ボジョレー・ヌーヴォー生産者


リモート


ドメーヌ・デュ・ペール・ギヨ(生産者)


「ボジョレーの騎士」ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020

株式会社ヴィノスやまざき(本社:静岡県静岡市葵区常磐町2-2-13、取締役社長:種本 祐子)は、ボジョレー・ヌーヴォー、南フランス・ヌーヴォー、そして今年から初めて国産新酒ワインを11月に全国で発売します。

「ヌーヴォー」とは、その年に収穫したぶどうを用いて醸造した「新酒ワイン」です。11月の第3木曜日に解禁となるフランス・ブルゴーニュ地方ボジョレー地区で醸造される「ボジョレー・ヌーヴォー」は、日本を筆頭に全世界で広く楽しまれています。

ヴィノスやまざき: http://www.v-yamazaki.co.jp


1. 2020年ボジョレー・ヌーヴォーについて
(1)家飲み好調による、昨年以上の事前予約率
新型コロナウイルスの影響が出始めた3月以降、酒類消費支出額は落ち込んでいるものの、ワインや日本酒などを家で楽しむ「家飲み」需要が増加しました。この未曾有の事態の中、2020年の当社ボジョレー・ヌーヴォー事前予約率(11月15日時点)は8割を超え、非常にご好評いただいております。
当社のボジョレー・ヌーヴォーの事前予約率に関しては、より区画を限定した上位ランクのボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーが全体をけん引しています。ワインが日常的に飲まれるようになり、身近な存在になりつつある中、ワインのある豊かな生活を提供するため、今年も味には妥協せずに選び抜いた美味しいボジョレー・ヌーヴォーをお届けします。

(2)2020年の収穫状況
2020年は、2003年に次いでもっとも早い成熟を記録した年となりました。極めて早い成熟と乾燥した夏を合わせると、「究極の良年」と言えるかもしれません。ぶどうの樹の健康状態は並外れて良好で、今年もまたガメイは気候変動に高い順応性を見せていました。今年は例年よりも早い8月20日がぶどう収穫開始日となりました。収穫量は減少したものの、質はバランスが取れ、爽やかさのある仕上がりになりました。
(cf.ボジョレーワイン委員会 プレスリリース 9月22日発行)

(3)新型コロナウイルスの影響
2020年は新型コロナウイルスの影響があり、収穫開始許可日を8月20日にはやめ、昨年より2週間以上、現地からの輸出を前倒しすると、ボジョレーワイン委員会から発表がありました。
最も早い大手生産者では、10月5日(月)に出荷されました。


2. 当社のヌーヴォーへの取り組み
(1)完熟したぶどうを使用して、例年以上の濃縮したボジョレー・ヌーヴォーを提供
今年は異例の事態となり、ボジョレー・ヌーヴォーの収穫日及び出荷日が早められましたが、当社は生産者と交渉し、収穫を限界まで待ちぶどうを完熟させ、収穫量を可能な限り減らすことで、例年以上に濃縮した味わいのボジョレー・ヌーヴォーに仕上げました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_1.png
ボジョレー・ヌーヴォー生産者

(2)当店ルーツである南フランス・ラングドックのヌーヴォーを当店過去最安値で販売
当店の蔵元から直接ワインを輸入する「蔵直(R)ワイン」のルーツは、南フランスのラングドック。当店では20年以上南フランス・ヌーヴォーの普及と販売に努めております。
今年はぶどうの収穫量も少なく、ラングドックのヌーヴォー価格の高騰が予想されていますが、当店人気蔵元「ラ・グラーヴ」の当主ジャン=フランソワ・オロスケット氏に交渉の末、当店過去最安値を実現いたしました。ボジョレー・ヌーヴォーとは異なり、解禁が10月15日(木)と早いため、一足早い解禁が可能となりました。

(3)当店ルーツの静岡産の初ヌーヴォーお披露目。長野の甘口「ソレイユ・ヌーヴォー」も。
地産地消がブームとなっている昨今、日本国内の国産ぶどうから造るヌーヴォーの人気は年々高まっています。当店も長年培ってきたコネクションを駆使しながら、多数の国内ワイナリーを自らの足で視察し協議を重ねました。
自社栽培している白ぶどう品種「シャルドネ」をフレンチオーク樽で熟成した「静岡シャルドネ・ヌーヴォー2020」、そして長野県のワイン名産地塩尻桔梗ヶ原にある「信濃ワイン」と共に造り上げた甘口ヌーヴォー「日本産ソレイユ・ヌーヴォー2020 500ml」の国産ヌーヴォー2種を、今年ついに販売します。


