画像 : https://newscast.jp/attachments/taSGDEQyydScWrsdzSuE.jpg


富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術で卓越した画質を実現するデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズのラインアップとして、世界で初めて*1、開放F値1.0の明るさを実現しオートフォーカス(AF)機能を搭載した「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」(以下、「XF50mmF1.0 R WR」)を2020年9月24日に発売します。
「XF50mmF1.0 R WR」は、50mm(35mm判換算:76mm相当)の焦点距離を備えた大口径中望遠単焦点レンズです。開放F値1.0の明るさを活かし、なめらかで美しいボケ味を実現。高性能なAFにより素早く正確にピントを合わせることもできるため、被写体を際立たせたハイクオリティなポートレート撮影などをお楽しみいただけます。なお、「XF50mmF1.0 R WR」は、「Xシリーズ」用交換レンズの35本目となるレンズです。
*1 ミラーレスデジタルカメラ用交換レンズとして。2020年9月3日時点。当社調べ。
◆詳細はWebページをご覧ください。
https://www.fujifilm.com/jp/ja/news/list/5304?link=atp
「XF50mmF1.0 R WR」は、大口径レンズの採用などにより、当社デジタルカメラ用交換レンズ史上最も明るい開放F値1.0を実現した単焦点レンズです。高度な光学技術により球面収差をコントロールすることで、なめらかで美しいボケ味を活かした写真撮影が可能です。さらに、素早く正確なピント合わせが可能なAF機能を搭載。被写体の一瞬の表情もとらえることができるため、ハイクオリティなポートレート撮影を実現します。また、小型軽量な「Xマウントシステム」*2を活かした設計により、開放F値1.0の極めて明るいレンズながら質量845g・全長103.5mmに抑え、優れた携帯性を発揮。防塵・防滴・-10℃の耐低温構造も実現するなど、高い実用性を備えています。
富士フイルムは、「XF50mmF1.0 R WR」を加えた豊富なレンズラインアップで、幅広い撮影領域をカバーし、「Xシリーズ」で撮影する悦びを提供していきます。
*2 APS-Cサイズセンサー搭載のミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」で採用している、「Xマウント」を使ったシステムのこと。
------------------------------------------------------------------------------------
富士フイルム お知らせ一覧
  ⇒ https://www.fujifilm.com/jp/ja/news/list?link=atp
富士フイルム株式会社
  ⇒ https://www.fujifilm.com/jp/ja?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。


情報提供元:@Press
記事名:「大口径中望遠単焦点レンズ「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」新発売