Masato Matsuura_instagram


Endel_image


Endel_Logo

11/26(月)にApp Storeにてリリースされた、ベルリン発の完全パーソナライズヒーリング音自動生成アプリ「Endel」(エンデル)が好調だ。
現代社会のストレスに対し、「Sleep」「Relax」「Focus」「On-the-Go」4つのモードでパーソナライズされたヒーリング音を生成して提供する、全く新しい生産性向上へのアプローチが「Endel」だ。

エイベックス株式会社の松浦勝人会長のSNSでの投稿にはじまり、J-WAVE「GOLD RUSH」11/30(金)放送回でナビゲーターを務める渡部建さんからも紹介されるなど、ビジネスリーダーやイノベーター中心に火が付き始めている。
さらに、11/30(金)からは、Appleから「2018年11月のベストApp」の一つとして取り上げられ、App Store内でトップバナーとしても掲載されたこともあって、12/1(土)には、App Storeのヘルスケア&フィットネス部門ランキングで、並み居る強豪の中6位を獲得した。
今後も、「Endel」の動向から目が離せない。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/172578/LL_img_172578_1.png
Masato Matsuura_instagram

■「Endel」について
Endelは、どのような場面にもあなたの心と身体が没入できるためのパーソナライズされたサウンド環境をつくり出します。

* Sleepモード - 柔らかく優しい音で深い眠りに誘います
* Relaxモード - やすらぎと安心を感じさせて心を落ち着かせます
* Focusモード - より長く集中できるようにして生産性を向上させます
* On-the-Goモード - 出かけているとき、あなたのテンポに適応します

Endelの心を落ち着かせるサウンドは、独自のアルゴリズムにより、場所/時間帯/天気/心拍数などの状況に即座にぴったり一致するように設計されています。
サーカディアンリズム(体内時計)のリズムに合わせてパーソナライズされたサウンド環境は、下記の効果をもたらします。

- 穏やかな眠り
- ストレス軽減
- 日々のリラックス
- 生産性の向上
- 集中作業

「Endel」を開発したEndel Sound GMBH(読み:エンデル・サウンド、本社:独国ベルリン、Founder & CEO:オレグ・サヴィツキー、以下 Endel)は、Amazon Alexa Fund、トップEDMアーティストMajor Lazerのメンバー、DJのRichie HawtinのVCから出資・サポートを受けており、さらにUS・UK・ドイツ・ 中国のApp Storeでもフィーチャーされるなど、まさに今世界中で注目を集めています。世界中に、「音のマイナスイオン」とも呼べるユニークなプロダクトをMUSIC×TECH×ARTで提供しています。


■FACT BOOK
・米国トップアクセラレーター「Techstars Music」2018年のプログラムに選抜され、トップクラスに人気を獲得・出資
・サポートVCが超豪華
Amazon Alexa Fund、Major Lazerメンバー(EDM Artist)、Richie Hawtin(DJ)、Techstars Music 等


■エイベックス株式会社の海外スタートアップとのオープンイノベーション
エイベックス株式会社は、海外スタートアップとのオープンイノベーションの一環として、今年8月末付けでEndelへの出資を行いました。Endelのローカルマーケティングパートナーとして、アプリの流通やプロモーションの他、様々な企業とのアライアンス推進などの戦略的コラボレーションを行い、Endelの日本における事業拡大をサポートしていく予定です。


■HP
【Endel HP】
http://endel.io/

【App Store アプリダウンロードページ】
https://itunes.apple.com/jp/app/endel-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB/id1441632437

【Techstars Music】
https://www.techstars.com/programs/music-program/

情報提供元:@Press
記事名:「経営者や著名人の間で話題のアプリ“Endel”が人気爆発 App Storeでも取り上げられトップ10にランクイン Amazon Alexa FundやMajor Lazerのメンバーも出資!脳への負担が多い現代のための「音のマイナスイオン」