3. 今年のヌーヴォーイベントはリモートで匠と繋いで乾杯!
“リモート”カウントダウン・イベント初開催!
毎年、ヴィノスやまざきは全国に展開する店舗にて、11月第3木曜日のボジョレー・ヌーヴォー解禁に合わせて、「ボジョレー・ヌーヴォー カウントダウン・イベント」を生産者と共に開催しております。
今年は、新型コロナウイルスの影響により、生産者の来日が困難と判断しましたが、毎年カウントダウンを楽しみにしているお客様、今年初めてのお客様とも一緒に、この貴重なひと時を共有するため、初めてリモートにて開催する運びとなりました。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_2.png
リモート

驚異的な樹齢のぶどうを使ってこだわりのワインを生み出す、当店人気の匠とヌーヴォーをお祝いします。


【リモート・ボジョレー・ヌーヴォー カウントダウン・イベント】
<開催日時>
11月18日(水)23時45分~11月19日(木)0時15分

<参加生産者(ワイナリー名)>
ローラン・ギヨ氏(ドメーヌ・デュ・ペール・ギヨ)
当店人気NO.1のボジョレーの蔵元「ドメーヌ・デュ・ペール・ギヨ」は、力強いヌーヴォーが造られるフランス・ブルゴーニュ地方ボジョレー地区モルゴン村に位置します。職人ギヨ氏が造る最高樹齢117年の古木のぶどうを一部使ったワインは濃厚な味わいで、多くのお客様よりご好評いただいています。

<申し込みページ>
https://coubic.com/vinos-yamazaki/416344

<参加方法>
上記申し込みページより、ヌーヴォー購入者のみ予約可能。リモートにて開催予定。
*当日リモートでの参加のお客様には、事前にボジョレー・ヌーヴォー2020を飲酒しない旨を規約書にてご同意いただいた上で、前日の11月18日(水)にワインをお届けし、解禁と同時に今年のボジョレー・ヌーヴォーの味わいを堪能いただけます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_3.png
ドメーヌ・デュ・ペール・ギヨ(生産者)


<商品の詳細はこちら>
ボジョレー・ヌーヴォーの商品詳細ページ▼
https://www.v-yamazaki.com/nouveau2020/beaujolais.html

【商品名/商品概要】
■「ボジョレーの騎士」ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020
樹齢117年の古木のぶどうを一部ブレンドし樽熟成することで、濃縮感と複雑味を表現。ベリー系果実のような豊かな香りに、果実の凝縮感と深みを感じ、ヌーヴォーとは思えないタンニン(渋味)と重厚感のある味わいのある、当店人気NO.1のボジョレー・ヌーヴォー。
販売価格(税抜):¥3,280
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_4.png
「ボジョレーの騎士」ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020

■「ボジョレーの騎士」ボジョレー・ヌーヴォー 2020
平均樹齢40年を超えたぶどうを完熟するまで収穫を待つことで、旨味が凝縮された仕上がりになりました。カシスやフランボワーズのような果実の香りが広がります。豊かな果実味とフレッシュな酸味のバランスが絶妙で、しっかりとした旨みとフレッシュさもあります。
販売価格(税抜):¥2,280
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_5.png
「ボジョレーの騎士」ボジョレー・ヌーヴォー 2020

■「ボジョレーの騎士」ボジョレー・ヌーヴォー・ロゼ 2020
オーナーのギヨさんにお願いして特別に造っていただいた一本。甘酸っぱい果実や花の爽やかな香り。すっきりとして軽快な、何度でも楽しみたくなる味わい。
販売価格(税抜):¥2,780
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_6.png
「ボジョレーの騎士」ボジョレー・ヌーヴォー・ロゼ 2020

■「ボジョレーの騎士」ペール・ギヨ グランクラ
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020
最高樹齢117年の古木が栽培されている、同蔵の特別な畑「グランクラ(特級畑を意味する方言)」のぶどうを100%使用した特注ヌーヴォー。2020年は、25hl/haというフランス格付ワイン以下の超低収量により、圧倒的な果実の凝縮感と複雑味を感じる味わいに仕上げています。
販売価格(税抜):¥5,000
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_7.png
「ボジョレーの騎士」ペール・ギヨ グランクラ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020

