歯科恐怖症でも口元を美しく


歯医者が怖い、苦手なあなたへ


ゼロ歳からの予防歯科


YouTubeでの情報発信

この度、「一般社団法人 歯科恐怖症学会」(所在地:東京都渋谷区、代表:渡邊 マリコ)が2020年9月2日に設立されましたことをお知らせいたします。あわせて歯科恐怖症患者向けに、歯科医院マッチングと情報発信のサイトも開設いたしました。
http://shikakyoufushogakkai.com
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/225154/LL_img_225154_1.jpg
歯科恐怖症でも口元を美しく

【設立の背景】
昨今、歯科医院での虫歯や歯周病に対する治療技術や用いる歯科材料はとても向上しています。
しかしながら、本学会の根幹となる歯科恐怖症患者に対する歯科治療への研究・検討は不十分であったように思います。

歯科恐怖症の臨床的な定義実態は明らかでないのですが、歯科恐怖症患者は全国に500万人いるとも言われています。割合で言うと、20人に1人くらいです。

嘔吐反射や顔面蒼白になる、血圧が上がる、パニック障害等の精神疾患のようなレベルから、歯医者に行くのが嫌だ、苦手だ、できれば行きたくないというレベルまで、歯科恐怖症と呼べる患者さんはたくさんいます。

歯科恐怖症の方は、過去の歯科治療によるトラウマ等がきっかけになり、虫歯になっても歯科医院への受診をためらってしまうため、簡単には受診ができず、口腔内が崩壊している場合も多々あります。

歯科恐怖症患者の治療には、笑気麻酔や静脈内鎮静法などの特別な方法により行うこともできますが、それ以上に大切なのは、患者さんとの適切なコミュニケーションです。ほんの少しの配慮によりリラックスできたり、治療ができやすくなることも多いです。

このような歯科恐怖症患者への治療方法や配慮を、大学病院の特別な診療科で長年学んできて、かつ、開業医として多数の歯科恐怖症患者への治療を進め、また、現場やオドントフォビア研究会という歯科恐怖症治療の勉強会の中で歯科医師や歯科衛生士に指導してきた経験を、さらに多くの歯科医療者に伝えていくべく、この度、一般社団法人 歯科恐怖症学会を2020年9月2日に設立することにしました。

既存の学会とは違い、本学会は医療者向けよりも患者向けの学会となっていること、YouTubeやブログなどのインターネットを使った情報発信に注力していることが特徴となっています。

今後、認定医や学会推奨クリニックを増やし、少しでも歯科恐怖症患者さんの歯科難民を減らすべく活動していきます。


【法人概要】
名称 : 一般社団法人 歯科恐怖症学会
所在地 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-23-2-2F
代表 : 渡邊 マリコ
設立日 : 2020年9月2日
事業内容: 歯科恐怖症患者への情報発信と歯科医院マッチング、
歯科医療者向けのセミナー開催
URL : http://shikakyoufushogakkai.com

情報提供元:@Press
記事名:「“歯科恐怖症”患者数は全国で500万人!?「一般社団法人 歯科恐怖症学会」設立のお知らせ