外観画像


店内画像


商品イメージ(1)


商品イメージ(2)

株式会社 SUS(サス/代表取締役社長:栗田 宏/本社:新潟県燕市)のチタン製品ブランド「SUSgallery(サスギャラリー) https://www.susgallery.jp 」が、新旗艦店「SUSgallery青山本店」を2020年12月17日にオープンします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/235578/LL_img_235578_1.jpg
外観画像

■SUSgallery青山本店
ブランドとしてのSUSgalleryを余すところなく体感できるフラッグシップショップ。日本を代表する洗練された街、トレンドの発信地である青山エリアに体験型店舗として、様々なイベントやワークショップを行なえる設備を整えました。内装デザインに藤本 壮介氏を招き、博物館をおもわせる静謐な空間を作りました。
これまで多くの顧客に愛されてきたSUSgallery コレド室町店とともに、青山本店はさらにSUSgalleryの魅力ある情報を日本のみならず世界に向けて発信していきます。
※当面は新型コロナウイルス感染症を考慮しイベント等は実施しません。


■SUSgallery青山本店概要
店名 :SUSgallery青山本店(英名:SUSgallery Aoyama)
所在地 :〒107-0061 東京都港区北青山3-9-7 表参道N&Nビル1F
面積 :100.79m2
設計 :藤本壮介建築設計事務所
内装施工 :株式会社バウハウス丸栄
オープン日:2020年12月17日(木)
営業時間 :平日12:00~20:00、土日祝11:00~20:00
休業日 :月曜日(月曜が祝日の場合は翌日休)、年末年始

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/235578/LL_img_235578_2.jpg
店内画像

■SUSgalleryとは
ピュアチタンの創造性を追求するブランド「SUSgallery(サスギャラリー)」。
江戸時代より受け継がれる新潟県燕市の金属加工技術を生かし、新しい時代の美を創造したいという想いのもとSUSgalleryは誕生しました。
特殊な加工技術により生み出される表面の独特な表情は、同一で作り上げられることがよいとされる工業製品の中で、一つひとつに個性を持たせた新しい価値観を築いています。
時が経ても錆びることのない美しさ。いつまでも朽ちることのない普遍性。生活に寄り添う優れた機能性。時代の気分と共にある創造性。
時代を超えて輝くチタン素材の可能性に挑みながら、美と機能に輝くアートピースを創造していきます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/235578/LL_img_235578_3.jpg
商品イメージ(1)

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/235578/LL_img_235578_4.png
商品イメージ(2)

■SUSgalleryの特徴
1. 奇跡の結晶
チタンの結晶を最大限引き出した表面加工
2. 美しい色彩
塗布ではない光の屈折を利用した発色加工
3. 人にやさしいチタン
アレルギーがほとんどなく、人体に安全な素材
4. 真空二重構造
まほうびん構造による抜群の保温保冷性
5. 350年のクラフトマンシップ
新潟県燕市の伝統の金属加工技術を駆使
6. 世界に届くチタンの輝き
各国の首脳や王室などへの贈答品としても選定


■株式会社 SUS(サス)について
「新しい金属のかたちを創造する」をコンセプトとし、日本を代表する“金属加工の町”新潟県燕市のものづくりメーカー。一貫した「Made in Japan」の高品質を提供。
「SUSgallery(サスギャラリー)」「SEVEN SEVEN(セブン セブン)」を主力とするブランド事業と受託製造事業が主な事業内容。恒成グループの一員として、未来へつながるこれからの持続可能な社会を見据え、チタンの用途開発を含めたプロダクト開発を進めている。

1965年 熟練職人による「ヘラ絞り」による金属製器物の製造として創業
1983年 自社開発でステンレス製まほうびんの製造販売を開始
2003年 世界で初めてチタンによる真空二重構造タンブラーの開発に成功
2007年 SUSgalleryブランド開設

コーポレートサイト: https://sus-inc.com/

情報提供元:@Press
記事名:「SUSgalleryが新旗艦店「SUSgallery青山本店」を12月17日オープン