開発中オールジルコニアカトラリー


SUMUディナーシリーズ


SUMUディナーセット


SUMUデザートセット

味を変えない、ジルコニアのスプーン、ナイフ、フォークを製造する株式会社ZIKICOは、ミュージックセキュリティーズのセキュリテ事業部を通じて、クラウドファンディングを実行します。マクアケで行ったTEMO両面計量スプーンのプロジェクト(4月21日~6月3日)に続いて2回目のクラウドファンディングです。集めた資金を使って、オールジルコニアのデザートカトラリーのセットを開発します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/223478/LL_img_223478_1.jpg
開発中オールジルコニアカトラリー

期間 : 2020年8月31日(月)~ 2021年2月28日(日)の6ヶ月間
目標額 : 総額30,015,000円(下記2つのファンドの合計)

1.購入付き: 25,515,000円(出資17,010,000円、購入8,505,000円)
本ファンドへお申込みを頂きますと、1口のお申込み金額45,000円(取扱手数料抜)につき、30,000円(取扱手数料抜)が出資金として、15,000円がZIKICOの製品の購入分として営業者へ支払われます。購入分としてお送りする商品は、以下の3点からお選びいただけます。
(1) ディナーセット×2 =28,000円相当(送料税込)
(2) ディナーセット×1とカトラリーレスト+スパチュラ=24,000円相当(送料税込)
(3) ディナーセット×1とカトラリーレスト+計量スプーン=23,000円相当(送料税込)

2.出資のみ:4,500,000円。
1口に付き「デザートスプーン」(送料税込5,000円相当)を会計期間中に1回お届けします。


■クラウドファンディング・ページ:ミュージックセキュリティーズのWebサイト「セキュリテ」( https://www.securite.jp )にて掲載。
ミュージックセキュリティーズは、他のクラウドファンディング業者と違い、第二種金融商品取引業者の資格を取得しています。その仕組みを利用してZIKICOは、多くの人がジルコニアの良さを日常の中に取り入れる為の活動を推進します。


■ZIKICOとは
『ジルコニア』という素材に特化したプロダクトブランドです。ジルコニアには、「宝石の様な、硬さ。」「金属の様な、しなやかさ。」「磁器の様な、ノンアレルゲン。」という3つの特徴があります。今までのジルコニアを使った製品は、素材特性を活かした医療用のインプラントや、その外観の美しさから腕時計のハウジングや人工ダイヤなどに使われてきました。しかし、その素材特性と外観上の特徴の両方を同時に活かした製品は、ほとんど作られていません。ZIKICOは、ジルコニアの素材特性と審美性の両方の良さを存分に活かした、日常の中で使える道具を作っています。


■会社概要
株式会社ZIKICO(ジキコ)
2007年に、精密樹脂部品製造メーカーにて、ジルコニア加工技術開発チームを結成。2017年にグッドデザイン賞を受賞。2018年にチームで独立起業。手工業デザイナーの大治将典氏とブランド・ディレクション契約を締結。2019年にSUMUカトラリーシリーズを発売し、ドイツのiFデザイン賞、およびイタリアのA’デザイン賞金賞を受賞。ジルコニアという新素材セラミックスを、日用品に使う事で、金属アレルギーなどの金属イオンによる負の影響をなくす商品を開発。世界展開を見据えながら、100年後には新しい伝統工芸にすることを目指しています。


■株式会社ZIKICOの活動
ZIKICOは『ジルコニア』という素材に特化したプロダクトブランドです。ジルコニアは、医療用途に開発された素材で人体親和性が高いのですが、外観の美しさから宝飾品にも使われています。
しかし、難加工材である事から、用途開発が進んでおりませんでした。成形中に製品の表面が荒れてしまい、後でダイヤモンドを使って磨くか、初めから単純形状にして機械加工で削り取るかしかなく、非常に高価な製品か、単純な部品しか製造する事が出来なかった為です。私たちは、それを10年にわたる研究開発により、繊細なデザインにも用いることができる程の製造技術に昇華し、確立しました。

2019年に発表したSUMUシリーズは、先端のジルコニア部分が、予め加工しておいた柄と隙間なく組み合わさらなければなりません。しかしジルコニアは、成形後の焼成工程で30%程度収縮します。ZIKICOの前身は、パソコン用ハードディスクの樹脂部品を製造するプラスチック成型業者における研究部門でした。製造していた製品はプラスチックであるにも拘らず、±30μm以下(1μmは1mmの1,000分の1)の寸法精度が要求されるものでした。その繊細な技術の擦り合わせを製造工程で応用しております。

2020年7月には、TEMO両面計量スプーンを発売します。TEMOは、日常的に使う「手に持つ道具」という思いを込めています。両面計量スプーンですが、置いて量れる形状をジルコニアで作っているので、心地よい重さがあり、液体を入れる際に動きません。また、キャニスターに入れっぱなしでも劣化しません。

現在開発中の商品は、KIYOデザートシリーズです。オールジルコニアの上位モデルです。ジルコニアは収縮が大きく、大きな商品を製造するのが困難ですが、このクラウドファンディングで得た資金を元に開発を行います。SUMUでは柄に樹脂を使用し、組立工程が入ることから、デザインに制約があります。特に海外の方々からは、脱プラスチックの要望もあり、オールジルコニアのニーズがあります。


■ジルコニアには3つの特徴があります。
1.ジルコニアは、ダイヤモンド・ルビーに次ぐ硬さを持った鉱物由来の素材です。
2.ジルコニアは、2種類の結晶を内に秘め、それぞれに異なる性質を持ち、外から加えられる力によって柔軟にそれを変えるので、金属の様な硬さとしなやかさを兼ね揃えています。
3.ジルコニアは、約1400℃の高温で焼結して作られているセラミックスです。焼物の磁器と同様に金属イオンの溶出がまったくなく、人体親和性が高い素材です。

この3つの異なる特性を併せ持つ『ジルコニア』という素材を一言で表すとすれば『清らかさ』だと私達は考えています。

こんなに素晴らしい素材が医療用と宝飾品に限定されているのはもったいない、と思い、ジルコニアで誰もが身近に扱える日用品を作りたい、もっともっと世の中の人にジルコニア・プロダクトを知ってもらいたいとの思いから活動しております。

情報提供元:@Press
記事名:「味を変えないジルコニアのスプーンの株式会社ZIKICO ミュージックセキュリティーズにてクラウドファンディング