“選択制401k”導入促進キャンペーン

国内外の金融商品を用いた「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS)(R)」で高い評価を得ている投資顧問会社IFA JAPAN(R)株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役兼CEO:荒川 雄一)は、2020年11月6日より、中小・小規模企業向けに「企業型選択制確定拠出年金(401k)」の導入促進キャンペーンを開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/233368/LL_img_233368_1.jpg
“選択制401k”導入促進キャンペーン

「選択制401k」導入促進キャンペーンページ
https://www.ifa-japan.co.jp/lp/401k-campaign-page/


1. 「選択制401k」について
「企業型確定拠出年金(401k)」の中でも、“選択制”は、主に中小・小規模企業が導入しやすい制度です。希望者のみが加入できる制度で、コストも抑えながら導入することが可能です。「人生100年時代」を見据えた上で、社員の老後の資産形成を後押しする有力な制度と言えます。

<加入者(社員)のメリット>
(1)自分で決められる
加入する/しない、また掛け金の額も自分で決めることができます。

(2)掛け金が全額所得控除される
例えば、課税所得500万円、所得税率20%の場合
月2万円(年間24万円)掛金を掛けると、
掛金24万円×20%=48,000円がお得となります。
さらに、翌年の住民税10%分(24,000円)もお得になります。

(3)運用期間中の利益は非課税
通常、利息や運用益にかかる20.315%の税金がかかりません。

(4)受取時にも所得控除が使える
一時金として受け取った場合、退職所得控除が使えます。
例えば、30年加入されていた人であれば、
20年×40万円+10年×70万円=1,500万円まで非課税で受け取れます。

(5)社会保険料の負担も下げられる
確定拠出年金の掛け金は、社会保険料の算定に含まれません。
※ケースによっては、将来の厚生年金、保険金等の受取額が減る場合もあります。

<企業のメリット>
(1)福利厚生制度の充実により、採用率や定着率の向上が望めます。
(2)従業員の「自分年金(退職金)作り」の支援ができます。
(3)社会保険料の企業負担分を軽減できます。


2. 「選択制401k」の解説専用動画
社員にも企業にも大変メリットがある同制度の認知度を高め、理解を深めて頂くために、この度キャンペーン企画として、その「導入目的」に合わせて、「選択制401k」の専用動画を、2つご用意致しました。

動画1「中堅・中小企業のための企業型選択制確定拠出年金」
<導入目的:従業員の福利厚生の拡充>
一つ目は、「従業員の福利厚生」を重視したい中堅・中小企業の経営者向けの動画です。
退職金を大企業並みには用意できない中、従業員の老後の「資産形成」を確実に支援するための内容です。
結果、会社の採用率や定着率の向上、従業員の会社に対するロイヤルティの向上など、“企業の組織力強化”につなげるための制度導入です。

動画2「法人の節税と個人の資産形成のための企業型選択制確定拠出年金」
<導入目的:節税と個人の資産形成>
二つ目は、社長1人の会社や家族経営の同族会社、独立開業の医療法人など、小規模企業の経営者向けの動画です。主に「節税」と「個人の資産形成」を切り口として、解説しています。
節税の切り口で「401k」を語ることはほとんどないと思いますが、一般的に行われている生命保険などを使ったスキームに比べ、コストを掛けずに、キャッシュフローの悪化も防げ、税の繰り延べではなく、確実に個人へ“資産移転”を行うことができます。
そして、税制優遇を受けながら、「個人の資産形成」を行うことができるスキームです。
退職金自体がない小規模事業者、家族経営企業には、“優先順位NO.1”の制度と言えるでしょう。
さらに、法人化していない個人事業者にとっては、実は“法人成り”によって、より大きなメリットがあります。是非、内容を確認してください。

動画はコチラのキャンペーンページからご覧いただけます↓
https://www.ifa-japan.co.jp/lp/401k-campaign-page/


3. 「選択制401k」のモデル運用プラン
「選択制401k」の導入支援にあたって、当社の最も大きな強みは、投資助言会社として、運用モデルプランを加入者に助言していることです。
運営管理機関が取り扱っている30以上の投資信託の中から、5つの「モデル・ポートフォリオ」を構築し、その情報を加入者にご提供しています。また、メールや電話でも、ご相談に応じています。
株式と債券の投資信託を用いた各「ポートフォリオ」の直近10年間の年間収益率は、以下の通りです。

<直近10年間の年平均収益率>
株式投信100%プラン 9.7%
株式投信70%+債券投信30%プラン 6.8%
株式投信50%+債券投信50%プラン 5.0%
株式投信30%+債券投信70%プラン 3.5%
債券投信100%プラン 1.4%

※2020年9月末日の実績をもとに算出しています。過去の実績数値であり、将来の運用を保証するものではありません。詳しい「運用報告書」をご希望の方は、別途お問い合わせください。最新の「ファクトシート(運用報告書)」を送付いたします。

「企業型選択制確定拠出年金(401k)」専用ページはコチラ↓
https://www.ifa-japan.co.jp/lp/401k/


■会社概要
(1)商号 :IFA JAPAN(R)株式会社( https://www.ifa-japan.co.jp/ )
(2)代表者 :代表取締役兼CEO 荒川 雄一
(3)登録番号 :関東財務局長(金商)第486号
(4)加入協会 :一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号:012-02324
(5)加入団体 :東京商工会議所 会員番号 C2679531
(6)本店所在地 :東京都文京区本郷1-25-5 見学ビル3階
(7)設立年月日 :2001年2月
(8)主な事業の内容:企業型選択制確定拠出年金の導入支援並びに運用プランの提供(助言)、
国内外の投資信託・ETF・海外ファンドを用いた
「ポートフォリオ運用」の助言業務、
海外金融商品の情報提供、
投資信託・ETFの診断並びにポートフォリオの提供
(9)資本金 :10,000千円


本資料は当社が作成したプレスリリース用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。本資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更される事があります。本資料は、弊社が信頼性の高いと判断した情報に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。本資料におけるデータ、分析等は、過去の一定期間の実績に基づくものであり、将来の投資成果及び市場環境の変動等を保証もしくは予想するものではありません。詳しい内容につきましてはご照会ください。

情報提供元:@Press
記事名:「社員の資産形成をIFA JAPAN(R)が支援 中小・小規模企業向け「選択制401k」導入促進キャンペーン開始