ソーラーカーポート「TM2 Dulight」

自然エネルギー関連の事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース株式会社(本社:長野県駒ヶ根市、代表取締役社長:伊藤 敦、以下「当社」)は、両面発電太陽電池モジュール一体型カーポート「TM2 Dulight(ティーエムツーデュライト)」を2021年2月1日(月)に販売開始いたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/245393/LL_img_245393_1.jpg
ソーラーカーポート「TM2 Dulight」

これまでのソーラーカーポートは、住宅や商業施設の駐車場をターゲットとし、意匠性と防水性を重要視しておりました。既に販売している当社のソーラーカーポート「Dulight」は前述のコンセプトのもと開発され、主に出力500kW程度までの中小規模の駐車場を対象としています。

今回発売する「TM2 Dulight」は、意匠性重視モデルの「Dulight」とは異なり、製品コストおよび施工コストを極力低減させ事業性を重視させるモデルとして開発いたしました。本製品は、当社が施工性を追求してメガソーラー向けに開発した「3次元傾斜対応設置架台“TM2”」の3次元自在調整コネクターや下留パネルクランプを採用し、地面からの反射光をも電力に換える「両面発電太陽電池モジュール」を組み合わせた産業向けソーラーカーポートです。本製品を建物敷地内に設置し、発電した電力を建物内で利用することで、電気料金の削減だけでなく、再生可能エネルギー利用による環境問題への取り組みが可能となり、企業価値の向上にも繋がります。


■ソーラーカーポート「TM2 Dulight(デュライト)」の特長
(1) 積雪60cm以下風速38m/s以下仕様と、積雪100cm未満風速42m/s以下仕様(いずれも地表面粗度区分III)の2種類の仕様を用意し、気象条件によって使い分けが可能
(2) 車両台数は片側4台、6台、8台、背合せ8台の4タイプを用意し、既設の駐車場レイアウトに無理なくフィットさせることが可能
(3) 5000mm~5500mmの間、50mmごとに柱間ピッチ11通りの自由設計対応で、既存駐車場の白線間に合わせて設置が可能


電気自動車の普及とともに、再生可能エネルギーの充電設備としてソーラーカーポートの重要性は高まることが予想されます。当社は両面発電太陽電池モジュール一体型カーポート「TM2 Dulight(ティーエムツーデュライト)」の販売を含め、今後もより一層製品・サービスの拡充を図り、分散型電源としての再生可能エネルギーの普及を推進してまいります。


■ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社について
ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社は、「自然エネルギーを普及させ、永続できる社会の構築に貢献する」という志を胸に、自然エネルギーというフィールドで新しい事業を生み出してきました。リユース事業をはじめ、オフグリッド(独立蓄電型)事業、グリーン電力証書事業、O&Mサービス事業、電力小売事業。これからも新しいエネルギー利用の選択肢を提案し、社会が自然エネルギーシフトに向けて前進するよう、たゆまぬ努力を続けてまいります。

本社 : 長野県駒ヶ根市赤穂11465-6
東京本社 : 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト14階
大阪営業所 : 大阪府大阪市淀川区西中島3-10-13 物産ビル6階
名古屋営業所 : 愛知県清須市西枇杷島町恵比須20-1 丸中ビル201
福岡営業所 : 福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-17 第6岡部ビル3階
ホーチミン事務所: ベトナム社会主義共和国
ホーチミン市3区カック・マン・タン・タム62A Lim IIタワー 15階
ウェブサイト : https://www.nextenergy.jp/


■一般の方からのお問い合わせ先
インフォメーションセンター
TEL:0120-338647
※営業時間10:00~17:00(土・日・祝日除く)
メール:ホームページの下記「お問い合わせページ」より送信ください。
( https://www.nextenergy.jp/contact/ )

*記載されている会社名、商品名は、各社の商標および登録商標です。

情報提供元:@Press
記事名:「ネクストエナジー、企業の脱炭素を前進 ソーラーカーポート「TM2 Dulight」を2月1日に販売開始