飲む、コ酢メ。(左:ザクロ 右:ブルーベリー)


赤酢


黒酢木桶


飲む、コ酢メ。ザクロ

アンドワイ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:東谷 安子)は、日本古来の伝統的醸造法である木桶で発酵熟成したお酢の健康効果・美容効果に着目し、お酢をもっと身近に感じられるよう伝統と新しさを融合した「飲む、コ酢メ。」ザクロとブルーベリーを2020年8月に新発売いたしました。
販売サイト: https://www.shop.andy.co.jp/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/223408/LL_img_223408_1.jpg
飲む、コ酢メ。(左:ザクロ 右:ブルーベリー)

◆「飲む、コ酢メ。」開発の背景◆
一般的なお酢はタンクに人工的に空気を送り込むことで6時間程度ででき上がりますが、木桶製法のお酢は酢酸菌でじっくりと発酵させるので、発酵熟成に最低でも4ヶ月~3年という長い時間がかかります。じっくりと時間をかけることで、まろやかでコクのある深い味わいになり、アミノ酸などの有効成分も熟成されていきます。
ただ、伝統醸造のお酢はコスト面などから近年流通量が少なく、またこういった蔵元は料理に使う食酢の製造がメインで、忙しい生活スタイルに手軽には取り入れ辛いというデメリットもありました。そこで美味しさや飲みやすさ、見た目のスタイリッシュさを追及することで伝統と新しさを融合し、働き世代の20~40代にも身近に感じられる商品に仕上げました。


◆商品特徴~こだわりの厳選素材を使用~◆
伝統製法の醸造酢の深い味わいと栄養成分を最大限生かすため、原材料は「醸造酢(赤酢、米黒酢)、果実・果汁、てん菜糖、オリゴ糖」のみを使用。保存料・着色料・香料などは一切使用していません。

(1) 酒精(エタノール)を使用しない赤酢
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/223408/LL_img_223408_2.jpg
赤酢
純米大吟醸山田錦の酒粕と純米酒を原料とし、市販の多くのお酢に使われている酒精(エタノール)を使用しない吟醸赤酢を使用しています。アルコール濃度の高い酒精を使用することで安定した状態で酢酸発酵を進めることができますが、酒精よりアルコール度数の低い日本酒や酒粕を原料とする発酵は、伝統的なお酢職人の技術が必要とされます。また、原料の酒粕は新酒の酒粕を3年以上寝かせて熟成させた物のみを使用しています。

(2) 360年以上の歴史を持つお酢蔵で醸された米黒酢
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/223408/LL_img_223408_3.jpeg
黒酢木桶
米黒酢は国産玄米のみを原料とし、吉野杉で作られた大木桶で醸造しています。1658年創業の360年以上の歴史を刻む伝統的なお酢蔵です。

(3) 有機ザクロ果汁のみを使用
「飲む、コ酢メ。ザクロ」は、濃縮還元ではなくザクロの種ごと搾った有機ストレートザクロ果汁のみをたっぷりと使用しています。ストレート果汁のフレッシュで芳醇な味と香りをお楽しみいただけます。

(4) ブルーベリー果実を丸ごと使用
「飲む、コ酢メ。ブルーベリー」は、見た目にも食感にも果肉感をお楽しみいただけるよう、果汁ではなく皮や種も含めたブルーベリー果実を丸ごと使用しています。


◆商品詳細◆
商品名 :飲む、コ酢メ。ザクロ
容量 :200ml
原材料 :醸造酢(赤酢、米黒酢)、有機ざくろ果汁、てん菜糖、オリゴ糖
小売価格:1,720円(税込)

商品名 :飲む、コ酢メ。ブルーベリー
容量 :200ml
原材料 :醸造酢(赤酢、米黒酢)、てん菜糖、オリゴ糖、ブルーベリー
小売価格:1,720円(税込)

そのままヨーグルトなどのスイーツやお料理にかけていただいたり、1日15mlを目安にそのままもしくは水や炭酸、牛乳などで割ってお召し上がりいただけます。2020年8月現在では、当社インターネットショップのみで販売しています。


◆会社概要◆
商号 : アンドワイ株式会社
代表者 : 代表取締役 東谷 安子
所在地 : 大阪府大阪市東淀川区豊里7-30-9
設立 : 2008年7月
URL : https://andy.co.jp/micoas/
販売サイト: https://www.shop.andy.co.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「美容・健康で注目の伝統醸造のお酢×スタイリッシュさ 味と飲みやすさも追求した「飲む、コ酢メ。」2種発売