イメージ画像


オピエミ


体験談


3つの特徴

株式会社オピアエージェンシー(所在地:東京都港区、代表取締役:大野 将樹)はマレーシア移住の専門情報サイト『オピエミ』で、海外でも活躍できる子供を育てたい日本人女性に対してマレーシア移住の体験談をインタビューし、その後現地企業とマッチングさせるサービスを2021年2月19日にリリースいたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/244938/LL_img_244938_1.png
イメージ画像

URL: https://opeeremigration.com/interview/

インタビューではWithコロナのマレーシア移住に関するVISA、不動産手続きや現地での子育て、マレーシア移住に関する不安を解消します。

『オピエミ』は、「不動産業界にITを通してよろこびを創り出すこと」を目指し、不動産ITサービス開発・運営事業等を手掛ける株式会社オピアエージェンシーが、ITメディア領域で新たに取り組んでいる事業です。


◆マレーシア移住相談サービス『オピエミインタビュー』とは
マレーシアは「日本人が将来住みたい国」14年連続No.1になるなど、人気の移住先です。オピエミでは、新型コロナウイルスの感染拡大以降、ますます先が見えない世の中で「子どもに海外でも活躍できる教育を施したい」「国内のインターナショナルスクールは学費が高いため、マレーシア移住でコストを下げて、のびのびと子育てがしたい」といったご相談を、主に日本で子育て中の主婦の方々からいただいています。
しかし、実際に移住を検討し始めると、新型コロナウイルスの感染が世界的に広がる中、「ビザの取得はできるのか」、「移住するタイミングはいつがいいのか」「移住したら生活費はどれくらいかかるのか」「学費は日本に比べて高いのか」など様々な気になることが出てきます。しかし、国内でマレーシア移住者と接点を持つことは簡単ではありません。また、インターネットで情報収集をしても、リアルタイムの情報を得ることは難しいものです。そこでオピエミでは、マレーシア移住に興味のある日本人女性と、実際のマレーシア移住者であるアドバイザーを繋ぎ、直接オンラインでマレーシア移住に関する相談ができる新サービスをリリースしました。


◆実際のマレーシア移住者であるアドバイザーが、ビザの取得から不動産会社、ライフラインサービス企業、教育機関など現地企業とのマッチングまでサポート
オピエミインタビューは、「相談したい内容」「相談したい日時」「アドバイザーのプロフィール」から、実際のマレーシア移住者であるアドバイザーを選び、ご相談いただけるオンラインサービスです。そのため、自分に合ったアドバイザーにマレーシア移住に関する相談をすることができます。アドバイザーとは、オンラインで顔を見ながら話すことができるので安心。また、アドバイザーはマレーシア移住の手続きから、ビザの取得、また、不動産会社やライフラインサービス企業、教育機関といったマレーシア現地企業とのマッチングまでサポートします。『オピエミ』では、マレーシア移住に関するあらゆる不安を解消します。


◆『オピエミ』とは
オピエミは「OPEER EMIGRATION(オピア エミグレーション)」の略。オピアエージェンシーが、マレーシア移住に特化し、本当に役立つ情報だけを発信するマレーシア移住専門情報サイトです。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/244938/LL_img_244938_2.png
オピエミ


◆サービス名・運営会社
マレーシア移住専門情報サイト「オピエミ」
URL : https://opeeremigration.com/interview/
運営会社 : 株式会社オピアエージェンシー
本社所在地: 東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー11F
TEL : 03-5778-7660
Mail : info@opeer.co.jp
企業サイト: https://opeer.co.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「日本初のマレーシア移住専門情報サイト『オピエミ』 マレーシア移住の“住む”に関する不安を解決する相談サービス『オピエミインタビュー』を2月19日(金)より開始!