『綴る女-評伝・宮尾登美子』中央公論新社


『櫂』中公文庫



作家・林真理子さんが自身の著作から一冊、自著以外でおすすめの本を一冊紹介するYouTubeチャンネル「マリコ書房」4回目が2020年9月16日に配信されます。
今回取り上げる本は、自著が『綴る女-評伝・宮尾登美子』(中央公論新社)。もう一冊は宮尾登美子著『櫂 』です。
6年前に亡くなったベストセラー作家、宮尾登美子氏に生前かわいがられた林さんが、大好きで何度も読み返したという代表作と、宮尾ワールドの背景を探るべく、故郷・高知に足を運んで丹念に取材して書き上げた評伝についてうかがいました。
「女性が普通に小説を読んでいた時代に読まれた最後の女流作家」と宮尾氏を評する林さんは、生前、宮尾氏本人に「いつか先生の評伝を書きたい」と直訴して快諾されていたことや、女流作家の集まりなどではいつも隅にちんまりとしていた宮尾氏を「ぶりっこ」という瀬戸内寂聴氏のコメントを披露。林さん自身が作家になって間もなく参加した女流作家の集いで、慣れない和装に足がもつれて転んでも一瞥だにされなかったエピソードから、女流作家の厳しい世界について語っています。
また、昭和の遊郭を舞台にした『櫂』など宮尾氏の世界観が令和の今、高知にも日本のどこにも跡形も残っていない寂しさも語っています。
「マリコ書房」宮尾登美子特集、ぜひご覧ください。


画像 : https://newscast.jp/attachments/igLkxcbfKqTtf8g9LPhE.jpg
『綴る女-評伝・宮尾登美子』中央公論新社


画像 : https://newscast.jp/attachments/BuBbXUD4ngy7VEF9FkiK.jpg
『櫂』中公文庫


【林真理子公式YouTubeチャンネル】
チャンネル名:マリコ書房
【第4回配信】
配信日時:2020年9月16日(水)10時公開予定 *今後も週1回の更新を予定


マリコ書房 - 林真理子YouTubeチャンネル : https://www.youtube.com/channel/UCUUABmT1NxSBKcIA4pvfHJQ


画像 : https://newscast.jp/attachments/NvHUP0G1HLloqmrX9U9f.jpg


【林真理子(はやしまりこ)プロフィール】
1954年山梨県生まれ。コピーライターを経て作家活動を始め、82年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』がベストセラーに。86年「最終便に間に合えば」「京都まで」で第九四回直木賞受賞、95年『白蓮れんれん』で第八回柴田錬三郎賞、98年『みんなの秘密』で第三三回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。2018年紫綬褒章受章。2020年5月公益社団法人 日本文藝家協会理事長 に就任。


現在「風と共に去りぬ」を超訳した『私はスカーレット』(小学館文庫)など執筆中。
2020年9月11日(金)~11月23日(月・祝)の期間、山梨県立文学館にて、生い立ちから現在までの作家としての軌跡と、幅広い活動を紹介する初の展覧会「企画展 まるごと林真理子展」開催中!
https://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/exhibition/Hayashi_chiraA4.pdf


情報提供元:@Press
記事名:「転んでも誰も助けてくれなかったー厳しい女流作家の世界を生き抜いた宮尾登美子を語る林真理子