ピッコロ演奏時のイメージ



(左)保護布が下りた状態の外側布地。(中央)めくりあげると開口部があり、(右)ここから歌口を当てます


画像 : https://newscast.jp/attachments/C44kNPzRJb2YsC4xi6Cy.jpg


 島村楽器株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:廣瀬 利明、以下 島村楽器)は、シリカゲル製品の開発・製造を手掛けるテクナード株式会社(本社:岐阜県羽島市、代表取締役:原 真澄)とのコラボによる「装着したまま楽器演奏できるマスク」の第二弾を発表いたします。従来品では対応していなかったフルート(※1)の演奏が可能な「シリカクリン/フルート用立体マスク」を、2020年11月19日(木)より全国の島村楽器店舗、および島村楽器オンラインストアで発売いたします。
 今回のフルート用マスクの開発に先立ちまして、弊社では今年8月18日(火)に「シリカクリン/管楽器用立体マスク」を発売しておりました。同商品の構造上フルートには非対応でしたが、一方でこちらに対応できるマスクを望む声があったことから、開発に踏み切りました。
 本商品は内側・外側の2層構造で、内側の布地正面には大きめの開口部があり、ここから歌口を当てます。この状態で外側布地を下ろすと口回りがマスクで覆われ、口元から出る飛沫を抑えながら演奏できます。そして演奏中に外からの飛沫を吸引してしまうリスクも軽減します。
 メッシュ構造のため通気性が良く、メガネをご使用の場合でもくもりにくくなっております。マスク内に適度な空間ができる立体設計により吹奏時でも苦しくありません。またマスク内側にはシリカクリンを含む特殊生地を使用。マスク内の消臭と同時に適正湿度に調節する作用があり、快適に演奏をお楽しみいただけます。
マスク全体には銀イオンによる優れた抗菌効果をもつ糸を使い、様々な菌の増殖を抑えます(※2)。ご使用後は手洗い・乾燥させることで、繰り返し使用可能です。


画像 : https://newscast.jp/attachments/IVkjRI9ACCI4XRI7BF7T.jpg
ピッコロ演奏時のイメージ


※1 フルートだけでなくピッコロ、そして篠笛、尺八、ケーナなど歌口の大きな楽器の演奏も可能です(楽器の形状や大きさによって使用感が異なりますのでご注意ください)。
※2 消臭・湿度調整効果、菌の増殖抑制効果については下記図表を参照ください(一般社団法人ニッセンケン品質評価センターおよびKBセーレン社調べ)


画像 : https://newscast.jp/attachments/uyFPMtBPosCyi8oMFNMk.png


<開発の背景>


 新型コロナウイルスの感染拡大における新しい生活様式「ウィズコロナ」の社会の中で、私たち島村楽器は、音楽を楽しむ人々のお役に立てるご提案を様々な形で行っております。これまでの演奏といえば、複数の人々が室内に集まって行う活動が大半ではありましたが、このような状況下で楽器演奏を楽しまれている方々の多くは、マスクを装着しながら演奏したり、集まってもソーシャルディスタンスを保ちつつ、換気のよい場所で演奏されるなど、各々が工夫を凝らして『3密』を回避しています。しかしながら、息を使って音を出す管楽器においては、ピアノ、ヴァイオリン、ギターなどとは違い、マスクを装着しながら演奏することが困難なことから、リスクが高いと考えられています。それでも「周囲に配慮しながら管楽器演奏を楽しみたい」、「ソーシャルディスタンスを保ちつつ、より安全な環境で合奏をしたい」といった声はたいへん多く、管楽器を演奏する多く方のご要望にお応えできればとの思いから、「装着したまま楽器演奏できるマスク」シリーズの開発に至りました(※3)。
※3 本商品はウイルス・菌の侵入を完全に防止するものではなく、感染を100%予防するものではございません


<開発者コメント>


 このフルート用マスクを使用すれば、演奏中に口元から出る飛沫を抑えたり、逆に外部からの飛沫を吸引する危険性を低下する効果が期待できます。さらにお伝えしたいのは、管楽器を演奏するときには他の奏者と打合せをしたり、レッスン中には先生から奏法の説明を受けたり、「話す」という動作が多く含まれますが、会話の最中にもちろんこのマスクを使えますし、そのままマスクを外すことなく演奏できる、というのは奏者のストレス軽減になるはずです。
 そしてソーシャルディスタンスを保ち、室内の換気を適宜行いながらこのマスクをお使いいただくことで、より安心して演奏をお楽しみいただけると考えております。


<使用方法>


画像 : https://newscast.jp/attachments/49RGlenYbRY9yHSzSlYv.jpg
(左)保護布が下りた状態の外側布地。(中央)めくりあげると開口部があり、(右)ここから歌口を当てます


■製品概要
製品名: フルート用立体マスク
品番: SCFMシリーズ
ブランド名: シリカクリン®
発売日: 2020年11月19日(木)
価格: 2,000円(税込)
対応楽器: フルート・ピッコロ他(篠笛、尺八、ケーナなどにも対応)
※シリカクリン®は、テクナード株式会社の登録商標です
※リブフレッシュ®は、KBセーレン株式会社の登録商標です
サイズ:


画像 : https://newscast.jp/attachments/xWVKkL8LJPdozqMKUYIP.jpg
(両サイズとも男女兼用)


カラーバリエーション:


画像 : https://newscast.jp/attachments/lP6uMC6Of8T87g7zm81d.jpg
左から、ホワイト、グレー、ブラック


■会社概要
社名 : 島村楽器株式会社
代表者: 代表取締役社長 廣瀬 利明
設立 : 昭和44年3月(創業:昭和37年1月)
売上高: 386億円(2020年2月)
従業員数:2,268名(2020年2月)
URL  : www.shimamura.co.jp


情報提供元:@Press
記事名:「テクナード×島村楽器コラボの管楽器用マスク。 第二弾は、待望のフルート演奏用マスク