アプリで撮影、損傷認識と検査結果表示


AIが損傷の範囲を瞬時に認識


損傷箇所を表した車両展開図の自動作成

AI(人工知能)とディープラーニング(深層学習)を組み合わせた先進的な3Dイメージングソリューションを提供するFyusion, Inc.(日本オフィス:東京都千代田区、副社長:蕭 敬和/米国本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO:Radu B. Rusu、以下 Fyusion)は、2020年10月29日(木)に、車両の損傷分析と状態報告を自動化する「Fyusion Inspect」アプリの商品化と、自動車検査市場への参入を発表しました。最先端のALIS AIプラットフォーム上に構築されたFyusion Inspectは、車両の周りをぐるりと歩きながら、スマートフォンで車両の外装を撮影するのみで、ライトフィールド光学と3D画像認識技術に基づいた、正確で一貫性のある車両状態レポートを自動作成します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/232717/LL_img_232717_1.jpg
アプリで撮影、損傷認識と検査結果表示

Fyusion Inspectは、自動車の卸売り、下取り査定、リース期間満了時の検査、およびフリートマネージメント(車両管理)など、車両状態評価を必要とする業務やワークフローに最適です。検査プロセスを簡素化し、より一貫性のある客観的な車両状態レポートの作成を実現でき、現場に派遣・常駐する専門検査員の人件費負担を軽減します。

Fyusion Inspectは、次の主要な機能を提供します。
・損傷検出の基礎情報として使用する3D画像の生成
・スマートフォンで誰でも簡単に撮影できる操作性
・先進的な損傷分析AI
・詳細な車両状態レポートの生成
・高い精度の損傷検出を実現するエンドツーエンドのSaaSソリューション
・アプリケーション開発およびソフトウェア開発キット(SDK)を通して、損傷分析機能を自社ソリューションに統合可能

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/232717/LL_img_232717_2.jpg
AIが損傷の範囲を瞬時に認識

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/232717/LL_img_232717_3.jpg
損傷箇所を表した車両展開図の自動作成

米Fyusion社CEOのRadu B. Rusuは、「Fyusionは、実績のある3Dキャプチャーテクノロジー、人工知能、および統合ツールを組み合わせた、拡張性の高いエンタープライズ向けソフトウェアソリューションを提供する、唯一の企業です。世界最大の自動車卸売企業ならびに自動車小売企業における導入および運用実績を通じて、Fyusionは業界の深い知識と経験を得ており、高度なAI技術を組み合わせることで、最も包括的な製品を備えて、自動車の自動検査市場に参入することができます」と、述べています。

Fyusion Inspectは、人の目で確認する時の動作と同じように、車両を三次元で見ることで、複数の視点から多角的に損傷を認識および分析することができ、二次元の写真画像を用いる従来のソリューションよりも、さらに高い精度の損傷認識を実現します。検査員は、撮影した車両の3D画像を瞬時に閲覧することができ、検査レポート結果も即時に確認することができます。検査員が車両状態レポートを再確認して監査することにより、正確性を向上させることも可能です。

米AutoMobileTechnologies社CEOのPaul Maximov氏は、「人工知能とコンピュータービジョンの技術革新は、自動車業界のあらゆる側面に革命をもたらしています。車両状態レポートも例外ではありません。お客様により良いサービスを提供するために、自動検査プロセスの導入に向けて、最先端をリードするFyusion社と協力して参ります」と、述べています。

詳細については、 https://www.fyusion.com/inspect/ をご覧ください。


■Fyusion社について
AI技術と3Dイメージング技術が融合するこの時代に、企業には消費者の生活や働き方を改善する、計り知れないポテンシャルがあります。Fyusionは、AI技術と3Dイメージング技術を組み合わせた最先端のテクノロジーを企業に提供し、AIと3Dの可能性を広げます。135以上の特許を取得しているFyusionは、自動車業界、車両検査業界、ならびにEコマース業界に焦点を当てた、次世代アプリケーションを開発しています。詳細については、 https://www.fyusion.com/ をご覧ください。


■会社概要
【米国本社】
商号 : Fyusion, Inc.(フュージョン)
代表者 : CEO Radu B. Rusu
所在地 : 555 De Haro Street, Suite 200, San Francisco,
California 94107 U.S.A.
設立 : 2013年
事業内容: 自動車業界・車両検査業界・Eコマース業界向け
AI 3D画像技術の開発・販売
出資企業: New Enterprise Associates、東京大学エッジキャピタルパートナーズ、
NTTドコモ・ベンチャーズ、コロプラネクスト、2020、
Cox Automotive、伊藤忠商事、韓国ロッテ
拠点 : 3拠点(米国本社、日本、韓国)
URL : https://www.fyusion.com/

【日本オフィス】
代表者 : 副社長 蕭 敬和
所在地 : 〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-6 東京倶楽部ビルディング9階


【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
Fyusion 日本オフィス
Tel : 050-6875-0909
E-Mail: https://www.fyusion.com/contact/

情報提供元:@Press
記事名:「Fyusion、自動車の自動検査ソリューション「Fyusion Inspect」を発表