl8fN52neFfuZHLapn.png


・見学に集中でき、撮影漏れが無くなる
・VRなので、部屋の広さや設備の位置などが分かりやすい


画像 : https://newscast.jp/attachments/FmYguzQjdhnydMoxmrPq.png


・詳細がわかり家具の配置もイメージしやすい
・まるで現地に居るかのように検討できる


VRデータを提供する「ミカエル」導入メリット  https://vrroom.jp/mikaeru/


これまでの課題


1)物件撮影はお客様任せ
ーーーーーーーーーーー


2)内覧後のお客さまの記憶が曖昧なことが発生、再内覧は双方時間を取られる
ーーーーーーーーーーー


3)お客様とのコミュニケーションの難しさ
ーーーーーーーーーーー


4)お客さまに連絡をしないと反応がわからない
ーーーーーーーーーーー


5)写真や映像の質の確保
ーーーーーーーーーーー


お客様メリット


1)内覧に完全集中できる
➡スタッフを気にすることなく見て回ることができる
ーーーーーーーーーーー


2)再訪することなく、気になる物件を徹底的に検討できる
➡気になったお部屋を情報不足で諦めずに済む
ーーーーーーーーーーー


3)情報が揃っているので積極的なやり取りが出来る
➡不動産会社からの連絡
  が煩わしくならない
ーーーーーーーーーーー


4)手元に情報があるので便利
➡疑問点の早い洗い出しが可能、返事も早くできる
ーーーーーーーーーーー


5)現地にいるのと遜色の無いリアルな物件状態を見返せる
➡内覧時の記憶と現実の相違が無くなる
ーーーーーーーーーーー


導入企業メリット


1)お客様が持つ情報を把握
➡こんなサービスまでしてくれている!という信頼感が生まれる
➡内覧後の話が早く、可否までの時間が短縮される
ーーーーーーーーーーー


2)確実な情報提供によりお客様の検討物件対象となる
➡内覧後の営業が潤滑になり、成約率アップ
ーーーーーーーーーーー


3)同じ情報を共有しているので対話がスムーズ
➡情報不足によるお客様とのすれ違い解消
ーーーーーーーーーーー


4)URL提供なのでアクセス状況がわかる
➡興味の度合いがわかる
➡VRが勝手に営業
ーーーーーーーーーーー


5)撮影環境に左右されることなく美しく撮影ができ、且つ簡単に編集できる
➡質の高さでイメージアップ
ーーーーーーーーーーー


導入企業例と成果


■センチュリー21 西日本不動産情報センター・関西不動産情報センター・近畿住宅流通 
・売主様に「ミカエル」手法を説明することで実際の営業イメージが伝わり、一社専任を頂く確率がアップ
・「ミカエル」でのご案内で決定までの時間が短くなり成約率も高くなった手ごたえアリ
・「高い買い物なので不安がいっぱいの中、丁寧なサービスをありがとう!」と感謝のお言葉をいただく機会がぐんと増え、お客さまとの信頼関係構築への貢献度の高さを実感


「ミカエル」ご経験のお客さまの声


・内覧後も自宅で新居のイメージがしやすく、家具選びがはかどる
・自宅で何度でも確かめられるなんて!どこでもこの様なサービスをしてくれたらいいのに!
・内覧に夫が来れず一人だったのですが、VRのお蔭で夫とインテリアの相談もスムーズに出来た
・無料サービスでいいのですか??


例えば、こんなことも解消!!


●コロナ禍の中、外出はなるべく控えたい・・・。1回だけの外出で思う存分検討できる!
●親と離れて家探し!子どもが一人で内覧してもVRデータで家族みんなが実家で内覧!安心!
●女性一人の内覧は、男性担当者だとちょっと怖い・・・。現地訪問せずVR内覧で部屋を見たい!


●●初導入企業さま向けに、最大2ヶ月無料キャンペーン実施中!!●●


一人でも多くの方に安心に最高のお家を見つけて頂けるようにと願いを込めたキャンペーンです。
実施期間:3月15日まで
コロナの中、人との接触を最小に抑えつつ、納得の住まい探しが出来る、お客さま目線に立った優しい不動産案内方法です。
是非、ご取材頂けましたら幸いです。


画像 : https://newscast.jp/attachments/1Wm1AAy3Jf8GoP153VC0.jpg


◆AR株式会社について◆   https://ar-inc.jp/  


画像 : https://newscast.jp/attachments/wHk2JAq5qkNHZ1YCVH1o.png


不動産業界においてAR(拡張現実)、VR(バーチャルリアリティ)、RPA(業務効率・生産性向上実現テクノロジー)のパイオニアを目指し設立、業界の変わらない体質による最新技術との癒合速度の促進、アナログ接客からの脱却を可能にするシステムやアプリの開発を進めている。
大阪市中央区淡路町3-5-13 創建御堂筋ビル7F
代表取締役西村 剛
TEL:06-6204-1777


<オリジナルサービス一覧>


画像 : https://newscast.jp/attachments/eq6fOTGfaCrkCSIuW0ij.png


【VRROOM】https://360vrroom.net/
不動産に特化したVR作成アプリ。不動産むけに開発されているので明るくキレイで見やすい VR画面が簡単に作成可能。成約率アップに特化しており、コロナ禍でも導入企業の業績UPを実現。


画像 : https://newscast.jp/attachments/sngCl1oqaIKJJPfAT7y9.png


【ウリアガール】 https://uriagaru.com/
社内において営業担当者に“同僚”=“ライバル”の数字を意識させることで、営業成績に好循 環を生み出すモチベーションUPツール。


画像 : https://newscast.jp/attachments/uNCfNv5Ebt259MKTgZkc.png


【いえみーる】 https://iemi-ru.com/
気になるマンションにスマホをかざすだけで簡単に物件情報がわかるアプリ。
不動産やさんに問い合わせる手間も不要、街歩きついでに家情報をゲット!






ミカエル料金表.pdf


: https://newscast.jp/attachments/ZU2IuIbod3sCutaErZWU.pdf


<本件に関するお問合せ先>
広報担当:アプリーレ 加藤裕子
TEL:090-1895-8713   E-MAIL:y-aprire61@plum.ocn.ne.jp


情報提供元:@Press
記事名:「”売り方9割”(*)で勝つ! コロナ禍のお部屋案内スタイルに革命を起こす「ミカエル」(*)アメリカの調査会社CEB調べ