“WeSearch”を8月25日よりリリース


画像 : https://newscast.jp/attachments/7luycCjE5lABvhI2DtkV.png


株式会社ACD(本社:東京都江東区、代表取締役:古居 弘道、以下ACD ) は、サブスクリプションでWeChatミニプログラム開発ができる“WeSearch”を2020年8月25日より提供開始致します。
近年、日本でも注目を浴び、スーパーアプリと呼ばれているWeChatミニプログラム開発が月額39,800円~のサブスクリプションモデルで提供が可能になりました。
13業種に対応した高機能テンプレートにより、
インバウンド(旅ナカ)はもちろん、中国現地(旅マエ)と越境EC(旅アト)など各場面に応じたミニプログラム構築が可能な為、『より中国人の顧客層を広げたい』、『テスト的に中国市場に進出してみたい』など幅広いご要望にも対応する事が出来ます。


▼WeSearch説明動画


https://www.youtube.com/watch?v=9FAWgDOFD2c&t
中国では他国のWEBやSNSの情報がグレートファイヤーウォールによって遮断・制限されているので、日本からのホームページで中国語発信しても中国からは閲覧する事が出来ませんし、WeChatミニプログラムを一から要件定義し開発した場合は少なくとも300万円以上はかかってしまうので、テストマーケティングとしてはリスクを伴う金額になってしまいます。
WeSearchの特徴である以下3点により、
中国進出における課題を全てクリアし、ミニプログラム月間ユーザー数の8億人以上にリーチできる可能性が出てきます。
1. 月額39,800円~でWechatミニプログラムの構築が可能!
2. 画像とサービス文などのご準備を頂ければ約1ヶ月でリリース可能!
3. ネイティブ翻訳付きなので、日本語の情報だけでOK!
現在、中国ではWebや一般的なダウンロード型のアプリを閲覧している時間よりも、ダウンロード不要!会員登録不要!アプリ同士がリンクできる!ミニプログラムを利用している時間の方が圧倒的に多くなっており、ミニプログラムを利用する事はもはや中国ではあたりまえの習慣です。
また、中国国内の旅行は回復傾向にありますが、しばらくは渡航制限が解除されないので、海外旅行への欲求が非常に高まっている状態にあります。
コロナの影響でインバウンドは大きな打撃を受けましたが、必ず揺り戻しは来ますので、今こそ中国向けの準備を行ってみてはいかがでしょうか?


■お知らせ


2020年8月28日に株式会社Fun Japan Communicationsと「Withコロナ時代のアジア向けデジタルマーケティング」のWebセミナーを実施致しますのでご興味のある方は是非ご参加下さい。
詳細URL:https://fj-com.co.jp/seminar/3283/


■会社概要


商号: 株式会社ACD
代表者: 代表取締役 古居 弘道
所在地: 〒135-8527 東京都江東区辰巳3-9-27 OCS東京スカイゲート7階
設立: 2016年3月
URL: https://www.wesearch.jp/#/home


■本件に関するお問い合わせ先


担当者名:松本
TEL:03-4218-2216
Email:info@wesearch.jp


情報提供元:@Press
記事名:「アフターコロナ対策としてスーパーアプリで中国へ情報発信!