セミナーパンフレット

法政大学イノベーション・マネジメント研究センターは、法政大学市ケ谷キャンパスにて、11月20日(火)、12月18日(火)、1月17日(木)に全3回の国際セミナー「米中貿易戦争、米中関係および一帯一路(セミナーシリーズ)」を開催します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/170330/LL_img_170330_1.jpg
セミナーパンフレット

エスカレートする米国と中国の貿易戦争は、世界中の国や企業の関心事になっています。米中貿易戦争に関する諸問題は、経営学、経済学、法学、政治学、政治地理学など、様々な分野の研究者の関心も惹きつけています。現在、米国と中国の間で起きていることの影響や展望に関する理解を深めるため、3回にわたるセミナーシリーズを開催します。
各回とも、講演のみでなく、参加者との議論も行う予定です。


【開催概要】
■日時
2018年(第1回)11月20日(火)/(第2回)12月18日(火)/2019年(第3回)1月17日(木)

■会場
法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー25階 研究所会議室5
アクセス:東京都千代田区富士見2-17-1
市ケ谷駅または飯田橋駅徒歩10分

■講座内容 ※講演はすべて英語で行います。日本語の通訳はありません。
司会:安藤直紀(法政大学経営学部教授、イノベーション・マネジメント研究センター兼担所員)
【第1回】2018年11月20日(火) 18:30~20:00「米中間の貿易における衝突」
【第2回】2018年12月18日(火) 18:30~20:00「米中関係の進展と中国経済」
【第3回】2019年1月17日(木) 18:30~20:00「一帯一路イニシアチブの概要と展望」
【講演者】
Dr. Daniel Z Ding (第1回、第2回、第3回) 法政大学経営学部客員教授。
主な研究分野は、中国における人的資源管理。この分野における過去30年間の研究をリビューしたInternational Journal of Human Resource Management誌に掲載された論文で、Dr. Dingは、中国における人的資源管理研究に最も貢献した研究者ランキングの2位に選ばれた。
Dr. Gloria Ge (第3回)
Griffith University, Department of International Business and AsianStudies准教授。主な研究分野は、中国企業の海外直接投資。

■申込方法
件名を「国際セミナー申込」とし、氏名、所属、受講を希望する部(複数選択可)、E-mailアドレスを明記の上、E-mailで法政大学イノベーション・マネジメント研究センター宛にお申し込みください。

■申込先
法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
E-mail: cbir@adm.hosei.ac.jp

■申込期限
第1回:11月13日(火)/第2回:12月11日(火)/第3回:1月10日(木)

<参考> http://riim.ws.hosei.ac.jp/news/201810262900.html

情報提供元:@Press
記事名:「法政大学イノベーション・マネジメント研究センター国際セミナーを11月20日、12月18日、1月17日に市ケ谷キャンパスで開催