秋を彩る9種のおはぎつめ合わせ「彩りおはぎ」


木箱に入ったミニおはぎ9種


それぞれのおはぎのこだわりしおり付き


風味豊かな「あずき糀つぶ餡」

川崎大師のおひざもとで68年間和菓子屋を営む菓子匠 末広庵(本社:川崎市川崎区、代表取締役:三藤 哲也)では、秋のお彼岸に最適なミニおはぎのつめ合わせ「彩りおはぎ」を販売致します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/223693/LL_img_223693_1.jpg
秋を彩る9種のおはぎつめ合わせ「彩りおはぎ」

(上段左から「赤しそ」「黄な粉」「黒胡麻」「宇治抹茶」「こし餡」。
下段左から「金ゴマ」「あずき糀つぶ餡」「桜餡」「うぐいす黄な粉」)


【本商品について】
和菓子を普段なかなか食べない若い方やお子さまなど、多くの方に「おはぎの美味しさ」「日本伝統の素材の良さ」を知ってもらいたい。また、目でも楽しみながら季節を感じてもらいたい、そんな想いでこの商品を開発しました。ご年配の方でも食べやすいサイズとなっており、お彼岸のお供えとしてだけでなく、家族や友だちとシェアしながら食べられるおやつや贈り物としてもおすすめです。

■こし餡 :砂糖界の最高峰「鬼ザラ糖」を使用した、なめらかな食感のおはぎです。
■あずき糀つぶ餡:小豆に糀を加えることで、小豆本来の甘さと深みを生みました。
■黄な粉 :香ばしい風味が自慢の黄な粉をたっぷりとまぶしました。
■黒胡麻 :胡麻のコクと香りを残すため挽きたてにこだわりました
■金ゴマ :金ゴマの香ばしいかおりと食感をお楽しみ下さい。
■赤しそ :赤しその塩味が意外にも餡との相性が抜群です。
■宇治抹茶 :文久元年創業の京都山政小山園の抹茶を使用。
■桜餡 :華やかな桜の色合いと風味を最大限に活かしました。
■うぐいす黄な粉:青大豆を煎った色鮮やかで優しい味わい。


【商品詳細】
◆彩りおはぎ
販売価格 :1箱1,350円(税込)
予約期間 :2020年8月15日~2020年9月14日
販売期間 :2020年9月19日~2020年9月25日
(店頭販売・予約販売ともにいたします。)
内容量 :9個入り
(こし餡、あずき糀つぶ餡、黄な粉、黒胡麻、金ゴマ、赤しそ、
宇治抹茶、桜餡、うぐいす黄な粉 各1個ずつ)
外装サイズ :縦約12.5cm 横約12.5cm 高さ4.5cm
※サイズは目安となります
消費期限 :1日(商品お受け取り当日中)
保存方法 :高温多湿を避け常温にて
原材料 :もち米(国産)、小豆生餡、砂糖、小豆、白生餡、
桜加工品(砂糖、水あめ、桜花塩漬、桜葉塩漬、梅酢)、ごま、
大豆、青大豆、桜花塩漬、水あめ、赤しそ加工品、抹茶、麹、
寒天加工品、食塩/トレハロース、コチニール色素、
pH調整剤(クエン酸)、(一部に大豆・ごまを含む)
アレルゲン :大豆・ごま
販売店舗 :本店、江田店、宮前店、すみれが丘店、
マルイファミリー溝口店、ラゾーナ川崎プラザ店

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/223693/LL_img_223693_2.jpg
木箱に入ったミニおはぎ9種

【菓子匠 末広庵とは】
菓子匠 末広庵は川崎大師のお膝もとで1952(昭和27)年に創業した和菓子店です。
創業より川崎大師にちなんだ数多くの商品を販売しており、最近では川崎市制80周年記念事業である「音楽のまち・かわさき」にちなんだ商品の販売もしております。創業の地である川崎への貢献、本物の味を多くの方へ届けたいという想い、そして新たな挑戦を込め、日々新たな価値創造を進めています。


◆会社概要
社名 : 株式会社スエヒロ
屋号 : 菓子匠 末広庵
代表者: 三藤 哲也(ミトウ テツヤ)
所在地: 神奈川県川崎市川崎区東田町3-16
TEL : 044-233-4658
FAX : 044-233-0614
URL : http://www.suehiroan.co.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「9種類のミニおはぎをつめ合わせた“彩りおはぎ”川崎の和菓子店「菓子匠 末広庵」より販売