子供の笑顔増加プロジェクト(1)


子供の笑顔増加プロジェクト(2)


子供の笑顔増加プロジェクト(3)

株式会社永井建設(所在地:新潟県新潟市南区上下諏訪木829-9、代表取締役:永井 剛)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言をうけ、少しでもコロナ下における子どもたちの笑顔を増やしたいとい想いから、「子供の笑顔増加プロジェクト」を通じて子供のおもちゃを建築端材等から作りました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/223066/LL_img_223066_1.jpg
子供の笑顔増加プロジェクト(1)

■「子供の笑顔増加プロジェクト」について
「子供の笑顔増加プロジェクト」は、コロナの流行から世間は暗いニュースなどが多くなっている中で、少しでも“子供たちの笑顔を増やしたい”という永井建設代表の思いをコンセプトに、「子供の笑顔プロジェクト」を立ち上げ、建築時に発生する木材を活用してミニキッチンや家具などを大工が作成。それを楽しんでもらえるようにと幼稚園や保育園へ寄付する事となりました。
プロジェクトの先駆けとして、永井建設の各ブランド「ありがとう工房」と「オウルの家」からミニキッチンをまずは新潟市南区2つの保育園と幼稚園にプレゼント致します。

<環境問題にも考慮>
家を建てた後の建築資材の余った物は使えるものが多いのに現実は捨てられてしまう。大きな環境問題も含めただ捨ててしまうのが良いことなのでしょうか?そこで、永井建設が住宅を作った後の残りの建築端材等を利用して大工が子供たちにおままごとのミニキッチンを制作。ただ捨てるのは簡単ですが考えを変え、材料の再利用だけで子供たちのおもちゃになります。地元の企業の小さな1歩から地球環境もよい方に変化するのではないでしょうか。


南区の「あかね保育園」と「白根カトリック幼稚園」にプレゼント致します。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/223066/LL_img_223066_2.jpg
子供の笑顔増加プロジェクト(2)

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/223066/LL_img_223066_3.jpg
子供の笑顔増加プロジェクト(3)
木のぬくもりがたっぷりの子供用ミニキッチン 子供たちは喜んで遊んでくれる。


■永井建設について
株式会社永井建設は創業134年の新潟で老舗の建設会社。
新潟市南区という狭い地区のなかで、お客様に信頼・信用される家づくりをしてきました。
特色として新潟県内で、大工を社員に抱える珍しい会社です。
また、施工においても社員大工がいますので、家をつくることはもちろん、テレビボードや大きな本棚・勉強机等の家具をつくるのも得意としてデザイン・価格・高性能のバランスの良い家づくりをすることでお客様の支持を得ています。

<ありがとう工房について>
高級グレードのありがとう工房は、高気密高断熱の家でデザイン性も有名メーカーに劣ることなく、中間層のお客様から支持をえています。

<オウルの家について>
太陽光発電を標準搭載し、シンプルなデザインでメンテナンス費がかからないオウルの家は若者に支持をされています。


■企業案内
会社名 :株式会社永井建設
代表者 :永井 剛
所在地 :新潟県新潟市南区上下諏訪木829-9
主な事業内容:住宅建設・リフォーム業・不動産業

<HP>
http://www.nagaikensetu.jp/company/index.html
http://owl-noie.jp/

<Twitter>
https://twitter.com/arigatou_koubou
https://twitter.com/owl_no_ie

<Instagram>
https://www.instagram.com/arigatoukoubou/
https://www.instagram.com/owl_noie/

情報提供元:@Press
記事名:「創業134年の永井建設が地元の幼稚園に恩返し 建築端材等で子供が遊べるミニキッチンをプレゼント!