シアター内(イメージ)

株式会社松竹マルチプレックスシアターズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:熊谷 浩二)は、東京都千代田区にて運営する映画館「丸の内ピカデリー」に2019年秋に「ドルビーシネマ」を導入致します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/172238/LL_img_172238_1.jpg
シアター内(イメージ)

ドルビーシネマは、最先端の映像技術「Dolby Vision(TM)(ドルビービジョン)」と立体音響技術の「Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)」を採用し、さらにシネマ体験に最適化されたシアターデザイン(インテリアカラー、空間デザイン、座席アレンジメント)がこれらの技術と一体となって、アクションやストーリーをより豊かに観客にお届けし、まるで作品の中にいるような没入感を味わえます。現在、北米からヨーロッパ、中国に至るまでの世界中のエンタテインメント企業がドルビーシネマを採用しており、世界中の映画ファンから圧倒的な支持を得ています。

なお、「MOVIXさいたま」(埼玉県さいたま市)は当初2018年内に導入予定でしたが、諸準備を経て2019年GWにシアター11に導入することが決定いたしました。


※Dolby、ドルビー、Dolby AtmosおよびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。Dolby Vision、Dolby Cinemaはドルビーラボラトリーズの商標です。その他の商標はそれぞれの合法的権利保有者の所有物です。

情報提供元:@Press
記事名:「2019年秋 丸の内ピカデリーに「ドルビーシネマ」がオープン