アラガン・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:スザナ・ムルテイラ)は、このたびヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダームビスタ(R) ボラックス XC」(医療機器承認番号:30200BZX00254000)について、成人の方の、顔面におけるボリューム回復及びボリューム増大を目的に、皮下又は骨膜上深部へ注入(なお、口唇、眉間、及び眼窩周囲への使用は本品の適応には含まれない。)する製材として、厚生労働省より2020年8月4日に製造販売承認を取得いたしました。


【「ジュビダームビスタ(R) ボラックス XC」の特長】
当社は、ヒアルロン酸使用軟組織注入材である「ジュビダームビスタ(R)」HYLACROSS(TM)※1 シリーズの製造販売を初めに、2016年12月から「ジュビダームビスタ(R)」VYCROSS(R)※2 シリーズである「ボリューマ XC」、2018年8月から「ボリフト XC」、2019年6月から「ボルベラ XC」を販売してまいりました。

この度承認を取得した「ジュビダームビスタ(R)」VYCROSS(R)シリーズである「ジュビダームビスタ(R) ボラックス XC」は、顔面におけるボリューム回復及びボリューム増大をすることが可能であり、他の製品と組み合わせて使用することで、顔全体の老化現象を改善することのできる製材です。

本製品は、日本と同様の医薬品・医療機器の承認制度を有するEUやカナダ等で承認されております。
「ジュビダームビスタ(R) ボラックス XC」は、2020年8月31日時点、販売に向けた準備を行っておりますので、販売開始時期につきましては改めてご案内申し上げます。


【アラガン・ジャパン株式会社の想い】
アラガン・ジャパンは、美容医療において厚生労働省の製造販売承認を得た製品を患者さんにお届けすることで、科学的な根拠に基づいた美容医療の発展に貢献してまいります。
これからも、当社は患者さん一人ひとりの「健康」と「生涯」に寄り添い、人生の可能性を最大限に実現することをサポートする「ヘルスケア・パートナー・カンパニー」を目指してまいります。


(※1)HYLACROSS(TM):当社「ジュビダームビスタ(R) ウルトラ/同ウルトラ XC/同ウルトラ プラス/同ウルトラ プラス XC」に用いられている高分子ヒアルロン酸の技術。ヒアルロン酸に架橋剤を添加することで製品の効果を長く持続させることを目的としています。

(※2)VYCROSS(R):当社「ジュビダームビスタ(R) ボリューマ XC/同ボリフト XC/同ボルベラ XC」に用いられている技術。高分子と低分子のヒアルロン酸を含むことが特徴。添加する架橋剤の高効率が期待でき、長期持続性・適切なリフト力・低吸収性などの特性に寄与します。


【アラガン・ジャパン株式会社について】
アラガン・ジャパンは、眼科、神経科、皮膚科、美容医療、形成外科、乳腺外科、泌尿器科、消化器科、婦人科などの多岐にわたる領域で有力製品を抱えるグローバルヘルスケア・カンパニーの日本法人です。アラガンは、設立から60年余にわたり、革新的で有意義な治療を提供し、世界100ヶ国以上において、患者さんと医療従事者の皆さんに最先端の医療をお届けしています。日本では現在、美容医療領域、そして乳がんの患者さんのための乳房再建の分野に特化して、厚生労働省から製造販売承認を取得した製品を提供しています。

美容医療の分野においては、「ボトックスビスタ(R)」をはじめ、ヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダームビスタ(R)」シリーズや睫毛(まつ毛)貧毛症治療薬「グラッシュビスタ(R)」、ボディ・コントゥアリング治療機器「クールスカルプティング(R)」など、各領域において日本初の製造販売承認を取得した製品を提供しており、患者さんが安心して受けることのできる美容医療の普及に努めるとともに、「自分らしくありたい」と願う患者さんを応援しています。


【会社概要】
商号 : アラガン・ジャパン株式会社
代表者: 代表取締役社長 スザナ・ムルテイラ
所在地: 〒150-6035
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー35F
URL : アラガン・ジャパン株式会社 https://www.allergan.jp/ja-jp/home
アラガン グローバル本社 https://www.allergan.com/home

(C)2018 Allergan. (R)marks owned by Allergan.


<本資料に関するお問合せ>
お客様相談窓口
TEL:0120-404-100(9:00~15:00/土日祝日及び当社休業日を除く)

情報提供元:@Press
記事名:「アラガン・ジャパンは、ヒアルロン酸使用 軟組織注入材を開発 日本での製造販売承認を、2020年8月4日に取得