オンラインでの締結式の様子。クロスプラス株式会社 代表取締役社長 山本大寛氏(右)、東川町長 松岡市郎(左)



北海道東川町は、クロスプラス株式会社の間において、1月20日にオフィシャルパートナー協定を締結しました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/1H6XNN7FCiuxgCcMIpMZ.png
オンラインでの締結式の様子。クロスプラス株式会社 代表取締役社長 山本大寛氏(右)、東川町長 松岡市郎(左)


東川町が実施している「オフィシャルパートナー」協定は、東川町とつながりのある企業とパートナーシップ関係を構築し、日本の地域を通じて世界の未来を育む社会価値の共創を目指すものです。
 本協定において、東川町とクロスプラス株式会社がパートナーシップを構築し、双方がお互いの資源や特色を活かした事業に取り組むなど新たな社会価値を共創する事業を推進し、多様な連携を通じて、地域の活性化に寄与することを目的としています。


クロスプラス株式会社について


画像 : https://newscast.jp/attachments/KFRCnS7c5ViAaywBEwBc.jpg


服づくりから、売場づくりまで、スタッフ200名を超える充実の企画チーム体制で、レディス・メンズ・キッズの衣料品からファッション雑貨を年間5,000万枚以上企画・生産し、専門店をはじめとした様々なチャネルへのODM・OEM販売する総合アパレルメーカーです。社名に表している通り、社員一人ひとりの個性や能力をクロスし、お客様にプラスアルファの価値を提供し続けています。


■本協定の名称
 「東川オフィシャルパートナー協定書」
■本協定の締結日
 2021年1月20日
■本協定の連携事項
クロスプラス株式会社と東川町は、以下の事項について連携します。
(1)両者の社会価値を創造する取組みに関すること。
(2)両者の発展に関する情報交換及び連携に関すること。
(3)両者の社員のライフスタイルを育む活動に関すること。
(4)東川町の「写真の町」ひがしかわ株主制度及び企業版ふるさと納税制度の活用に関すること。
(5)本協定の目的を達成するために必要な事項。


情報提供元:@Press
記事名:「【北海道 東川町】クロスプラス株式会社と オフィシャルパートナー協定を締結