進水式

うずしおクルーズを運営するジョイポート南淡路株式会社(所在地:兵庫県南あわじ市福良、代表取締役:鎌田勝義)は、2020年10月31日(土)本瓦造船株式会社(所在地:広島県福山市)において、うずしおクルーズの新造船の命名・進水式を執り行いました。新しい船は「咸臨丸(かんりんまる)」と命名し、うずしおクルーズには、2021年3月に就航する予定です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/233615/LL_img_233615_1.jpeg
進水式
■咸臨丸に込めた思い「REBORN咸臨丸」
幕末・明治維新を駆け抜けた咸臨丸が北海道で幕を閉じ、本船が就航する2021年は没後150年になります。近代日本を切り開いた象徴の咸臨丸が令和によみがえり、コロナでスタートした混沌の令和の時代を素晴らしい未来に向かって切り開くことを願い「咸臨丸」と名付けました。


■新造船のコンセプト「見た目は同じ、中身はスゴイ」
咸臨丸は現在もうずしおクルーズで就航しています。新しい咸臨丸の見た目は今の咸臨丸と大きな差はありませんが、安全性・快適性・ユニバーサルデザイン・エンターテイメント性が格段に向上しています。(バリアフリー・低振動低騒音化・貴賓室・最新映像技術での展示等)


■進水記念オリジナルラベルの日本酒の限定販売
咸臨丸進水を記念し、地元酒造メーカー都美人酒造株式会社の協力のもと、咸臨丸進水記念オリジナルラベルの純米吟醸酒の限定販売(720ml・300ml 各200本)を11月1日(日)より開始いたします。販売価格(税込)は720ml 2,300円、300ml 900円、販売場所はうずしおクルーズ売店です。(TEL:0799-52-0054、担当:米谷、酒部)

情報提供元:@Press
記事名:「うずしおクルーズ二代目『咸臨丸』の進水式を行いました