IoTセキュリティプラットフォームのイメージ


Nanolock Securityロゴ

株式会社オプテージ(大阪市中央区)は、IoTデバイス向けのセキュリティサービス提供に向けて、IoTデバイスのフラッシュメモリー保護技術の分野で複数の特許技術を有するNanoLock Security Ltd.(以下、NanoLock社)と提携を行いました。本サービスは、2021年春提供開始を予定しております。

本サービスをご利用いただくことで、NanoLock社の特許技術である「IoTデバイスのフラッシュメモリーの保護(改ざん防止)」と「セキュアFOTA(Firmware Over The Air)」により、各IoTデバイスのフラッシュメモリーを不正な改ざんから保護するとともに、クラウド上からファームウェアを一元的に管理・監視・分析することが可能となります。


1. 背景と目的
総務省が提言する「Society5.0」の実現に向けてIoTへの取り組みが本格化しており、全世界のIoTデバイスの数は2021年には約450億台※1、2035年には1兆台※2にまで到達すると予想されています。

その一方で、IoTデバイスに対するサイバー攻撃の被害事例が日本を含む世界各地で数多く報告されており、その攻撃手法は年々巧妙化してきています。そのような中、次に狙われるとされているのが、IoTデバイス内のフラッシュメモリーにあるファームウェアです。IoTデバイスの多くは内部のフラッシュメモリーに動作用のプログラム(ファームウェア)を搭載しており、不正な改ざんを受けた場合は、デバイスの停止・誤作動を引き起こし、甚大な被害に繋がる恐れがあることから、フラッシュメモリーの保護対策が今後重要となってきます。またIoTデバイスは屋外など、管理者の目の届きにくい箇所に設置されるケースも多く、論理(ソフトウェア)だけでなく、物理(ハードウェア)の両面からセキュリティ対策を講じる必要があります。
しかしながら、フラッシュメモリーに特化したセキュリティソリューションは世界的に見てもまだまだ少ない状況です。

そこでオプテージは、IoTデバイスにあるフラッシュメモリーの保護の必要性に着目し、お客さまが安全・安心にお使いいただけるプラットフォームの構築に着手いたしました。2021年春サービス提供開始を目指し、IoTデバイスのフラッシュメモリー保護技術で特許技術を有するNanoLock社と提携を行います。

※1 出典:総務省 令和元年版 情報通信白書 IoTデバイスの急速な普及より
※2 出典:Armとソフトバンクの発表より


2. サービス概要
IoTデバイスに組み込まれたセキュリティエージェントがクラウドと連携し、以下の各セキュリティサービスを提供します。


【IoTセキュリティプラットフォームのイメージ】

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/223282/LL_img_223282_1.jpg
IoTセキュリティプラットフォームのイメージ

■特長1:フラッシュメモリーの保護
NanoLock社の特許技術の利用により、フラッシュメモリー内の任意の領域(パーティション単位)を保護します。
・ソフトウェア(組み込み)保護
ソフトウェア(組み込み)により、フラッシュメモリーにあるファームウェア等を保護します。完全に管理者権限を乗っ取られてもファームウェア等の改ざんをブロックします。
・ハードウェア保護【開発中】
専用のフラッシュメモリーにより、物理的な攻撃からもフラッシュメモリー内のファームウェア等の改ざんを保護します。

■特長2:セキュアなファームウェア更新
安全なファームウェア更新を提供します。更新サーバのなりすましや不正ファームウェアの流し込みを防ぐことができます。

■特長3:IoT機器の一元管理・監視(管理コンソール)
・デバイスモニタリング(死活、稼働時間他)
・アラーム(攻撃、認証失敗他)
・ファームウェアバージョン管理

■特長4:MSS(マネージドセキュリティサービス)
24時間365日体制によるデバイス監視、インシデント通知、レポート提供


3. NanoLock社について
2016年にイスラエルにて設立。IoTデバイスのフラッシュメモリー保護の技術で特許技術を持ち、複数の大手メモリメーカーやデバイスメーカーとの協業実績を有します。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/223282/LL_img_223282_2.png
Nanolock Securityロゴ

Nanolock Security オフィシャルサイト
https://www.nanolocksecurity.com/


■NanoLock Security CEO Eran Fine氏からのコメント
「我々NanoLockは、オプテージとの協業により、IoTのセキュリティを守り、また管理ができるソリューションを日本市場で展開できることを、非常に嬉しく思っており、また期待しております。オプテージは、優れたチーム力、技術力を保有しており、プロフェッショナルでインパクトのあるサービスを構築することができる優れた企業であると認識しました。オプテージとNanoLock Securityのコラボレーションは、日本の卓越したオペレーション力とイスラエルのサイバーテクノロジーを融合した、ユニークかつ真に価値あるサービスを日本市場へ提供することができるため、このパートナーシップは、大きな可能性を持っていると信じています。」
Eran Fine, CEO NanoLock Security


工場・設備・自動車など、あらゆる場面にIoTデバイスが使われ始めている一方で、新たなサイバー攻撃の手法も生み出されており、従来以上のセキュリティ対策が求められます。今後、オプテージでは本サービスにより、安心・安全なIoTデバイスの利用に貢献できるよう、開発を進めてまいります。

本サービスの詳細と、法人のお客さまのお問い合わせ先はこちら

■IoTセキュリティプラットフォーム
https://optage.co.jp/business/service/security/iot_security/


【会社概要】
商号 : 株式会社オプテージ
代表者 : 代表取締役社長 荒木 誠
所在地 : 〒540-8622 大阪府大阪市中央区城見2-1-5 オプテージビル
設立 : 1988年4月2日
事業内容: 電気通信事業/有線一般放送事業/小売電気事業/
情報システム、電気通信ならびに放送に関する
システム開発、運用、保守業務の受託
資本金 : 330億円(関西電力100%出資)
URL : https://optage.co.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「IoTデバイス向けのセキュリティサービス提供に向けNanoLock Securityと提携開始 2021年春よりサービス提供開始を予定