Java講座


画像 : https://newscast.jp/attachments/KqCNw5O3XJjalPjG0rGo.jpg
Java講座


Javaはその汎用性の高さから人気を集めている言語です。スマートフォン用アプリケーションやクラウド型の業務システム、注目のAI(人工知能)にも用いられるなど世界中で開発に利用されています。また、ディープラーニングやFintechといった最新分野へも活用の幅が広がると言われています。この講座では、Javaのプログラミングの基礎から、顧客管理システムやファイル共有システム、さらにはセキュリティに特化したログイン認証機能を持つ大規模なWebシステムの開発まで学び、即戦力のJavaプログラマーを目指すことができます。
▼Java講座の詳細ページ
https://www.internetacademy.jp/course/programming/chair_java.html


講座内容


■目次
1.型と演算子
2.制御構造とメソッド
3.クラスとオブジェクトの仕組み
4.オブジェクト指向
5.例外ファイルI/O、文字列操作
6.データ構造、マルチスレッド
7.Webシステム
8.JSF
9.例外ファイルI/O、文字列操作
10.エンタープライズJavaBeansとJPAによるデータベース処理
11.Webアプリケーションと応用機能1
12.Webアプリケーションと応用機能2
■受講時間
65時間
■受講料(税抜き)
¥324,000
■受講スタイル
通学もオンラインも対応OK!
■講座詳細ページ
https://www.internetacademy.jp/course/programming/chair_java.html
■お問合せ
電話番号:03-3341-3781
無料カウンセリング・個別相談のご予約:
https://www.internetacademy.jp/lesson/


インターネット・アカデミーについて


インターネット・アカデミーは日本で初めてのWeb専門校として、1995年9月に開校しました。以来、母体がWeb制作会社であるという強みと、トライアングルビジネスモデルに基づいたグループ企業との連携を活かし、即戦力となる人材の育成に取り組んでいます。また、2000年にWeb技術の標準化を行う世界最高位の団体「W3C(World Wide Web Consortium)」のメンバーとして日本の教育機関で初めて認定を受け、世界的な最先端技術の普及活動にも貢献しています。
 現在は、その活動の場を日本のみならず世界的に展開し、アメリカはボストンとニューヨーク、そしてインドのIT都市であるバンガロールに研究開発拠点を設立。人材育成はもちろん、WebアプリケーションやVRコンテンツ、システム開発の受注制作など、ITに関する幅広いサポートビジネスをグローバルに展開することで、各国の企業ニーズやビジネスノウハウを共有し、さらにその情報をもとにカリキュラム開発などの教育事業に活かしています。


会社概要


学校名:インターネット・アカデミー
学校長:大岡和雄
顧問 :一色正男
神奈川工科大学 創造工学部 教授、W3C/Keio元サイトマネージャ、経産省管轄のJSCA、
スマートハウス研究センター所長、スマートハウス・ビル標準・事業促進等検討会 HEMSタスクフォース座長
所在地:
【渋谷本校】東京都渋谷区桜丘20-1 渋谷インフォスタワー5 階
【新宿校】東京都新宿区新宿2-5-15 新宿山興ビル2 階
【米国ニューヨーク支社】568 Broadway, 11th Floor, New York, NY, USA
【米国ボストンラボ】One Broadway, 14th Floor, Cambridge, MA, USA
【インド バンガロール校】No 979, 1st Floor, Keerthi's CLOUD9,1st A Cross, S.T. Bed Layout,Koramangala 4th Block,Bengaluru 560034
社名: インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社
設立: 1995(平成7)年9月12日
TEL:03-3341-3781
URL: https://www.internetacademy.jp/


情報提供元:@Press
記事名:「【プログラミングを学びたい方へ】Javaを学び、コロナ禍でも手に職つけよう!