ヘルスケア・プラットフォーム「tec-b」


社員、企業、産業医がつながる


主な機能


導入メリット

Apple WatchとiPhoneを活用した、産業医、企業、社員の三者をつなぐアプリベースの健康管理サービス「tec-b(テックビー)」を開発するテックビー株式会社(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:今矢 賢一)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2020年9月9日(水)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。
※本案件は新株予約権のお取り扱いになります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/224730/LL_img_224730_1.jpg
ヘルスケア・プラットフォーム「tec-b」

【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/159


■当社プロジェクトと株式投資型クラウドファンディング実施目的について
<日本のどの企業も、普段の健康状態を能動的に把握し、体に良い行動を習慣化させるために>

テックビー株式会社は日本の労働生産性が先進7カ国(G7)の中でも下層に位置し続けていることに課題意識を感じ、日本人の健康意識を改善させることを目的として事業を始めました。「tec-b」では、会社用のApple WatchとiPhoneに専用のアプリをインストールして、日々の健康状態をモニタリングすることができます。今月2020年9月にはβ版リリースを予定していますが、来年2021年の正式リリースを目指し、2020年9月2日より株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。当社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2020年9月9日~2020年9月11日、上限とする募集額は28,080,000円(1口9万、1人5口まで)です。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/224730/LL_img_224730_2.jpg
社員、企業、産業医がつながる

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/224730/LL_img_224730_3.jpg
主な機能

テックビー株式会社の強みは、AppleとSoftBankの2社より多大な協力を頂いている点です。「tec-b」の開発にあたり、Appleが提供するCareKitなど公式の開発環境を採用することで、UI・UXに優れたアプリに仕上がっており、また当社はSoftBankの代理店として法人様向けにiPhoneを提案することが可能です。健康経営を実施するために、どの企業でも使いやすい端末としてiPhoneとApple Watchを組み合わせることで、どの企業にも無理なく導入していただける仕組みが実現しました。
今後はオンライン診療システム、AIを活用した自動診断などのサービスも提供して相乗効果を発揮させ、企業の成長を目指します。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/224730/LL_img_224730_4.png
導入メリット

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/224730/LL_img_224730_5.png
画面イメージ


■会社概要
会社名 : テックビー株式会社
所在地 : 東京都世田谷区等々力6-23-20-2A
代表 : 代表取締役 今矢 賢一
設立 : 2019年6月
事業内容: 健康管理サービス「tec-b」の開発・販売
URL : https://tec-b.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「企業と働く人の健康資産と生産性向上を図るテックビー株式会社が株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」の投資申込み受付を9月9日より開始