画像 : https://newscast.jp/attachments/ox7cjHivYrLOQDoblKVZ.png


メディアプラットフォームnoteで、慶應義塾大学SFC総合政策学部教授・井庭 崇さんが連載した「大変な状況のなかでの暮らしのヒント」が、晶文社から9月29日(火)に『コロナの時代の暮らしのヒント』として発売されます。さまざまな分野のコツを集め分析・研究してきたプロフェッショナルが、コロナ禍のなかでの暮らしをよりよくするヒントを、独自の手法でまとめました。本書は、連載内容の加筆修正、大幅に書き下ろしも加え構成されています。
「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。


『コロナの時代の暮らしのヒント』


コロナの時代の暮らしのヒント | 井庭崇 |本 | 通販 | Amazon : https://www.amazon.co.jp/dp/4794971915/


生活、学び、仕事に子育て


不安に揺れる日々を


いつか思い出になるような


かけがえのないものにする32の知恵


いま、新型コロナウイルス感染症禍で、誰もが大きなストレスや不安を抱えながら暮らしています。この難局を乗り越えるためには、みんなが創意工夫をしながら、自分たちのよりよい暮らし、働き方、学び方をつくっていくしかありません。
そこで、さまざまな分野のコツを集め分析・研究してきたプロフェッショナルである井庭さんが、大変な状況のなかでの暮らしをよりよくするヒントを、独自の手法でまとめました。
生活、学び、仕事、子育てなど、ひとつひとつの知恵・工夫は、シンプルで簡単なものばかり。お子さんがいる家庭にも、一人暮らしの方にも役立つ32のヒント。みなさんの暮らしをよりよくするための参考になりますように。


著者・井庭崇さん


1974年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部教授。博士(政策・メディア)。慶應義塾大学クリエイティブ・ラーニング・ラボ代表、株式会社クリエイティブシフト代表、パターン・ランゲージの国際学術機関 The Hillside Group 理事、および、一般社団法人みつかる+わかる理事。専門は、創造実践学、パターン・ランゲージ。情報社会の次の社会ヴィジョンとして「創造社会」を掲げ、一人ひとりが日常的な創造性を発揮しながら「ナチュラルにクリエイティブに生きる」ことを支援する実践研究に取り組んでいる。note:[https://note.com/iba]{https://note.com/iba} Twitter:[@takashiiba]{https://twitter.com/takashiiba}


著者・井庭崇さんのコメント


多くの人が、緊急事態宣言下での不自由な生活を余儀なくされているなか、自分に何ができるだろうと考え、これまで研究してきた暮らし・仕事・教育の知恵が活かせるのではと思いました。
自分自身の生活のなかで参考になった工夫やコツについて、毎日1本ずつ書いていきました。僕は連載が苦手で続きにくいのですが、今まさに多くの人が必要としているという意識と反響、そしてnoteの「〇日連続の投稿!」という表示に元気づけられながら、なんとか続けることができました。
書籍版には新しくかわいいイラストが入ります。ぜひ本書をヒントに、少しでも幸せな日々を過ごしていただければと思います。


書誌情報


画像 : https://newscast.jp/attachments/UiYJrgRsMs0t2YSmKmdH.jpg


書名:コロナの時代の暮らしのヒント
著者:井庭 崇
発行:晶文社
予価:1,629円
ISBN-10:4794971915
ISBN-13:978-4794971913
判型:単行本
頁数:272頁


note


noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。
個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約870万件の作品が誕生。月間アクティブユーザー数は6,300万(2020年5月時点)に達しています。
iOSアプリ :https://itunes.apple.com/jp/app/note-noto/id906581110
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.note


note株式会社


わたしたちは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。多彩なクリエイターや出版社と連携しているコンテンツ配信サイト・cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階 
設立日:2011年12月8日 
代表取締役CEO:加藤貞顕 
コーポレートサイト:https://note.jp


情報提供元:@Press
記事名:「大学教授がコロナ禍の暮らしのコツや知恵をつづったnoteが書籍化!『コロナの時代の暮らしのヒント』9月29日発売