連携イメージ


Save Point_ロゴ


スレッドビュー


ガントチャート

株式会社MUGENUPは、イラストや動画、広告デザインなど、様々なクリエイティブ制作を効率化するクラウド型プロジェクト管理ツール「Save Point」において、新たに「Microsoft Teams」と連携、ビジネスコミュニケーションツール利用率1位(※)のツール上で新着情報を通知し、テレワークやプロジェクト管理の更なる効率化をはかります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/225949/LL_img_225949_1.jpg
連携イメージ

(連携イメージ:左)プロジェクト管理ツール「Save Point」上に新しい投稿がなされると、「新着トレイ」に通知が掲載されます。
(連携イメージ:右)「Save Point」は各種コミュニケーションツールと連携、新しく「Microsoft Teams」上でも新着通知が確認できます。


■新着通知の連携によりプロジェクトのスピードを更に加速
「Save Point」は、制作物のデータ受け渡しやフィードバック、スケジュールや工程の進捗など、ブラウザ上でクリエイティブの制作進行を一元的にとりまとめ、管理コストを大幅に削減するクラウド型プロジェクト管理ツールです。

担当者が関わるプロジェクトに制作物やコメントなど新しい投稿がなされると、これまではメールをはじめ、「Chatwork」「Slack」といったチャットツールにも告知が送られ、一般的なビジネスコミュニケーションをとりながら、同時にクリエイティブ制作における新着情報を確認することができました。

「Microsoft Teams」は、新型コロナウイルスへの感染予防対策としてテレワークの広がりにあわせて、急激に利用者を拡大。株式会社oricon MEが6月から7月にかけて実施した調査(※)によると、「Microsoft Teams」は、ビジネスチャットツールとして利用率1位にのぼっています。

このたび「Save Point」は、「Microsoft Teams」との連携をはかり、ビジネスコミュニケーションとクリエイティブ制作の一体化を推し進め、今まで以上に効率的なプロジェクト管理を実現します。

「Save Point」は、今後も効率的なプロジェクト管理と、クリエイターのテレワークを支援してまいります。

※ 「オリコン顧客満足度(R)調査『テレワーク』に関する利用実態レポートを公開」より引用
https://cs.oricon.co.jp/michitari/article/188/

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/225949/LL_img_225949_2.jpg
Save Point_ロゴ

<「Save Point」とは>
「Save Point」はMUGENUPがサービスを開発・展開するクラウド型プロジェクト管理ツールです。イラストや3DCGなど様々なクリエイティブの納品や監修、コミュニケーション、スケジュールやタスクの管理など、アートディレクションにまつわる様々な業務をブラウザ上で一元管理し、効率的な制作環境を実現します。2019年にはアニメ作品の制作効率化にフォーカスした「Save Point for アニメ」の機能検証を開始しました。
公式URL https://www.savept.com/


<株式会社MUGENUPとは>
株式会社MUGENUP(本社:東京都新宿区、代表取締役:伊藤 勝悟)は世界中のクリエイターをシステムでつなぎ、2Dイラストや3DCG、映像など、多彩なクリエイティブを制作しています。さらにクリエイティブの制作環境も創るべく制作管理ツール「Save Point」の開発・提供を行っている他、次代のクリエイターの育成サポートやオリジナルコンテンツの企画・製作にも取り組んでいます。
公式URL https://mugenup.com/


■「Save Point」および「Save Point for アニメ」に関するお問い合わせ
「Save Point」や「Save Point for アニメ」に関する資料をご希望の方は、以下よりお問い合わせください。
https://www.savept.com/contacts/


■700人が完全リモートワーク MUGENUPのクリエイティブ制作のコツ
原則、全社員在宅勤務を実現。毎月約10,000工程を管理し、月間2,000点以上ものクリエイティブを制作しているMUGENUP。完全リモートワークでクリエイティブを制作してきたコツを公開!
https://www.savept.com/mgn-document-download/


【参考】「Save Point」の主な機能紹介
■やり取りを一覧できるスレッドビュー
制作物ごとのタイムラインをひとつの画面に集約し、大量のコミュニケーションを並行して効率的に実現する「Save Point」のメイン画面のひとつです。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/225949/LL_img_225949_3.png
スレッドビュー

■ガントチャートで進捗を確認
プロジェクト全体の進捗状況を俯瞰して確認できる機能です。詳細を閲覧する時には該当のスレッドにこの画面からワンクリックで遷移できます。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/225949/LL_img_225949_4.png
ガントチャート

■登録した画像を一覧するサムネビュー
お気に入り登録した画像だけをピックアップし、サムネイルで表示します。ラベル機能と組み合わせて重要な制作物を一覧にしたり、過去制作物と制作中のデータを見比べたりすることが可能です。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/225949/LL_img_225949_5.png
サムネビュー

■3Dビューワー
専用のクリエイティブツールや環境がなくても、簡単に3Dデータの内容を閲覧できます。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/225949/LL_img_225949_6.png
3Dビューワー

■ブラウザ上でフィードバック
「Save Point」に投稿された制作物に、テキストなどフィードバックを追記できる機能です。制作物のプレビューから簡単なフィードバックまで「Save Point」上で完結できます。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/225949/LL_img_225949_7.png
ブラウザ上でフィードバック

■動画もブラウザ上でフィードバック
動画をプレビューしながら、気になった個所にコメントや修正指示を手書きできます。テレビ番組のように再生される動画の上にフィードバックを表示できます。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/225949/LL_img_225949_8.png
動画もブラウザ上でフィードバック

※「Save Point」スクリーンショット(素材はサンプルです)

(C) MUGENUP Inc.

情報提供元:@Press
記事名:「クラウド型プロジェクト管理ツール「Save Point」に「Microsoft Teams」が新たに連携し、業務の更なる効率化へ