OZONEカタログライブラリー 01


OZONEカタログライブラリー 02


OZONEカタログライブラリー 03


OZONEカタログライブラリー 04

東京・西新宿にある住まいづくりの情報センター リビングデザインセンターOZONE(読み:オゾン、運営:東京ガスコミュニケーションズ株式会社)では、建材、家具、住宅設備などの個性豊かな製品のカタログやサンプルを自由に閲覧できる施設「OZONEカタログライブラリー」を3Fにオープンしました。
https://www.ozone.co.jp/space/cataloglibrary/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/223717/LL_img_223717_1.jpg
OZONEカタログライブラリー 01

「OZONEカタログライブラリー」は、住まいの情報を求めるエンド・プロユーザー双方にご活用いただける場です。12のカテゴリーに分けられた建材、家具、住宅設備のカタログやサンプル、書籍が並び、それぞれの製品の特長をご紹介するほか、企画展を開催し、テーマに沿った製品展示なども行います。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/223717/LL_img_223717_2.jpg
OZONEカタログライブラリー 02

■OZONEカタログライブラリーで開催中の企画展
変化するインテリア、進化する暮らし
開催中~12月15日(火)
https://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/964

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/223717/LL_img_223717_4.jpg
OZONEカタログライブラリー 04

2020年春、新型コロナウイルスの感染拡大は、人々の住まいと暮らしに大きな影響をもたらしました。「帰る場所」から「こもる場所」となった住まいは、仕事中の家族との仕切り、長時間座っても疲れない家具の使用、視覚的にも楽しめるユニークなデザインの建材、遮光と採光を両立させる窓廻り、開閉操作しやすい収納や金物など、これまでの住まいを工夫しながら、仕事と生活を両立させるオリジナリティ溢れる過ごし方へと変化しています。
本展では、コロナ以降の住まいの潮流と言える「変化するインテリア」をテーマに掲げ、内装材、建具、窓廻り製品、家具、パーツなど関連製品の実物とサンプルを取り上げながら、これからの暮らしをより豊かなものにするための場を考えます。


■OZONEカタログライブラリー 設計者
宮崎晃吉(みやざきみつよし)/建築家
株式会社HAGI STUDIO 代表取締役
一般社団法人 日本まちやど協会 代表理事
株式会社まちあかり舎 取締役
東京藝術大学 建築科 非常勤講師

プロフィール:
1982年 群馬県前橋市生まれ。
2008年 東京藝術大学大学院修士課程修了後、磯崎新アトリエ勤務。
2011年 独立。建築設計やプロデュースを行うかたわら、自社事業として
東京・谷中を中心エリアとした築古のアパートや住宅を
リノベーションした飲食、宿泊事業を展開。 http://studio.hagiso.jp/

<宮崎晃吉氏が講師を務めるプロ向けセミナー>
「宮崎晃吉の仕事術 建築デザイン・運営デザイン」
https://www.ozone.co.jp/pro/seminar/detail/965


■OZONEカタログライブラリー 概要
OZONEカタログライブラリー
リビングデザインセンター3F
(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー)
10:30~18:30 水曜日定休/祝日を除く
※お問い合わせは代表電話 03-5322-6500から

情報提供元:@Press
記事名:「建材・家具・住宅設備等の製品カタログやサンプルを集積!「OZONEカタログライブラリー」オープン