島根・玉造温泉の小規模な温泉旅館「星野リゾート 界 出雲」は、酒処である地元を再発見するマイクロツーリズム滞在プログラム「地酒のんじょーかね滞在」を2020年9月1日より、提供開始します。「のんじょーかね」とは、「飲んでますか?」という意味の出雲エリアの方言です。このプログラムでは、チェックイン後に客室で、島根県の36種の地酒案内をじっくり読むことから始まります。地元で長年暮らす人にとっても、初めて知るような産地、酒造メーカーや酒蔵の話、お酒にあうつまみについて紹介されており、客室にいながらにして、あちこちの酒蔵をめぐるような気分を味わえます。1泊2日の滞在中に、さまざまな地酒に触れることで、島根県内のお酒から、新たなお気に入りを見つけることができたり、地元の名酒を語ったり、他県の知人におすすめできるようになるマイクロツーリズム滞在プログラムです。


画像 : https://newscast.jp/attachments/mMQDSCt0zYmWbeKQ5qqy.jpg


背景
Withコロナ期における旅のあり方として、界 出雲では、近隣をめぐる小さな旅「マイクロツーリズム」を推進し、さまざまな取り組みを展開しています。その一環として、地元の良さにあらためて触れて愛着を感じたり、新たなお気に入りを見つけたりできる機会の創出を目的に、地元ではおなじみの「日本酒」に注目しました。日本酒発祥の地として、日本有数の酒処として名高い島根とふるさとの酒。よく知っているつもりでも、種類も多く、奥が深いだけに「そげかや」と思わず興味をそそられる話や、試したことのない味わい方などに出会うかもしれません。遠くに行くだけが旅じゃない、身近なところに人生を豊かに彩る楽しみが溢れている、そんな意外性に満ちたワクワクする時間を、温泉旅館で味わうことができます。


内容1 客室や日本酒BARで地酒を呑み比べ


画像 : https://newscast.jp/attachments/FYTjzY4jJUuyr7pp3OdN.jpg


酒蔵や銘柄について書かれた界 出雲スタッフオリジナルの地図や案内文を読みながら、まるで酒蔵めぐりをするような気分の中で、36種類におよぶリストから1泊2日の滞在中に飲み比べたい地酒を選ぶことができます。案内に記載されたQRコードを読み取ると、協力酒蔵からの動画メッセ―ジを視聴もできます。試したい日本酒は電話でオーダーができ、スタッフにより客室に届けられます。プライベートな客室で3密を回避できる環境のもと、安心して日本酒を味わうことができます。また、ご希望のお客様は館内の「日本酒BAR」で同様の飲み比べをすることもできます。


飲み比べセット


画像 : https://newscast.jp/attachments/rBkLKT1R77xaymENYk5m.jpg


時間:20:00~21:45(利用日によって変更が生じることがあります)
料金:3種 1,000円/6種 2,000円(税・サービス料込)
場所:客室および希望者は「日本酒BAR」(当日予約制)


内容2 夕食時に会席料理とのペアリングコースを楽しむ


画像 : https://newscast.jp/attachments/mKsXYQpzPXZf3xXJ2MEZ.jpg


会席料理にあわせた酒をお出しする界 出雲オリジナルのペアリングコースを用意しています。全体で、日本酒を5種類楽しめるように設計しており、料理と一緒に順に提供します。例えば、地元おなじみの“のどぐろ”を使った先付「のどぐろの炙り 生ハム 柚子大根」には、板倉酒造の「天穏 純米大吟醸 佐香錦」を合わせています。米麹の上品な香りと程よい酸味が特徴のお酒が、のどぐろの旨味を引き立て、絶妙なマリアージュを楽しめます。また、秋冬には蟹会席にあわせたペアリングコースも登場します。


■界 出雲オリジナルペアリングコース(季節ごとに内容変更あり)
日本酒 5種セット 2,000円


内容3 感想をコロナ収束後の未来の観光客へ残す


画像 : https://newscast.jp/attachments/UWVEWSInDMRWaX1y4ByN.jpg


日本酒を味わった後は、味や香りの特徴、あわせて楽しみたい料理・おつまみ、自分だけが知っている酒蔵のエピソードなどの感想を書いて残すことができます。コロナ収束後の未来に、遠方から宿を訪れる方々に向けたメッセージとなり、地域をよりよい形で知っていただけるきっかけにしたいと考えております。
【協力酒蔵例】旭日酒造(島根県出雲市)/寺田幸一さん・栄里子さんからのメッセージ


画像 : https://newscast.jp/attachments/seCJgV7BsmB0RdziEcFO.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/wFjr8zfWCuBMKaLGBFQ1.jpg


「創業明治2年。出雲市駅から徒歩5分の町の中の蔵です。まるで呼吸しているかのような大正時代の土壁の蔵で、なるべく木の道具を使い、米や微生物と真摯に向き合う酒造りを行っています。米の持ち味を引き出す自然な造り方を大切にし、江戸時代の頃の生酛造りにも取り組んでいます。喜びを分かち合い、文化を伝承しつつ、様々なご縁も醸していける蔵でありたいと思っています。」


「地酒のんじょーかね滞在」概要
施設  :星野リゾート 界 出雲(島根県・玉造温泉)
期間  :2020年9月1日~2021年3月31日
対象  :宿泊者様限定


<最高水準のコロナ対策宣言>


1 衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
・通常の客室清掃に加え、館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・食事処入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)


2 「3密」回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・食事処の混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時の入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)


詳細:[https://drive.google.com/open?id=1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E]{https://drive.google.com/open?id=1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E}


星野リゾート 界 出雲(島根県・玉造温泉)
神々の国・出雲の玉造温泉に佇む、全室露天風呂付きの宿。美肌の湯と名高い温泉を、お部屋でも存分にお楽しみいただけます。お食事は、しじみや蟹など、旬の食材をふんだんに使った会席料理。美しい日本庭園を眺めながら、茶室で松江の茶の湯文化を感じるのも風流です。出雲大社をはじめ、島根観光の拠点にも最適なロケーションです。
〒699-0201 島根県松江市玉湯町玉造1237/客室数24室
[https://kai-ryokan.jp/izumo/]{https://kai-ryokan.jp/izumo/}


情報提供元:@Press
記事名:「界 出雲 ~温泉旅館で地元の美酒を再発見するマイクロツーリズム~「地酒のんじょーかね滞在」提供開始 期間:2020年9月1日~2021年3月31日