アボカドの木


ベーコン


ピンカートン


ハス

鹿児島県南大隅町(町長:森田俊彦)は、国産アボカドのプロモーションを開始し、東京での試食会や通信販売を展開いたしました。

鹿児島県南大隅町(町長:森田俊彦)は、九州本島最南端 北緯31度線にあり、冬でも暖かく椰子やソテツ、ハイビスカスなど亜熱帯地域の植物を多く見ることができる。まるで南国のような気候で、和製のトロピカルフルーツの栽培も盛んに行われ、パインアップル、パッションフルーツ、マンゴー、ライチなどがあげられる。その中でも国内ではまだ珍しい秋から冬に収穫されるアボカドの栽培に力を入れている。

アボカドは、品種が世界に1000種以上あると言われているが、日本で流通しているほとんどは、果皮が黒くゴツゴツした外国産の「ハス」という品種である。そこで南大隅町役場所有のハウスでは、ある程度選りすぐった品種を栽培し、生産者に比較してもらいながら、この町の気候に合う優良品種を選抜してきた。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/244750/LL_img_244750_1.jpg
アボカドの木

南大隅町のアボカドは樹上で熟成させてから収穫するのが特徴である。アボカドには登録農薬がないため、無農薬で栽培されているのが現状である。楕円球型で果皮は薄く、果肉は油分が多くなめらかで甘みが感じられる「ベーコン」と、果形がひょうたん型で、種が他品種と比べて小さくその分果肉が多い、コクのある食味の「ピンカートン」の2種類が代表的な品種である。どちらの品種も緑色の状態で収穫され、緑色の状態で食べごろをむかえる。外国産のアボカドは完熟する前に収穫され日本に出荷されるので、店頭に並んでいるときは食べ頃かどうかを見極めるのは、至難の業。その点、南大隅町産のアボカドは、食べ頃が間近のアボカドだけを収穫。
軸の部分の果梗枝(カコウシ)を付けたまま出荷しているので、その部分が黄色くなりポロっと取れ、手に持った時に野菜の茄子のような、フカフカとした感触になった時が食べ頃のサインである。そして品種によっては、皮を剥いた後も、果肉が鮮やかな緑色のまま、数時間は変色しないのも特筆すべき点である。アボカドが最高に美味しい状態で食べられるのは、国内産ならではの魅力といえる。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/244750/LL_img_244750_2.jpg
ベーコン

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/244750/LL_img_244750_3.jpg
ピンカートン

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/244750/LL_img_244750_4.jpg
ハス

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/244750/LL_img_244750_5.jpg
フェルテ

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/244750/LL_img_244750_6.jpg
アボカド生産者 濵田氏

南大隅町のアボカド栽培の先駆者的存在の生産者 濵田祐一朗さんは、「露地栽培からスタートしたのですが、耕作放棄地だった土地を自ら開墾して、アボカドの園地にしました。今は「ベーコン」「フェルテ」「ハス」を作っています。アボカドは風に弱いのですが土地柄、台風などの強風被害が多いので、3年ほど前から無加温でのハウス栽培も始めました。そこでは「ベーコン」「ピンカートン」を栽培しています。無農薬で作っていますので、病害虫から守るために、木酢液などを使用したりと試行錯誤しながら育てています。
今後も新たな品種が増えていく予定です。」と語っている。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/244750/LL_img_244750_7.jpg
新宿高野フルーツサロン

南大隅町でアボカド栽培を始めて10年目になる今冬は、国産アボカドのプロモーションを試験的に実施した。収穫がスタートした昨年11月に、老舗のフルーツ専門店「新宿高野本店」のB1のフルーツサロンで、一般顧客を対象とした試食会を開催。参加者は、外国産のアボカドより2倍以上の大きさのグリーンのアボカドに驚き、試食してそのコクとまろやかな食味に2度驚いていた。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/244750/LL_img_244750_8.jpeg
レストランメニュー例

また、東京・赤坂のレストラン「CROSS TOKYO」で、シェフや流通のバイヤーを招き、メニュー提案を兼ねた試食会を開催。「アボカドの概念が変わるようにジューシーで瑞々しく、料理だけでなくデザートにも使ってみたい。」と国産アボカドの稀少価値に興味を持っていただいた。

また、新鮮な野菜・魚・肉などの食材と全国各地の“旨いもん”をご家庭の食卓にお届けする、会員制通販の「やっちゃば倶楽部」で紹介したところ、1個3,000円以上の価格にもかかわらず、予定数量が即時売り切れとなった。

東京での初めてのプロモーションを通じて、消費者や外食産業での国産アボカドに対する興味と期待の高さを実感し、来期の本格的な販売に向けての足掛かりと自信ができた。南大隅町と生産者が一体となって、より多くの方に高品質の南大隅町産アボカドをご提供できるように、生産量の増加と安定供給を目指していく。

情報提供元:@Press
記事名:「和製トロピカルフルーツの町、鹿児島県南大隅町国産アボカドのプロモーションを開始 ~東京での試食会や通信販売を展開~