The調達2021


未来調達研究所株式会社

未来調達研究所株式会社は、日本の製造業への調査と提言をまとめました。調査のなかで、多くの製造業で調達コストの低減が図られていないと判明しました。

売上を伸ばすことが難しい状況においては、調達コストを引き下げる手段が有効です。しかし、ほとんどの企業では先端のコスト削減手法が採用されていないとわかりました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/245139/LL_img_245139_1.jpg
The調達2021


【1. 内容】
*下記の内容を無料でご提供しています

・零細・中小企業でも、すぐさま実践できる調達分野のAI活用方法についてまとめました
・将来の需要を予測し、在庫量を激的に引き下げる手法について紹介しました
・これまで不可能と思われていた企業のマーケティングコスト削減の手法をまとめました
・電力等の間接材コスト削減についてまとめました
・中小企業が見逃しがちな、サイバーセキュリティとその簡易化について詳細に説明しました
・中小企業にとってのCSR調達、SDGs、ESG投資をまとめました
・企業の調達リスクマネジメント、生産地分散等について紹介しています
・企業のグローバル調達について先端知識を紹介しています


【2. 代表的な声】
・無料で提供してもらえてありがたい
・2021年の調達戦略の指針になっている
・在庫削減が進んだ
・AIの活用に寄与している
・RPAの導入に役に立った
・コスト低減の方法がわかった
・実際にDX化を進める方法が理解でき助かった
・CSR調達やSDGsの本音を知り安心した
・グローバル調達の進め方がわかった


【3. レポート執筆者】
●坂口 孝則:未来調達研究所株式会社所属。サプライチェーン、調達・購買コンサルタント。日本テレビ「スッキリ」、TBSラジオ「篠田麻里子のGOOD LIFE LAB!」等コメンテーター。

●牧野 直哉:未来調達研究所株式会社所属。サプライチェーン、調達・購買コンサルタント。神戸大学非常勤講師。リスクマネジメント、CSR調達の専門家。


【4. レポート全文】
レポート全文については、下URLより無料公開中。
http://www.future-procurement.com/booklet/theprocurement2021/


【会社概要】
名称 : 未来調達研究所株式会社
(Future Procurement Research Institute Inc.)
設立 : 2006年(平成18年)3月
資本金 : 1,000万円
業務内容: 調達・購買・資材に関するコンサルティングサービス
調達・購買・資材に関する集合研修の提供
各種教材の販売
講演
URL : http://www.future-procurement.com/

情報提供元:@Press
記事名:「製造業の調達品コストを20%下げる科学的手法 研究成果を無料ブックレットで提供