唐三彩鳳首瓶


青磁鳳凰耳花生


五彩魚藻文壺


1934年開館の美術館本館


陶磁器の名品を大公開!(重要文化財2点等)、絨毯展示も同時開催!


公益財団法人白鶴美術館(神戸市、1934年開館)では、9 月24日(木)から2020年秋季展覧会を開催します。当館には、中国陶磁器の優品が数多く所蔵されています。今回は、その中から、釉薬の色合いをテーマとして重要文化財2点を含む44点を展示し、彩り豊かな陶磁器の世界を紹介します。
また、絨毯専門の美術館である新館でも、染色したパイル糸の彩りに着目してペルシア、アナトリア、コーカサスの絨毯計24点を展示し、その配色構成について紹介します。
会期中には、講演会やワークショップなど、来館者が自由に参加できる各種イベントも開催します。


開催概要


【本館】  「 陶色遊覧 ―taoseyoulan―」
【新館】  「 絨毯十色 ―jyutantoiro―」
■期 間   2020年9月24日(木)~12月13日(日)
■休館日  毎週月曜日 但し、11月23日(祝・月)は開館、11月24日(火)を休館
■開館時間 午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
■入館料  大人:800円/65歳以上・大学・高校生:500円/中・小学生:250円
      (大人、大学・高・中・小学生団体20名以上は2割引)
     ※団体でのご来館は事前にお問い合わせください。


主な展示品



画像 : https://newscast.jp/attachments/4lDSFrHvuvgeYLKtz4Ad.jpg
唐三彩鳳首瓶


唐三彩鳳首瓶
(とうさんさいほうしゅへい)


中国・唐時代
エキゾチックな味わいのある三彩。


画像 : https://newscast.jp/attachments/oLniiq3RvxhXZso01oJU.jpg
青磁鳳凰耳花生


青磁鳳凰耳花生
(せいじほうおうみみはないけ)


中国・南宋時代
深くかつ透明感のある青磁。



画像 : https://newscast.jp/attachments/PW1NVUE1QKnLRtrKpfQj.jpg
五彩魚藻文壺


五彩魚藻文壺
(ごさいぎょそうもんこ)


中国・明時代
彩り豊かで、にぎやかな世界を持つ壺。


【白鶴美術館とは】


「世界的価値のあるコレクションを私蔵するのではなく、ひとりでも多くの方の目に触れてほしい。」
白鶴美術館は、そんな願いを持った嘉納治兵衛(鶴翁・白鶴酒造7代)によって昭和9年(1934年)に開館されました。古美術品500点で出発した当館は現在、国宝2件(75点)、重要文化財22件(39点)を含む約1450点以上の作品を所蔵。戦争と空襲、大震災など幾多の苦難を乗り越えて、価値ある古美術品を現在に残しています。


画像 : https://newscast.jp/attachments/TXwX80pi5p0MCiYbg4r5.jpg
1934年開館の美術館本館


展覧会に伴うイベント情報


アート・レクチャー・その1「戦国武将の舶来趣味‐南蛮渡来の染織品‐」
日時:10月25日(日)午後2時から3時30分まで
講師:河上 繁樹 氏(関西学院大学文学部教授)
アート・レクチャー・その2「陶芸家の釉技探訪あれこれ」
日時:11月3日(祝・火)午後2時から3時まで
講師:天坊 昌彦 氏(陶芸家)
アート・レクチャー・その3「立体文化財修復のお仕事」 
日時:11月23日(祝・月)午後2時から3時まで 
講師:田川 新一朗 氏(箭上文化財修復代表)
ア-ト・ト-ク(美術に親しむ会)「唐・宋・明の陶磁器、この一点!」
日時:12月13日(日) 午後1時から3時まで
講師:当館学芸員
スライド解説「60分で名品遊覧」
日時:9月27日(日)、10月18日(日)、11月1日(日)・22日(日)、12月6日(日)
   午後2時から3時まで


アクセス


〒658-0063 神戸市東灘区住吉山手6-1-1 
・阪急御影駅から北東約1km(徒歩約15分)
・無料駐車場あり(大型バスも可)
・阪神御影駅、JR住吉駅から市バス38系統渦森台行「白鶴美術館前」


画像 : https://newscast.jp/attachments/WIDjx0oQErxu2qMHO5e3.jpg
白鶴美術館地図


地図 : https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%B8%82%E6%9D%B1%E7%81%98%E5%8C%BA%E4%BD%8F%E5%90%89%E5%B1%B1%E6%89%8B6-1-1


<新型コロナ感染防止に関するご注意>


*マスクを着用の上、ご入館ください。館内では、他の来館者との距離を1m以上保って頂きますようお願い申し上げます。
*ご入館の際に検温をお願いしております。なお、37.5℃以上の場合は、ご入館をお断りさせて頂きます。あらかじめご了承ください。
*グループ(4人以上)でのご来館は極力お控えください。また団体でのご来館は事前にお問い合わせください。
*同感染症の感染防止および拡大防止のため、休館、展示期間の変更や入館制限などを行う場合がありますので、ご来館前には、当館公式サイト(http://www.hakutsuru-museum.org/exhibition/)もしくは、電話(078-851-6001)にて最新の開館状況をご確認ください。
*「兵庫県新型コロナ追跡システム」(https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk39/covid19_chase02.html)を導入しています。






2020年白鶴美術館秋季展チラシ.pdf


: https://newscast.jp/attachments/4liVo5JflBaUssOLhjS4.pdf








20200903NR白鶴美術館 秋季展.pdf


: https://newscast.jp/attachments/vXAwdRw2vcNJfvKVorkQ.pdf


情報提供元:@Press
記事名:「白鶴美術館2020年秋季展開催