壽屋


Save Point


スレッドビュー


ガントチャート

株式会社MUGENUP(以下、MUGENUP)は、プラモデルやフィギュアなどホビーカルチャーのトップブランドである株式会社壽屋(以下、壽屋)において、様々なクリエイティブ制作を効率化するクラウド型プロジェクト管理ツール「Save Point」をフィギュア企画開発で使用開始したことをお知らせします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/234498/LL_img_234498_1.jpg
壽屋

■壽屋における「Save Point」導入の背景と狙い
壽屋は、こだわりの造形はもちろん、完全可動式モデルキットや自社IPの開発などによって、国内だけではなく海外からも注目を集める日本のホビーカルチャーのトップブランドです。プラモデルやフィギュアのほかにも雑貨商材の開発や、自社IPのTVアニメ化など、常に新しいプロジェクトに積極的に取り組んでいます。

新しいホビーアイテムを開発するにあたっては、企画者や造形クリエイターはもちろん、プロモーション、生産、営業など、様々な工程で多数の担当者が関わります。そのため、進捗状況の確認や情報共有、ライセンスの監修、生産管理、宣伝広報用のデザイン制作など、コミュニケーションに多大な労力と時間がかかっていました。

また、昨今のホビー業界においては、生産技術が著しく上昇するとともに人件費をはじめ製造原価も高騰、同時にファンの求める品質も年々向上し続けています。そのためフィギュアのデザイン設計や原型製作など、開発工程の重要性がこれまで以上に高まってきました。

そこで壽屋では、「Save Point」の導入によって、フィギュアの開発工程における業務効率化をはかります。「Save Point」を活用することで円滑なコミュニケーションや進捗管理を実現し、クリエイターの煩わしさを解消。創造性を発揮しやすいプロジェクト環境を構築することで、これまで以上に高品質なフィギュアの開発を促進します。

「Save Point」は、イラストや3DCG、動画、デザインなど、様々なクリエイティブ制作において効率的な制作環境を実現するクラウド型プロジェクト管理ツールです。特に直近では、新型コロナウイルスの感染対策を背景に注目が高まり、導入企業200社・導入プロジェクト数1,600件を突破。広告宣伝用クリエイティブの制作や、マンガコミックの制作、「Save Point for アニメ」など特化型のサービスも展開し、サポートする業界や業種の幅もさらに拡大しています。

今後もMUGENUPは、効率的なクリエイティブの制作環境を提供、クリエイターの創作活動を支援してまいります。


■株式会社壽屋 取締役 経営企画室長 清水 克多郎 コメント
プラモデル・フィギュア等の企画開発を行う弊社ですが、業務分担に伴う組織づくりが進む中、改めて業務効率を見直し、新しいシステムを導入する転機を迎えました。

クリエイティブな面をもっと押し出すための余裕をつくること。単純業務圧縮で残業をなくすこと。製作進行においての見える化。計画性をより高めた商品製造。これら全てをまとめて管理できるツールとして「Save Point」に注目していたところ、フィギュアのような事業にもマッチするかどうか、共同試験を取り入れていただけたということもあり、その効果や可能性を高く感じることができました。

工程管理を手間なく見える化し、無理や無駄が省けること、また管理職の負担を軽減し、的確な施策が検討できる時間と余裕が生まれることで、高品質な商品を確実に生産できると信じています。またこうしたことが、今後の壽屋の強みとなるよう、大いに活用したいと考えています。

時代がリモートを求めているからこそ、社内業務の見える化は必須です。
「Save Point」は新しい時代に必要であると期待しています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/234498/LL_img_234498_2.jpg
Save Point

<株式会社MUGENUP>
株式会社MUGENUP(本社:東京都新宿区、代表取締役:伊藤 勝悟)は世界中のクリエイターをシステムでつなぎ、2Dイラストや3DCG、映像など、多彩なクリエイティブを制作しています。さらにクリエイティブの制作環境も創るべく制作管理ツール「Save Point」の開発・提供を行っている他、次代のクリエイターの育成サポートやオリジナルコンテンツの企画・製作にも取り組んでいます。
公式URL https://mugenup.com/


■「Save Point」および「Save Point for アニメ」に関するお問い合わせ
「Save Point」や「Save Point for アニメ」に関する資料をご希望の方は、以下よりお問い合わせください。
https://www.savept.com/contacts/


■700人が完全リモートワーク MUGENUPのクリエイティブ制作のコツ
原則、全社員在宅勤務を実現。毎月約10,000工程を管理し、月間2,000点以上ものクリエイティブを制作しているMUGENUP。完全リモートワークでクリエイティブを制作してきたコツを公開!
https://www.savept.com/mgn-document-download/


【参考】「Save Point」の主な機能紹介
■やり取りを一覧できるスレッドビュー
制作物ごとのタイムラインをひとつの画面に集約し、大量のコミュニケーションを並行して効率的に実現する「Save Point」のメイン画面のひとつです。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/234498/LL_img_234498_3.png
スレッドビュー

■ガントチャートで進捗を確認
プロジェクト全体の進捗状況を俯瞰して確認できる機能です。詳細を閲覧する時には該当のスレッドにこの画面からワンクリックで遷移できます。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/234498/LL_img_234498_4.png
ガントチャート

■登録した画像を一覧するサムネビュー
お気に入り登録した画像だけをピックアップし、サムネイルで表示します。ラベル機能と組み合わせて重要な制作物を一覧にしたり、過去制作物と制作中のデータを見比べたりすることが可能です。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/234498/LL_img_234498_5.png
サムネビュー

■主要なチャットツールとも連携
業務で広く使われている「Chatwork」「Slack」「Microsoft Teams」といった外部のチャットツールとも連携。メールや「Save Point」を見ずとも、自分宛ての投稿や、担当工程内での投稿を確認することができます。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/234498/LL_img_234498_6.jpg
通知設定

■ブラウザ上でフィードバック
「Save Point」に投稿された制作物に、テキストなどフィードバックを追記できる機能です。制作物のプレビューから簡単なフィードバックまで「Save Point」上で完結できます。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/234498/LL_img_234498_7.png
ブラウザ上でフィードバック

■動画もブラウザ上でフィードバック
動画をプレビューしながら、気になった個所にコメントや修正指示を手書きできます。テレビ番組のように再生される動画の上にフィードバックを表示できます。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/234498/LL_img_234498_8.png
動画もブラウザ上でフィードバック

※「Save Point」スクリーンショット(素材はサンプルです)

(C) MUGENUP Inc.
(C) KOTOBUKIYA

情報提供元:@Press
記事名:「ホビーカルチャーのトップブランド、KOTOBUKIYA クラウド型プロジェクト管理ツール「Save Point」をフィギュア企画開発で使用開始