瀬戸内カメラガールズホームページ画像

カメラガールズ(株式会社ビートルが運営、本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:小長井慶彦)は、株式会社ビザビ(本社:岡山市北区、代表取締役社長:吉田大助)と連携して、瀬戸内エリアの魅力発掘・発信を目的に「瀬戸内カメラガールズ・プロジェクト」を発足しましたのでお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/167529/LL_img_167529_1.jpg
瀬戸内カメラガールズホームページ画像

カメラガールズは、現在約6,000名が所属している日本最大級のカメラ女子のコミュニティで、全国で様々な撮影イベントを企画・運営しています。

今回発足した「瀬戸内カメラガールズ・プロジェクト」は、瀬戸内エリアに在住するカメラ好きの女子だけでなく、瀬戸内エリアを盛り上げたい全国のカメラ好きの女子を「瀬戸内カメラガールズ」のメンバーとして募集します。
参加資格は「女性限定」「写真が好き」であれば誰でも参加できます。カメラの経験年数は問いません。

具体的な活動として、瀬戸内カメラガールズのメンバー向けに、瀬戸内のフォトジェニックな風景や美味しいグルメなどを撮影する楽しいイベントを開催していきます。

撮影した写真は、自治体や企業とのタイアップによって観光マップやパンフレット、特設Webサイトなどで活用し、カメラ女子ならではのナチュラルな視点で情報発信を行っていきます。また、メンバー自身のInstagramなどのSNSを通じて地域の魅力の発信も行っていきます。
さらには、瀬戸内カメラガールズたちと自治体との座談会による地域の新たな魅力の掘り起こしや、首都圏での写真展の開催による観光PRなども想定しています。

「瀬戸内カメラガールズ・プロジェクト」は、「集まる・撮る・活用する・発信する」をコンセプトとして、一般女性視点の写真で瀬戸内エリアの魅力を全国に発信していくプロジェクトです。


■プロジェクト名: 瀬戸内カメラガールズ
■URL : http://www.camera-girls.net/setouchi/
■発足日 : 2018年10月9日

情報提供元:@Press
記事名:「カメラガールズ、株式会社ビザビと業務提携し、瀬戸内の魅力を発掘・発信する「瀬戸内カメラガールズ・プロジェクト」を発足