池田 有沙 写真


池田 有沙 写真2


フランス社会功労奨励賞について(和文)


フランス社会功労奨励賞について(仏文)

フランス社会功労奨励章協会は、2020年8月24日、千葉県在住のヴァイオリン奏者 池田 有沙(23)が、国際的な活躍と貢献を認められ、Encouragement Publicフランス社会功労奨励勲章(フランス政府公認1932年)の月桂樹銀賞(旧シュバリエ)を最年少で受賞いたしますことを、お知らせいたします。授賞式は2020年年11月パリで行われる予定です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/223135/LL_img_223135_1.jpg
池田 有沙 写真

■『池田 有沙』について
2020年現在は、桐朋学園大学修士課程で特任教授・清水 高師氏のもと学ぶ傍ら同大学の2020年度のティーチング・アシスタントを務めている。昨年、2019年、大阪国際音楽コンクール 弦楽器部門Age-Gにて1位を受賞。卒業大学は、世界大学ランキングで東京大学や京都大学を抜き常に上位のシンガポール国立大学ヨンシュウトー音楽院に留学。在学中には数多くの著名な演奏家や指導者から学び、またシンガポール大統領官邸、世界大学サミットのレセプション、カナダ・マギル大学での国際音楽祭に大学代表として参加。学内オーケストラでもシャルル・ドュトワ、鈴木 雅明各氏の指揮のもとコンサートマスターを務めるなど、日本人留学生として異例の抜擢を受け、活躍した。
2019年5月に帰国後、ソロリサイタルやこども園での演奏、チャリティー演奏など国内にも活動を広げていたが新型コロナにより一時活動の休止を余儀なくされた。今回の受賞を機として演奏活動を再開する。
今後は、2020年11月10日に「池田 有沙 帰国・フランス社会功労奨励勲章授賞記念ヴァイオリンリサイタル」(場所:すみだトリフォニーホール、主催:若手演奏家を応援する会)の開催を予定。世代を超えて聴衆の心に届く音楽を目指し演奏活動をしていく。


■『フランス社会功労奨励勲章』について
https://www.encouragement-public.org/


■池田 有沙 略歴
誕生日:1996年12月1日(満23歳)
4歳よりピアノを始め7歳よりヴァイオリンを学ぶ。
11歳より清水 高師氏に師事。

【主な経歴】
2015年8月 全額奨学金にてシンガポール国立大学音楽学部入学 チェン・ジョウ氏に師事
2019年7月 シンガポール国立大学音楽学部卒業
2019年4月 桐朋学園大学大学院修士課程入学 清水 高師氏に師事
2020年4月 桐朋学園大学2020年度ティーチング・アシスタントを務める
2020年8月 フランス社会功労奨励勲章月桂樹銀賞に承認される。

【主なコンクール受賞歴】
2008年 第11回大阪国際音楽コンクールジュニアコース1位
2016年 ユーロアジアスペイン・マラガ国際ヴァイオリンコンクール2位
2017年 第17回ドイツ・クロスターシャンタール国際音楽コンクール4位及びヴィルトゥオーゾ賞受賞
2019年 第20回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門Age-G 1位 他受賞

【主な音楽祭参加歴】
2008年~2019年 飛騨高山音楽祭、YBP国際音楽祭
2014年 イタリア・クレモナ 24th International Academy of Art, Summer Festival
2014年、2017年 オーストリア・ウィーン Ost-West Musikfest
2016年、2017年、2018年 シンガポール Singapore Violin Festival
2016年 スペイン・マラガ 26th International Academy of Art, Summer Festival
2019年 スイス・シャフハイゼン 15th Schaffhausen Masterclasses 2019
2019年 オランダ・ベルゲン The International Holland Music Sessions 2019
上記、各音楽祭の選抜コンサートにて演奏
2019年~2020年 調布国際音楽祭

【マスタークラス受講歴】
クリストファー・ヴェグジン、ボリス・クシュニール、エドワード・グラッチ、五嶋 みどり、ヴィルモシュ・サバディ、ピエール・アモイヤル、ナムユン・キム、シュロモ・ミンツ、デヴィッド・タケノ、他各氏のマスタークラス受講
室内楽においてタカーチ弦楽四重奏団、ハーゲン弦楽四重奏団、ジュリアード弦楽四重奏団のマスタークラス受講

【主な室内楽演奏歴】
2016年 シンガポール大統領官邸にてシンガポール大統領、国連事務総長夫妻を前に演奏(第1ヴァイオリン)
2018年 カナダ・モントリオールのマギル大学で開催の国際室内楽音楽祭(The Musical Chairs Chamber Music Festival)にて演奏(第1ヴァイオリン)
2018年 The Times Higher Education World Academic Summit at NUSにて演奏(第1ヴァイオリン)
2018年 ドビュッシー没後100周年記念コンサート(サントリーホール共同企画)@シンガポール ヴィクトリア・コンサート・ホール
2019年 Haydn's Mass In Time Of War にて演奏(第1ヴァイオリン)
2019年 桐朋 木の香りコンサートにて演奏

【主なオーケストラパフォーマンス】
2015年~2018年 コンサーバトリーオーケストラのコンサートミストレスを務めた。
2015年8月 ジェイソン・ライ氏指揮 ビゼー 組曲「カルメン」
2017年2月 シャルル・デュトワ氏指揮 ストラヴィンスキー「火の鳥」
2018年2月 鈴木 雅明氏指揮 ストラヴィンスキー「プルチネラ」
3月 シュロモ・ミンツ氏指揮 モーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第3、4、5番」

【池田 有沙 公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UC-g5j4sjMzs9wTQO5CIiV2Q


2016年シンガポール大統領官邸にて
シンガポール大統領、パン・ギムン国連事務総長ご夫妻とともに
(左から3番目 池田 有沙)

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/223135/LL_img_223135_5.jpg
シンガポール大統領官邸にて


2017年2月 シャルル・デュトワ氏指揮のもとコンサートミストレス

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/223135/LL_img_223135_6.jpg
マエストロ シャルル・デュトワ



2018年2月 鈴木 雅明氏指揮のもとコンサートミストレス

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/223135/LL_img_223135_7.jpg
マエストロ 鈴木 雅明

情報提供元:@Press
記事名:「若手女性ヴァイオリニスト、最年少でフランス勲章受章 ~池田 有沙(23才)がフランス社会功労奨励勲章 月桂樹銀賞~