Nuclias Cloud対応スイッチ『DBS-2000シリーズ』


無線LAN/有線LAN統合管理 Nuclias Cloud

ディーリンクジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下 D-Link)は、D-Linkが運営するクラウド型ネットワーク管理サービス『Nuclias Cloud』の管理カテゴリを、従来の無線LANだけではなく有線LANにも拡張するとともに、『Nuclias Cloud』対応の有線LANスイッチ『DBS-2000シリーズ』6機種の販売を、2020年8月25日よりパートナー各社を通じて開始することをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/223364/LL_img_223364_1.png
Nuclias Cloud対応スイッチ『DBS-2000シリーズ』

『DBS-2000シリーズ』は、クラウド型ネットワーク管理サービス『Nuclias Cloud』から統合管理が可能なギガビットレイヤ2スマートスイッチです。
本シリーズでは10ポートから52ポートのスイッチを6機種ラインナップしており、Copper(*1)タイプおよびPoE(*2)給電タイプの2つのタイプと、スイッチのポート数やPoE給電量から選択することができます。

『DBS-2000シリーズ』は、これまでの『Nuclias Cloud』対応製品と同様にゼロタッチ設定に対応しています。
予めクラウド上に購入した機器と設定を保存しておくことで、現地では電源投入とLANケーブル挿入するだけで『Nuclias Cloud』から設定が反映され、すぐに使用を開始することができます。
また、『Nuclias Cloud』は、日本語に対応したクラウド管理画面から、初期設定や設定変更が可能であり、豊富なモニタリング機能およびレポーティング機能を搭載しており、ネットワークに問題が発生した際には問題を迅速に特定することも可能です。
更に『DBS-2000シリーズ』をご利用いただくことで、『Nuclias Cloud』対応機器ではない製品も、機器監視や復旧対応を行うことが可能になります。
例えば『DBS-2000シリーズ』からPoE給電されて動作する監視カメラに障害が発生した場合、『Nuclias Cloud』から通信状態を把握し、更に監視カメラを再起動させて復旧を図ることも可能です。
拠点やチェーン店のネットワーク構築や移設を迅速に行いたい、あるいは監視カメラや無線アクセスポイントに障害があった際に現地に行かず状態確認や復旧手段を持ちたい、といったニーズに好適な製品です。

『DBS-2000シリーズ』は、D-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証(製造終了日から5年間の無償保証)に対応しており、ネットワークの保守運用負担を大幅に軽減いただくことが可能です。

(*1)通常のRJ-45タイプのスイッチ
(*2)給電機能であるPower over Ethernetの略


【販売開始製品・価格】
(1)製品名 :DBS-2000-28
標準価格(税別):45,800円 ※無償1年ライセンス含む
製品概要 :『Nuclias Cloud』対応 ギガビット28ポート
レイヤ2スマートスイッチ

(2)製品名 :DBS-2000-52
標準価格(税別):88,000円 ※無償1年ライセンス含む
製品概要 :『Nuclias Cloud』対応 ギガビット52ポート
レイヤ2スマートスイッチ

(3)製品名 :DBS-2000-10MP
標準価格(税別):49,800円 ※無償1年ライセンス含む
製品概要 :『Nuclias Cloud』対応 ギガビット8ポート(PoE+8ポート)
レイヤ2スマートスイッチ(最大130W給電)

(4)製品名 :DBS-2000-28P
標準価格(税別):88,000円 ※無償1年ライセンス含む
製品概要 :『Nuclias Cloud』対応 ギガビット28ポート(内PoE+24ポート)
レイヤ2スマートスイッチ(最大193W給電)

(5)製品名 :DBS-2000-28MP
標準価格(税別):108,000円 ※無償1年ライセンス含む
製品概要 :『Nuclias Cloud』対応 ギガビット28ポート(内PoE+24ポート)
レイヤ2スマートスイッチ(最大370W給電)

(6)製品名 :DBS-2000-52MP
標準価格(税別):148,000円 ※無償1年ライセンス含む
製品概要 :『Nuclias Cloud』対応 ギガビット52ポート(内PoE+48ポート)
レイヤ2スマートスイッチ(最大370W給電)

DBS-2000シリーズURL: https://www.dlink-jp.com/series/dbs-2000


【D-Link社について】
世界50ヶ国120拠点以上で事業展開する世界的なネットワーク機器メーカーD-Linkは、インターネット黎明期である1986年に創業されたネットワーク機器ベンダーとしては老舗企業に数えられる1社であり、エントリーレベルからハイエンドまでのスイッチ、無線LAN製品群、メディアコンバーター、IPカメラ、ネットワークセキュリティ等、ネットワーキングの全分野を網羅したネットワーク機器を、企画・製造・販売しております。
D-Linkは『Building Networks for People』の理念の元、お客様と社会全体にネットワーク機器を通して貢献できる製品作りをグループ全体で行い、約600の製品を年間3,000万台以上世界各国に向けて出荷しています。
日本では約10年間OEM事業を展開した後、2005年7月にD-Linkブランド製品の販売を目的とした日本現地法人を設立し、D-Link製品の国内への浸透を図っています。

会社名 : ディーリンクジャパン株式会社
代表 : 代表取締役社長 廖 晋新
資本金 : 9,500万円
本社所在地: 〒141-0022 東京都品川区東五反田2-7-18 SOWA五反田ビル2F
事業内容 : 自社ブランドによるネットワーク製品の企画・開発・設計・
販売及びサポート業務
URL : https://www.dlink-jp.com/

情報提供元:@Press
記事名:「D-Link クラウド型ネットワーク管理サービス『Nuclias Cloud』の管理カテゴリを拡張 新カテゴリのラインナップ『DBS-2000シリーズ』6機種の販売を2020年8月25日(火)より開始