サービスの流れ(一例)

翻訳・通訳・ローカライズなどのランゲージサービスを提供する株式会社アイコス(本社:東京都千代田区、代表取締役:石橋 宏之)は、欧州市場で販売活動を行う国内医療機器メーカー、およびその関連企業が取り組む欧州医療機器規則(以下、MDR)の新ガイドラインへの対応を支援することを目的に、MDR・医療機器翻訳サービスを本格的に開始いたしました。


■本サービスの背景
国内医療機器メーカー、およびその関連企業にとって、MDRへの対応は欧州市場で販売活動を継続するために、喫緊の対応を要する課題となっています。その対応には高度な専門性が要求され、医学や法規制だけでなく、ITや通信、機械などの知識も求められます。関連するドキュメント種類も多く、それを短いスケジュールの中で翻訳、DTP・フォーマット修正までを行う必要があり、非常に多くの労力とコストが生じます。
当社のもつ最適なテクノロジーとワークフロー、適格な翻訳サービスを活かし、お客さまの抱えるご負担を軽減し、スムーズな対応を実現すべく、サービスを開始いたしました。


■アイコスのMDR・医療機器翻訳が選ばれる理由
(1)大量翻訳の豊富な実績
・30名からなる医療機器翻訳専門チーム
・翻訳支援ツール(CATツール)のテクノロジーの活用

(2)徹底したプロジェクトマネジメントとサービス品質
・分野に精通した翻訳者の選定
・経験豊富なプロジェクトマネージャーによる管理
・三重のチェック工程

(3)お客さまのご要望にお応えする柔軟な対応
・短納期対応、および分納対応への柔軟性
・ハイエンドからローエンドまで幅広い価格に対応
・手書きやスキャン画像も含まれるPDFファイルの翻訳対応


■サービスの流れ(一例)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/223991/LL_img_223991_1.jpg
サービスの流れ(一例)

■対応ドキュメント種類(一例)
・取扱説明書(IFU)
・仕様書
・製造手順書
・データシート
・マニュアル
・法規制順守文書
・リスク管理報告書
・ラベル
・ソフトウェア説明書
・添付文書


■無料トライアル翻訳サービス
「事前に翻訳品質を確認したい」というお客さまのために、無料でトライアル翻訳を承ります。ご希望のお客さまはお気軽にご相談ください。
※ 翻訳分量や品質チェック体制の有無など、事前に当社営業担当が確認いたします。

お問い合わせはこちらまで(当社ホームページ)
https://www.icos.co.jp/inquiry/


■株式会社アイコスについて
アイコスは金融情報サービスベンダーである株式会社アイフィスジャパン(東証一部)とのシナジーを活かしつつ、2008年の事業開始以来、国内外の多くのお客様からお取引をいただいております。

会社名 : 株式会社アイコス
代表者 : 代表取締役 石橋 宏之
株主 : 株式会社アイフィスジャパン(東証一部)、100%出資
https://www.ifis.co.jp/
所在地 : 東京都千代田区西神田3-1-6 日本弘道会ビル2階
事業内容: 翻訳サービス、通訳サービス、ローカリゼーションサービス、海外サポート
URL : https://www.icos.co.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「欧州医療機器規則(MDR)に対応した翻訳サービスを開始!1000万文字以上の日英翻訳サービスを提供 新ガイドラインへの対応を支援