■頑固親父の樽熟ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020
金賞ハンターと称される「頑固親父」の職人パスカルが、ボジョレー・ヌーヴォーとしては珍しい、樽熟成で仕込んだ一本。果実の濃縮感にあふれ、やわらかいタンニン(渋味)が溶け込み、3週間も樽熟成したことで、複雑味と重厚感のある味わいに仕上がりました。
販売価格(税抜):¥3,680
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_8.png
頑固親父の樽熟ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020

■頑固親父のボジョレー・ヌーヴォー2020
「頑固親父」パスカル氏と当店が共同で造り上げた、オリジナル・ヌーヴォー。区画別に醸造された3種類のタンクから、果実の印象が強いタンク(40%)をベースに、華やかでピュアな味わいの2種類のタンクを30%ずつブレンド。豊かな果実味と複雑で柔らかい渋味が堪能できます。
販売価格(税抜):¥2,680
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_9.png
頑固親父のボジョレー・ヌーヴォー2020

■自然派マダムのボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020
「自然な」ワイン造りをモットーに、酸化防止剤無添加で造られたワイン。彼らのこだわりのヌーヴォーは、完熟したぶどうの粒のみを選んでワイン造りに使用しているため、果実味が凝縮した味わいに仕上がります。フランスの星付きレストランでも提供されている希少なワイン。
販売価格(税抜):¥3,680
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_10.png
自然派マダムのボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2020


<商品の詳細はこちら>
南仏ヌーヴォーの商品詳細ページ▼
https://www.v-yamazaki.com/nouveau2020/languedoc.html

■ラ・グラーヴ・ヌーヴォー 赤 2020
地元新聞でも取り上げられるほど注目の蔵元ラ・グラーヴのオロスケット氏が造る、ロングヒットのヌーヴォー(新酒)。ベリー系果実の凝縮した果実味に、柔らかな渋みと、程良いスパイスの風味が相まったバランス良い味わいです。
販売価格(税抜):¥1,380
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_11.png
ラ・グラーヴ・ヌーヴォー 赤 2020

■ラ・グラーヴ・ヌーヴォー 白 2020
フレッシュさを保つため早朝に収穫したぶどうを使用し、ステンレスタンクで発酵。2020年はシャルドネの出来が良い年だったため、比率を多めにし、柑橘系果実を思わせるフレッシュで爽やか、ミネラル感のある味わい、心地よい酸味のバランスが取れた白ワインに仕上げました。
販売価格(税抜):¥1,380
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_12.png
ラ・グラーヴ・ヌーヴォー 白 2020

■静岡シャルドネ・ヌーヴォー2020
当店が地元静岡県にある新生ワイナリー「御殿場高原ワイン」と共同で初めて造った本格ヌーヴォー。白ヌーヴォーとしては珍しく、高級フランスワインにも使用されるトロンセ産のフレンチオーク樽で熟成し、フレッシュな果実味に加え、複雑さもある味わいに仕上げました。
販売価格(税抜):¥2,680
画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_13.png
静岡シャルドネ・ヌーヴォー2020

■日本産ソレイユ・ヌーヴォー2020 500ml
甘口&低アルコールで飲みやすいと大好評の「ソレイユ・キュヴェ・ユーコ」から、初の「日本産ソレイユ・ヌーヴォー」を長野県・塩尻桔梗ヶ原の「信濃ワイン」と当店が共同で開発!溢れる果実味とぶどう由来の旨みと甘みが心地よく、飲み飽きしない味わいです。
販売価格(税抜):¥1,280
画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/235571/LL_img_235571_14.png
日本産ソレイユ・ヌーヴォー2020 500ml


【蔵直(R)ワインの専門店「ヴィノスやまざき」とは】
ヴィノスやまざきは、全国に24店舗構える直輸入型ワイン専門ショップで、生産者のもとに自分たちの足で訪問し、輸入から販売までを手がけます。現在ではボジョレー・ヌーヴォーを産出するフランス以外にもイタリアをはじめとするヨーロッパ各国や、アメリカ、チリ、ウルグアイなど、世界13カ国からワインの直輸入を行っています。特に、お客様から届いた声を参考にして造るオリジナルワインは広く支持されており、その商品開発のノウハウを活かして、生産者に日本の市場・消費者の志向・トレンドを伝え、品質向上に努めています。

情報提供元:@Press
記事名:「11月19日(木)ボジョレー・ヌーヴォー解禁 家飲み好調!ボジョレー・ヌーヴォー、昨年以上の事前予約!