アオバジャパン・バイリンガルプリスクール(AJB)は、2021年4月1日より校章をリニューアルいたします。同時に、2021年4月1日、目黒区下目黒にAJBグループ6番目の拠点となるAJB下目黒キャンパスを開校致します。同校は、ポスト・コロナ時代に益々重要性が増すとされるSTEAM教育[1] 、プログラミング学習に特色を持たせた課外授業等も提供予定です。
2020 年はアオバジャパン・インターナショナルスクール(AJIS)が国際バカロレア一貫校として5年の節目を迎え、またアオバグループとして生徒数1,100 名を越える規模に到達しました。これを契機にアオバグループがより高いレベルを目指し、未来へ発展していく学校の姿勢や方針を更に具現化することを目的に、校章をリニューアルいたします。
新校章は校名である「青葉」から連想される、未来に向けて成長するイメージをデザインしたものです。校名のイニシャル「a」をモチーフとし、特徴的な丸みを帯びたロゴデザインには、アオバが大切にしているスクールコミュニティ間の対話の輪が抽象化され、コミュニケーションとリーダーシップが表現されています。色の配色は成長する青葉を子どもたちに見立てた青葉色を基礎に、その成長を導く太陽の光を保護者や教員の存在として連想させる黄色の構成でイメージカラーが制作されました。さらにバイリンガルプリスクールのロゴは、バイリンガル校としての存在を考え日本を連想する桜色をアクセントカラーとして加えています。新しい校章には、自然界の植物が成長し続けるように、学校も子どもたちと共に国際社会の中で「成長、発展し続ける未来を見据えた教育理念」への想いが強く込められています。


画像 : https://newscast.jp/attachments/2tJnojMvDnisy1aOO0ob.jpg


AJIS は、日本の歴史あるインターナショナルスクールとして1976 年の創立以来国際的な教育を提供し続けています。またAJB は、2014 年よりアオバグループの一員として世界標準の優れた教育としてのIB(国際バカロレア)の導入に取り組み、あわせて日本にあるプリスクールとして、日本の文化や言語を最大限尊重した教育の提供に取り組んでいます。世界のどこにいてもチームをリードし新しい価値を生み出すことのできる児童生徒の育成に、これからも邁進して参ります。
※改装や設備工事のスケジュールにより、一部施設および設備につきましては2020 年度中より新校章への変更を進めます。
[1] STEAM教育: Science、 Technology、 Engineering、Mathematicsを統合的に学習する「STEM教育」に、 Artsを統合する教育手法。


情報提供元:@Press
記事名:「アオバジャパン・バイリンガルプリスクール 2021 年度 校章リニューアルのお知らせ