組込みソフトウェア開発者へPALMiCE4


SPI信号の波形表示(PALMiCE4 Model-T)


命令トレースと信号波形を同時に表示(PALMiCE4 Model-T)


PALMiCE4 Model-T(パームアイスフォー)

株式会社コンピューテックス(代表取締役:山田 登、本社所在地:京都府京都市東山区、以下 コンピューテックス)は、JTAGエミュレータPALMiCE4 Model-Tにロジック・アナライザ機能を搭載し、ソフトウェアとハードウェアの両面からデバッグを支援するツールをリリースしました。PALMiCE4 Model-Tのユーザにはソフトウェアのバージョンアップでこの機能が提供されます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/224121/LL_img_224121_1.png
組込みソフトウェア開発者へPALMiCE4

【製品の背景】
組込みシステムのソフトウェア開発は、ソフトウェアのデバッグだけではなく、ハードウェアに関連する問題を扱わなければならないことがあります。一般にソフト開発者はハードウェアに起因するバグを立証するのが難しく、その調査のために掛かる工数も無視できるものではありません。また、周辺機器の制御プログラムが正しく動作しない場合でも、ソフト開発者自身で信号波形が確認できれば、問題点をいち早く発見し、解決できるケースも少なくありません。しかし、ソフト開発者にとってオシロスコープやロジック・アナライザは、知識と経験がないと使いこなすのが難しい測定機器です。
コンピューテックスはこの点に着目し、ソフト開発者でも簡単に使えるロジック・アナライザをJTAGエミュレータに搭載しました。普段デバッグに使用しているJTAGエミュレータで信号波形が確認できるため、気軽にロジック・アナライザの機能を使用することができます。


【製品の特長】
JTAGエミュレータとの組み合わせによって、ソフトウェアのデバッグと信号変化の確認を1台で行うことが可能となり、通常のロジック・アナライザを使用するのに比べて効率の良いデバッグが可能です。プログラムの実行と停止に合わせて、信号波形を取得することができますので、例えば、ペリフェラルのクロック発振を確認することや、SPI通信の信号変化、GPIOへの出力などの確認が簡単に行えます。
さらに、トレース機能を使用して、プログラムの実行履歴と信号波形を同時に取り込むことができますので、プログラムの動作と信号変化の関連性を確認することが可能になります。


【PALMiCE4とは】
PALMiCE4は高機能なデバッグ機能を搭載したJTAGエミュレータで、トレース機能を搭載したModel-Tとトレース機能が無いModel-Jの2つのモデルがあります。ロジック・アナライザの機能はModel-Tに搭載されている4GBの大容量トレース・メモリを利用して実現されています。Model-Tにはアナライザ・プローブが付属していますので、このプローブを使って波形を確認したいターゲットの信号ピンをクリップします。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/224121/LL_img_224121_4.png
PALMiCE4 Model-T(パームアイスフォー)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/224121/LL_img_224121_5.png
アナライザ・プローブ
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/224121/LL_img_224121_6.png
接続イメージ(ロジック・アナライザ機能使用時)

■ロジック・アナライザ機能の特長
・ 最大200MHzサンプリングのデジタル波形表示が可能
・ 4チャンネルのクリップ式アナライザ・プローブが付属
・ ソフトウェアの動作と信号の変化を同時に確認可能
・ 命令トレースと同時取得またはロジック・アナライザ単独での使用が可能
・ 200MHzサンプリングで40秒間の信号を記録可能(ロジック・アナライザ単独で使用した場合)
・ 2点間の時間測定機能
・ 波形パターンの検索


■価格
・ PALMiCE4-ARM (Model-T): ¥498,000(税抜き)
・ PALMiCE4-CM (Model-T) : ¥298,000(税抜き)
※ PALMiCE4-CMはCortex-Mシリーズ専用の機種です。


■「PALMiCE4」のホームページ
https://www.computex.co.jp/products/palmice4/index.htm


■会社概要
商号 : 株式会社コンピューテックス
本社 : 京都府京都市東山区五条橋東4丁目432-13
代表者 : 代表取締役 山田 登
設立 : 1989年8月
事業内容: マイコン応用製品の開発ツール、
テストツールや組込み製品を中心とした
自社ブランドのソフトウェア、
ハードウェアの企画、開発、製造、販売
URL : https://www.computex.co.jp/

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/224121/LL_img_224121_2.png
SPI信号の波形表示(PALMiCE4 Model-T)

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/224121/LL_img_224121_3.png
命令トレースと信号波形を同時に表示(PALMiCE4 Model-T)

■お問合せ先
株式会社コンピューテックス 営業部
TEL : 075-551-0528
E-mail: sales@computex.co.jp

情報提供元:@Press
記事名:「ソフト開発者向けロジアナ機能を搭載しソフトとハードの両面からデバッグを支援するツールをリリース