The TEA-ROOM×瀬戸内リトリート青凪によるアートイベント


瀬戸内リトリート青凪 茶会(1)


瀬戸内リトリート青凪 茶会(2)


瀬戸内リトリート青凪 茶会(3)

株式会社温故知新(所在地:東京都新宿区新宿、代表取締役:松山 知樹)が運営する、安藤 忠雄氏建築の美術館ホテル「瀬戸内リトリート青凪」は、前衛的 茶のアート集団“The TEA-ROOM」とコラボレーションし、ホテル全体を巨大な茶室と見立て繰り広げる、初の宿泊一体型アートイベント「瀬戸内リトリート青凪 茶会」を開催いたします。(イベントURL: https://setouchi-aonagi.com/tea-room/# )瀬戸内の優美な景色と、世界的価値のある安藤 忠雄氏建築とともにこの2日間でしか体験することのできない茶の世界をご堪能いただけます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/225866/LL_img_225866_1.jpg
The TEA-ROOM×瀬戸内リトリート青凪によるアートイベント

【プラン概要】
期間 : 2020年10月16日(金)・17日(土)
料金 : 10月16日(金):1名様50,875円(税込)~
10月17日(土):1名様56,375円(税込)~
含まれるもの: 1泊・イベント参加券・夕食(本プラン限定特別懐石)・朝食
消費税・サービス料
予約ページ : https://secure.reservation.jp/setouchiaonagi/stay_pc/rsv/det_plan.aspx?lang=ja-JP&hi_id=1&smp_id=63


【イベントタイムテーブル】
15:00~16:00 チェックイン
16:30~17:15 水上茶席 濃茶
17:20~17:50 サンセット&ライブパフォーマンス 薄茶・花いけ・書
18:00~19:30 夕食 特別茶懐石
19:45~20:30 ライブパフォーマンス、茶・花いけ・書・DJ・アフターパーティ
08:00~09:30 朝食

※ライブパフォーマンス時は、隣との充分な間隔の確保と換気、フェイスシールド・マスク、手袋着用や定期的なアルコール消毒など、感染症対策を徹底のうえ、実施させていただきます。
※プログラムの内容とタイムテーブルは、予告なく変更となる場合がございます。
※当日は宿泊一体型のアートイベント開催に伴い、通常のホテル営業とは一部異なります。
※イベントのタイムスケジュールに沿ってのご滞在となりますので予めご了承ください。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/225866/LL_img_225866_3.jpeg
瀬戸内リトリート青凪 茶会(2)

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/225866/LL_img_225866_4.jpeg
瀬戸内リトリート青凪 茶会(3)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/225866/LL_img_225866_5.jpeg
瀬戸内リトリート青凪 茶会(4)
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/225866/LL_img_225866_6.jpeg
瀬戸内リトリート青凪 茶会(5)


【The TEA-ROOMとは http://thetearoom.jp/
現代における「茶の湯」のあり方を探求し続けるアート集団。
茶の湯を庭、建築、絵、書、香、華、音、器、食、衣、礼で構成される日本の総合芸術として捉え、茶の湯が持つ文脈を「The TEA-ROOM」ならではの解釈に落とし込み、「千利休がもし現代に生きていたら、一体どんな茶を立てるのか?」をコンセプトに、アート活動を行っています。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/225866/LL_img_225866_7.jpeg
館内(1)
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/225866/LL_img_225866_8.jpeg
館内(2)
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/225866/LL_img_225866_9.jpg
館内(3)

【ホテル概要】
瀬戸内リトリート青凪は、安藤 忠雄氏が建築・設計を手がけた「エリエール美術館」を改装し、2015年に開業した全7室オールスイートのミニマルラグジュアリーホテルです。世界的建築家・安藤 忠雄氏が手がける建築を舞台に、宿泊業の領にとらわれない、アートや文化の発信地としての活動を続けています。2018年、「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」において、5レッドパビリオン(豪華で最高級であるホテル)の最高評価を受賞の他、「ワールドラグジュアリーホテルアワード2019」はじめ、数々の国際賞を受賞しました。

ホテル名称:瀬戸内リトリート青凪
総支配人 :吉成 太一
所在地 :愛媛県松山市柳谷町794-1
TEL :089-977-9500(代表)
部屋数 :7室(全室スイート)
料金 :1泊2食付一人47,250円~(消費税、入湯税別)
アクセス :松山空港から車で50分/JR「松山駅」から車で35分
松山ICより40分/しまなみ海道今治より北条R196経由70分


【株式会社温故知新とは】
「地域の多様性の承継発展、そして豊かな未来の実現」をビジョンに掲げ、ホテル、旅館の運営・プロデュース・コンサルティング企業として2011年2月に創業いたしました。「宿を磨き続ける集団」をミッションに、宿を地域の魅力を発見するショーケース、時には地域のシンボルと捉え、域外資本を還流させて、人と人を繋げることで地域の活性化に貢献しています。創業10年目となる2020年2月には、自社がプロデュース・運営するデスティネーションホテル/リゾートブランド「okcs(オックス)」が誕生。クリエイティビティとユニークな発想と温故知新の精神で、地域の魅力となる光を見つけ、確かな形にして国内外の皆様にお届けします。


【株式会社温故知新 会社概要】
社名 : 株式会社温故知新
代表 : 代表取締役 松山 知樹
本社所在地: 東京都新宿区新宿5-15-14 INBOUND LEAGUE 502号室
URL : https://okcs.co.jp/
設立年 : 2011年2月1日
資本金 : 4,575万円
従業員数 : 100人

情報提供元:@Press
記事名:「安藤 忠雄建築の美術館ホテル×前衛的 茶のアート集団のコラボ ホテル全体が茶室に変わる宿泊一体型アートイベント「瀬戸内リトリート青凪 茶会」を10月16日・17日開催