「営業部門」の研修プログラム


ビズアップ総研、会社ロゴ


専門職研修のパンフレットイメージ


アセスメントレポートシステムの導入

株式会社ビズアップ総研(本社:東京都港区、代表取締役:吉岡 高広、以下 当社)は、オンライン研修サービス「e-JINZAI for business」について、高い専門的能力を持った高度専門職業人を育成する研修コース「専門職研修」を追加し、2020年9月1日からサービスの提供を開始いたました。

追加コンテンツは「営業」「人事」「経理」「法務」「総務」「企画・マーケティング」の6部門に特化した内容となっており、いずれも各業界のスペシャリスト講師陣による研修動画を提供いたします。
また、このたび新規1,400本超のコンテンツを追加したことで、国内最大級の研修コンテンツ群となりました。今後も研修サービスを充実させていき社員研修・人材育成を支援していきます。

「e-JINZAI for business」
https://www.jinzaikaihatsu.com/


【提供の背景】
現在、研修サービス市場では新卒・新人を対象にしたものが多くありますが、一方で「専門性の高い講座」「高度スキルの習得」という、中堅・ベテラン・経営層を対象にしたコンテンツも強く求められています。今後、さらに社会・経済のグローバル化が進む中で、これからの企業が勝ち続けていくには、高い専門的能力を持った高度専門職業人を育成していく必要があります。そこで当社は、各部門における専門家・有識者の協力を得て、人材育成と研修効果測定のスタンダードセオリーに基づき「ハイパフォーマンスな人材・組織・企業」を創出することができる画期的な専門職研修シリーズ「専門職研修」を、当社オンライン研修サービス「e-JINZAI for business」に追加いたしました。


【「専門職研修」のサービス概要】
<特長>
一般企業の6大部門に求められる専門知識・スキルを階層別に網羅した「専門職研修プログラム」と、学習した内容を職場で実践しパフォーマンスとして成果を出すことができる「研修アセスメントレポート」を用いることで、社員のキャリアステージに応じた「長期的な計画」に基づく「体系立った」人材育成や組織開発を「継続的に」行うことができます。この専門職研修を通し、社員が「研修で学習したことを活用することが重要なんだ!」と意識し始めることで、学んだことを日々職場で活かし成果につなげる「社員の能力開発文化」を“社内に定着”させることが可能になります。

・6大部門「営業」「人事」「経理」「法務」「総務」「企画・マーケティング」に特化
・研修コンテンツを「トップ・マネジメント(経営幹部)」「ミドル・マネジメント(管理職)」「ローワー・マネジメント(職場リーダー)」の3つのレベルごとに、学べるスキルも「テクニカルスキル(業務遂行能力)」「ヒューマンスキル(対人関係能力)」「コンセプチュアルスキル(概念化能力)」の3つに分けられています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/224911/LL_img_224911_1.png
「営業部門」の研修プログラム

<新規コンテンツ>
営業部門340本超、人事部門150本超、経理部門400本超、総務部門160本超、法務部門170本超、企画・マーケティング部門250本超。

<詳細・申込>
http://www.jinzaikaihatsu.com/learning/


■会社概要
商号 : 株式会社ビズアップ総研
(英文表記:Bizup Research Institute Inc.)
代表者: 代表取締役 吉岡 高広
所在地: 〒105-7110 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター10F
設立 : 1998年10月
資本金: 3億7,600万円
URL : https://www.bmc-net.jp/


【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社ビズアップ総研
Tel:03-3569-0968

情報提供元:@Press
記事名:「ビズアップ総研|オンライン研修システム「e-JINZAI for business」に新たに1,400本超のコンテンツが追加2020年9月より「専門職研修」サービス提供を開始