PLEN:bit


ブロックエディタ


プログラミング教室.1


プログラミング教室.2

株式会社プレンプロジェクト(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役:赤澤 夏郎)は、教育用マイコンボード“micro:bit”を搭載したプログラミング学習用ロボット「PLEN:bit」を完成させました。そして「PLEN:bit」をどのような形でリリースするのが最適であるか、世界中からのフィードバックを得るため、2018年12月1日(土)よりKickstarterでクラウドファンディングを開始いたしました。Kickstarter支援者への「PLEN:bit」の送付は2019年4月を予定しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/172519/LL_img_172519_1.jpg
PLEN:bit

「PLEN:bit」プロジェクトページ: https://plen.jp/wp/plenbit/


■PLEN:bitについて
「PLEN:bit」は、英国BBCが開発した教育用小型コンピューター“micro:bit”を搭載した、小型のヒト型ロボットです。“micro:bit”によって手足を動かしたり、LEDアイコンをデザインするなど、コンピュータープログラミングを初心者でも楽しく学ぶことができます。

製品名 :PLEN:bit
価格 :早期割引 20,000円~
サイズ :全長 約13cm/重量 約300g
電源 :ニッケル水素バッテリー(動作時間:約60分/充電時間:約90分)
販売時期:Kickstarterキャンペーン終了後、2019年4月予定


■micro:bitについて
「PLEN:bit」の胸の中に収まっている小さなシングルボード・コンピューター“micro:bit”は、小さいながらもプロセッサ、25個のLED、外部接続用端子などを持ち、モーターやセンサと接続し、ロボットのような電子機器も操作することができます。
視覚的に操作できる初学者向けブロックエディタを用いて、初心者でも簡単にプログラミングできることに加え、JavaScriptやPythonなどの言語にも対応しており、2020年度から必修化されるプログラミング教育でも活躍が期待されています。


■Kickstarterキャンペーンについて
Kickstarterは、クリエイティブなプロジェクトに対して、クラウドファンディングによる資金調達で実現させる手段を提供するプラットフォームです。どのような形で「PLEN:bit」をリリースするのが良いかを考えるため、今回のKickstarterキャンペーンではリワード品として「micro:bit付き」、「micro:bitなし」、micro:bitにスマートフォンアプリでの操作を可能にするBLEと2種類のセンサのついた「Kickstarterスペシャル版」の3種類を用意しました。

タイトル : PLEN:bit:Sensor controlled Robot using the micro:bit
期間 : 2018年12月1日より45日間
リワード例: Kickstarterスペシャル版を含む合計3種の「PLEN:bit」他
目標金額 : 3,000,000円
URL : https://www.kickstarter.com/projects/2107823129/plen-bit-sensor-controlled-robot-using-the-micro-b


■株式会社プレンプロジェクトについて
前身のプレンプロジェクト有限会社が設立された2004年以来、株式会社プレンプロジェクトはロボットの開発や世界各地でのワークショップやSTEMクラスの企画・運営を通じて、エンジニアや専門家に限らず、大人も子供も、ロボットやものづくりに興味を持つあらゆる人々が参加できる、真のオープンプロジェクトを創ることを目指しています。

会社名 : 株式会社プレンプロジェクト(英語表記:PLEN Project Inc.)
代表取締役 : 赤澤 夏郎
所在地 : 〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎4-6-3 クレピス21 303号室
公式Website: http://plen.jp

情報提供元:@Press
記事名:「STEM教育支援を行うプレンプロジェクト、micro:bitを搭載したプログラミング学習用ロボット「PLEN:bit」を発表 12/1~Kickstarterでクラウドファンディングをスタート