Kumi wallet01


Kumi wallet02


Kumi wallet03


Kumi wallet04

海外のデザイン製品の輸入卸・販売及び、生活を豊かにする製品を販売するオンラインストア「10 square meters」の運営を行っている東京ラクオカ株式会社は、2021年1月28日よりクラウドファンディングプラットフォームMakuakeにて当社初の国産製品の「Kumi wallet」のプロジェクトをオープンし支援募集を開始致します。
※オンラインストア10 square metersの名称にて実施いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/244936/LL_img_244936_1.jpeg
Kumi wallet01

■ライフスタイルの変化・使う人に合わせた財布
「Kumi wallet」は昨今のキャッシュレス決済やアプリケーションでの情報管理が急増する中、お財布の機能を見つめ直し、製品化をするプロジェクトで生まれました。
SuicaやPayPayなどのキャッシュレス決済、クレジット決済、現金での支払いなどライフスタイルによってお財布のよく使う機能は異なります。
Kumi walletはお札、カード、コインの収納機能を分けたり組み合わせて使うことができる三つ折りの手のひらサイズのミニマルなお財布です。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/244936/LL_img_244936_2.jpeg
Kumi wallet02

■機能を分けて使用する
Kumi walletはお札入れ、カードケース、コインケースを分離させて使用することができます。
例えば仕事の時にはキャッシュレス決済中心で小銭はほぼ使わないので、小銭入れは分けて鞄にしまっておいたり、トレーニングジムに行く際にはカードケースで身分証などの必要最低限のカードだけを持って行ったりすることができます。
よく使う機能とそうではない機能を分けることができるので、荷物を減らしたり、ポケットが大きく膨らんでしまうことも防ぐことができます。
また機能を自分の好みの位置に組み合わせて使うことができるので、カード入れとコインケースの位置を変えたり、上下を変えて使いやすい方向に変更したりすることができます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/244936/LL_img_244936_5.jpeg
Kumi wallet05

■Made in 浅草橋の国産Wallet
今回のプロジェクトでは浅草橋にある工房「gigi-fabbrica」のご協力をいただき生産を行なっている国産のレザーウォレットです。使用している革も兵庫県のタンナーによって仕上げられる国産のシュリンクレザーを使用しています。
適度なシボ感で手になじみやすく、経年変化を楽しめる製品に仕上がっています。


■プロジェクト実施について
現代の様々なライフスタイルに合わせて組み方を変えながら使ってください。
国産レザーで作られているので、使う人によって表情を変えていく経年変化を楽しみながらKumi walletをご使用いただければと思います。

プロジェクトページ: https://www.makuake.com/project/kumiwallet/
スケジュール : 2021年1月28日(木)~2021年3月29日(月)まで
支援プラン : Makuake期間限定で最大31%OFFのプランをご用意しています。


【会社概要】
名称 :東京ラクオカ株式会社
代表者:代表取締役 黄 燕凌
所在地:〒111-0053 東京都台東区浅草橋4丁目6-4 石井ビル6B
創設 :2018年9月6日
資本金:800万円

情報提供元:@Press
記事名:「東京ラクオカ初の国産製品!お札入れ、カードケース、コインケースを組み合わせて使うミニマル財布「Kumi wallet」の支援募集をMakuakeにて開始!